自治医科大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くしたプロに、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

自治医科大学医学部の偏差値はどのくらい?

各大学の偏差値の違いを知っておくことは、大学医学部の受験をする場合に必要になります。

 

偏差値は大学への合格難易度を測る目安の一つとなっており、自分の偏差値との差を比較することで合格できる見込みがどの程度あるのか大まかに知ることができます。

 

一方で、大学の数は非常に多いため、志望校を決めることに苦労する受験生も少なくありません。特に、自治医科大学のような私立大学は複数の大学を受験できるため、第一志望にしている受験生だけでなく、滑り止めとして国公立大大学受験と併願しながら受ける受験生もいます。

 

大学の種類は多岐にわたるために志望校選びが難しいことから、各大学の偏差値を把握して、自分に合った受験プランを決めましょう。

 

2019年度の偏差値

 

偏差値 70.8

 

まずは自治医科大学医学部の2019年度の偏差値を見ていきましょう。日本の大手予備校のデータをもとに、偏差値を算出しています。

 

自治医科大学医学部の2019年の偏差値は70.8となっています。この偏差値は私立大学医学部の中でもトップクラスであり、合格が非常に難しい大学だといえます。

 

また、自治医科大学を含む大学医学部は、他学部と比較して全体的に高い水準にあります。故に、70.8という数字は全大学の中でも大変高い数値であり、自治医科大学医学部がいかにレベルの高い大学であるかが分かります。

 

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
偏差値 66.5 71.5 69.2 68.5 70.8

 

自治医科大学医学部の2015~2019年の5年間偏差値の変化は、上記の通りとなっています。2015年度の偏差値は66.5でしたが、2016年になると急激に上昇して71.5という高い数値をマークしました。

 

その後は2018年度まで右肩下がりで推移していましたが、2019年度になると再び70点台の非常に高い偏差値に上昇しています。このように不規則な変化を見せていることから、次年度以降の偏差値はかなり予想が難しいといえます。

 

偏差値の変動は比較的大きいものの、全体的にみると直近4年は70点前後の高い偏差値を維持できてます。

 

これは、2013年~2018年にかけて自治医科大学の医師国家試験合格率が全国公私立の医学部・医科大学の中で1位を維持しており、志望する学生の数を継続的に確保できていることが要因の一つと考えられます。

自治医科大学医学部の偏差値を他大学と比較!

続いて、自治医科大学医学部の偏差値と、全国の他の大学と比較したときの位置づけを確認します。

 

全国の医学部の中での順位や、栃木県内の大学や偏差値の近い私立大学などと比較して見ていきましょう。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 12位

 

自治医科大学医学部の偏差値は、全国の医学部を持つ大学82校の中で12位という位置付けとなっています。

 

一般的に私立大学は国立大学より偏差値が低い傾向にありますが、自治医科大学は私立大学の中でも偏差値は非常に高く、国立大学と遜色ないレベルです。従って、自治医科大学への合格のハードルは非常に高いということがいえます。

 

同都道府県の大学

 

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 70.8 自治医科大学 私立
2位 65.8 獨協医科大学 私立

 

栃木県にある医学部を持つ大学は、自治医科大学と獨協医科大学の2校になります。しかし偏差値は5.0も差があり、6年間の学費も1,400万円違います。学費は自治医科大学は2,260万円、獨協医科大学が3,660万円です。

 

そのため、栃木県で医学部を目指しており、学力に余裕のある受験生の多くが、自治医科大学を第一志望にすると考えられます。

 

私立大学で偏差値の近い大学

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
1位 73.5 慶應義塾大学 東京都
2位 71.0 東京慈恵会医科大学 東京都
3位 70.8 自治医科大学 栃木県
4位 70.3 順天堂大学 東京都
5位 69.7 日本医科大学 東京都
6位 69.5 大阪医科大学 大阪府
7位 69.0 産業医科大学 福岡県
8位 68.8 関西医科大学 大阪府

 

全国の私立大学の中で、自治医科大学と偏差値が近い大学は上記の通りとなっています。偏差値が近い大学には、同じ東京都の大学が最も多くなっています。次いで大阪府や福岡県などの首都圏の大学が含まれます。

 

また、自治医科大学は私立大学の中でも7番目に学費が安い大学ですので、経済面においては私立の大学医学部の中でも低い部類に入ります。そのため、「北関東エリアで授業料の安い私立大学を探している」という方には自治医科大学はぴったりです。

 

レベル別で見ると、同じ北関東の国立大学では筑波大学群馬大学などと同等になるため、場合によってはこれらの大学と併願されることもあるでしょう。

 

直近4年間の偏差値は70点前後の非常に高い水準で推移していますので、国立大学と併願する私立大学といえど合格難易度は高いと言えます。十分な対策をして受験に臨みましょう。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...