琉球大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

琉球大学医学部の偏差値はどのくらい?

厳しい医学部受験においては、偏差値を正しく把握しておくことが大切です。

 

近年大学の医学部の難易度はますます高まってきています。特に国公立大学の医学部は受験日程も限られており、1回限りのチャンスで実力を発揮できるかどうかが明暗を分けてしまいます。

 

どの大学においても、受験生が切磋琢磨しながら医学部合格を目指している状況です。偏差値を確認しながらしっかりとレベルを見極めて、自分に最適な志望校を選びましょう。

 

2019年度の偏差値

まずは琉球大学医学部の2019年度の偏差値を見ていきましょう。

前期試験

 

偏差値 68.0

 

大手予備校の偏差値データから、琉球大学医学部の前期試験の偏差値を算出しました。

 

琉球大学医学部の前期試験偏差値は68.0となっており、国公立大医学部の中では平均的な偏差値に近いと言えます。国公立大学の医学部全体がハイレベルなので、十分に難関校と言えるでしょう。

後期試験

 

偏差値 69.8

 

前期試験の偏差値と同じく、大手予備校の偏差値データから、琉球大学医学部の後期試験の偏差値を算出しました。琉球大学医学部の後期試験偏差値は69.8となっています。

 

後期試験を実施している国公立大医学部の中では比較的低い数値となっているものの、前期試験と比べると偏差値は上昇しています。後期試験を実施している国公立大医学部は全体の半分以下となり、定員も限られているのでかなりの難関校と言えるでしょう。

 

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
偏差値 64.3 65.3 65.3 65.0 68.0

 

琉球大学医学部の5年間の偏差値推移は、上記のようになります。 2016年度に偏差値が上昇してから、2018年度までほぼ横ばいとなっており、2019年度はまた偏差値が上昇しています。

 

近年国公立大医学部全体の難易度が上がってきており、琉球大学もその影響を受けていると考えられます。合格の可能性を上げるために、もともと偏差値の高い学生が本土から離れた琉球大学医学部を受験の視野に入れる受験生が増える可能性があります。

 

また、浪人生や再受験にも寛容な大学として知られているため、浪人生からの人気が高く、偏差値が上昇しやすい傾向があるといえます。

琉球大学医学部の偏差値を他大学と比較!

さて、琉球大学医学部の偏差値は、他の大学の医学部と比べて高いのでしょうか。ここでは、全国の国公立大と私立大、両方の医学部と比較していきます。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 52位

 

琉球大学医学部の偏差値は、全国の82大学の医学部の中で52位となっています。全国の大学の医学部と比較すると、偏差値は平均より少し低めに位置しています。

 

しかし、平均前後の偏差値には多くの大学がひしめいていていることを考えると、油断は禁物です。また、他学部と比べるとかなり難易度が高くなっていますので、難易度は決して低いとは言えません。

 

同都道府県の大学

 

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 68.0 琉球大学 国公立

 

沖縄県内で医学部を持つ大学は、琉球大学のみとなっています。沖縄県内で医学部進学を目指す人、沖縄在住で自宅からの通学を希望する人は琉球大学一択になります。

 

国公立大学で偏差値の近い大学

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
36位 68.2 徳島大学 徳島県
36位 68.2 札幌医科大学 北海道
38位 68.0 大分大学 大分県
38位 68.0 宮崎大学 宮崎県
38位 68.0 鳥取大学 鳥取県
38位 68.0 琉球大学 沖縄県
42位 67.7 島根大学 島根県
43位 67.3 香川大学 香川県
43位 67.3 高知大学 高知県
43位 67.3 旭川医科大学 北海道
43位 67.3 福島県立医科大学 福島県

 

国公立大学医学部で、琉球大学医学部と偏差値が近い大学は上記の通りとなります。 偏差値が同程度の大学で見ると、中国地方や四国地方、九州地方など、西日本エリアでも近畿よりさらに西にある大学が多い傾向があります。

 

首都圏や近畿圏の大学は特に偏差値が高い傾向があるため、少しでも合格の可能性を上げたいと考える、レベルの高い関東・関西エリアの受験生が琉球大学を受験してくる可能性があります。 もちろん沖縄県内唯一の大学医学部でもあるため、沖縄県内の受験生も多いでしょう。

 

また、近畿より東には同程度の偏差値の国立大医学部が少ないため、偏差値68前後の受験生が地域を問わず受験してくる可能性があります。琉球大学医学部受験に向けては、十分な対策が必要といえます。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...