宮崎大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

宮崎大学医学部の偏差値はどのくらい?

医学部への進学を目指すにあたって大切なことが、あらかじめ偏差値について調べておくことです。

 

宮崎大学のような国立大学を受験する際には、私立大学のようにいくつもの大学を受験するということは不可能です。したがって、どの国立大学を受験するかについてはよく考えておかなければなりません。

 

進学を目指す医学部の偏差値についてよく知っておき、自分の学力と比較しながらどの大学を志望校にするべきか決めるようにしてください。

 

2019年度の偏差値

まずは宮崎大学医学部の2019年度の偏差値を見ていきましょう。

前期試験

 

偏差値 68.0

 

大手予備校のデータをもとにして、宮崎大学医学部の前期試験における偏差値を計算しています。

 

前期試験での偏差値は68.0となっていて、医学部ということもあり宮崎大学医学部への入学は難易度が高いと言えます。  

 

後期試験

 

偏差値 71.0

 

宮崎大学医学部では後期試験も実施されています。そこで前期試験と同様にして、宮崎大学医学部の後期試験における偏差値も計算しました。

 

後期試験を実施している国公立大学の医学部は限られていることもあり、偏差値は71.0と前期試験以上に高くなっています。そのため、宮崎大学医学部へ進学したい場合は、できるだけ前期試験で合格したいものです。

 

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
偏差値 64.7 65.7 66.3 65.7 68.0

 

宮崎大学医学部の2015年以降の偏差値の変遷は以上のようになっています。2015年度の偏差値は64.7となっていましたが、2016年度以降は偏差値が上昇する傾向にあり、2019年度には68.0まで上がっています。

 

今後も偏差値が上昇することが予想され、宮崎大学医学部への進学は年々ハードルが高くなっていると考えられます。

宮崎大学医学部の偏差値を他大学と比較!

宮崎大学医学部の偏差値は全国の他の大学の医学部と比べるとどれくらいの高さになっているのでしょうか。

 

ここでは宮崎大学医学部と全国の国公立・私立大学の医学部の偏差値を比較していきます。宮崎大学医学部の全国での立ち位置がどうなっているか見てみましょう。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 52位

 

宮崎大学医学部の偏差値は、全国82の国公立大学および私立大学の中で52位となっています。

 

全国の大学の医学部の中で見ると、偏差値は平均よりも低くなっており、進学難易度は医学部の中では易しくなっていると言えます。

   

同都道府県の大学

 

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 68.0 宮崎大学 国公立

 

宮崎大学医学部のある宮崎県には、他に医学部を持つ大学がありません。そのため、宮崎県内で医学部への進学を目指す受験生は宮崎大学医学部に集中することになります。その結果、競争率が高くなることが予想できます。

 

また、宮崎大学医学部では後期試験を実施しています。後期試験を行っている国公立大学の医学部は限られているため、前期試験で他の大学の医学部を不合格になった受験生が集まることになります。そのため後期試験の入学難易度も高くなっています。

 

国公立大学で偏差値の近い大学

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
31位 68.7 浜松医科大学 静岡県
31位 68.7 滋賀医科大学 滋賀県
36位 68.2 徳島大学 徳島県
36位 68.2 札幌医科大学 北海道
38位 68.0 大分大学 大分県
38位 68.0 宮崎大学 宮崎県
38位 68.0 鳥取大学 鳥取県
38位 68.0 琉球大学 沖縄県
42位 67.7 島根大学 島根県
43位 67.3 香川大学 香川県
43位 67.3 高知大学 高知県

 

国公立大学にある医学部の中で、宮崎大学医学部と偏差値が近いのは以上の10校となります。偏差値が近い大学を見てみると、宮崎大学と近い四国エリアや九州エリアの大学がいくつかあることが分かります。

 

中でも同じ九州エリアにある大分大学は、宮崎大学と偏差値が同じのため、九州エリアで医学部への進学を目指している偏差値68前後の受験生はこの2校に分散することが考えられます。進学を希望する地域や大学ごとの特色などを比較しながら、どちらを志望するか選択することになります。

 

学力的に宮崎大学医学部への進学が難しいと判断した場合には、偏差値がやや低くなる島根大学医学部や香川大学医学部へ志望校を変更する受験生もいます。

 

逆に学力的な余裕がある場合には、偏差値の少し高い徳島大学医学部を目指すこともあります。自分の偏差値と見比べながら志望校を選択しましょう。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...