大分大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

大分大学医学部の偏差値はどのくらい?

医学部を受験することを考えている場合に重要になってくるのが、進学先の偏差値について知っておくことです。

 

大分大学のような国立大学を受験する場合には、私立大学のように複数の大学を受験することができません。したがって、どの国立大学を志望するべきかは前もってよく検討しておくことが必要となります。

 

それぞれの大学の医学部の偏差値について知っておくことで、自分の学力に合っている志望校を選択することができるのです。

 

2019年度の偏差値

まずは大分大学医学部の2019年度の偏差値を見ていきましょう。

前期試験

 

偏差値 68.0

 

有名予備校のデータを参考にして、大分大学医学部の前期試験での偏差値を割り出してあります。

 

大分大学医学部の前期試験の偏差値は68.0とかなり高くなっていて、合格するためには十分な学力を身につけて準備をしておく必要があると言えます。  

 

後期試験

大分大学医学部では、後期試験を実施していません。

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
偏差値 64.3 65.7 66.3 65.7 68.0

 

大分大学医学部の2015年以降の偏差値は以上のように変化しています。

 

2015年度の偏差値を見ると64.3となっていますが、2016年度には65.7まで上昇しており、それ以降も65.7以上を保ったまま変遷しています。そして2019年度には68.0にまで上昇しています。

 

この傾向から、最近の5年間では大分大学医学部への入学の難易度は高くなっていると言うことができます。

大分大学医学部の偏差値を他大学と比較!

大分大学医学部の偏差値は、他の大学の医学部の偏差値と比べるとどの程度の高さになっているのでしょうか。

 

全国の国公立大学および私立大学の医学部と、大分大学医学部の偏差値を比較してみましょう。大分大学医学部は医学部の中でどのような立ち位置なのか知ることができます。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 52位

 

大分大学医学部の偏差値は、全国の国公立及び私立大学の医学部の中で52位という順位になっています。

 

偏差値自体は高くなっていますが、全国の医学部の中で見ると偏差値はやや下位となっているため、医学部としては進学の難易度がやや低くなっていると言えます。    

 

同都道府県の大学

 

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 68.0 大分大学 国公立

 

大分大学医学部の設立されている大分県内には、他に医学部を持つ大学が国公立大学・私立大学のいずれもありません。そのため、大分県内で医学部への進学を希望する受験生の多くが大分大学医学部に集中することになり、競争率が高まることが予想できます。

 

医学部としては偏差値がやや低くなってはいますが、それでも十分な学力を身につけていないと合格は難しいと考えられます。

 

また、大分大学医学部では後期試験を実施していないため、前期試験で不合格となった場合には他県の医学部を受験することになります。滑り止めとしてどこの医学部を受験するかも考えておきましょう。    

 

国公立大学で偏差値の近い大学

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
31位 68.7 富山大学 富山県
31位 68.7 浜松医科大学 静岡県
31位 68.7 滋賀医科大学 滋賀県
36位 68.2 徳島大学 徳島県
36位 68.2 札幌医科大学 北海道
38位 68.0 大分大学 大分県
38位 68.0 宮崎大学 宮崎県
38位 68.0 鳥取大学 鳥取県
38位 68.0 琉球大学 沖縄県
42位 67.7 島根大学 島根県
43位 67.3 香川大学 香川県

 

国公立大学の医学部のうちで、大分大学医学部と偏差値が近くなっている大学を10校まとめると以上のようになります。

 

大分大学医学部と偏差値が近い大学を見てみると、四国エリアや九州エリアにある大学の医学部がいくつかあります。そのため、四国や九州の医学部を志望している受験生は、自身の学力に合わせてこれらの大学から志望校を選択することができます。

 

大分大学医学部を志望していたものの学力的に難しくなったという場合には、偏差値の少し下がる島根大学医学部や香川大学医学部に志望先を変更するということもできます。逆に十分な学力が身についている場合には、偏差値の少し高い徳島大学に目標を上げてみることもできます。

 

また、宮崎大学医学部は大分大学医学部と偏差値がまったく同じで、なおかつ地域も近くなっているのでよく比較されます。そのため進学したい地域に合わせて2校から志望校を選択することができます。

 

なお、宮崎大学医学部では後期試験を実施しているため、前期試験で大分大学が不合格になった場合に滑り止めとして検討することができます。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...