岩手医科大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

岩手医科大学医学部の偏差値はどのくらい?

医学部受験をするにあたり、各大学の偏差値の違いを把握しておくことは重要です。

 

特に岩手医科大学などの私立大学では、受験料が60,000円と高額に設定されていることが多く、自分の学力では合格が難しい大学ばかり受けていると、受験料だけで数十万円かかってしまいます。

 

各大学医学部の偏差値を把握しておき、第一志望、第二志望、滑り止めとさまざまな偏差値の大学をバランスよく受験し、全ての大学に不合格となってしまうことがないようにしましょう。

 

2019年度の偏差値

 

偏差値 67.3

 

まずは岩手医科大学医学部の2019年度の偏差値を見ていきましょう。大手予備校のデータをもとに、岩手医科大学医学部の偏差値を算出してみました。

 

岩手医科大学医学部の2019年の偏差値は67.3ということで、私立大学医学部の中ではやや合格難易度は易しめの大学になります。

 

ただし一般的には67.3という数字は非常に高く、例えば他学部で見ると慶應義塾大学の薬学部とちょうど同じくらいの学力が必要ということになります。

 

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
偏差値 62.7 66.3 65.7 65.3 67.3

 

岩手大学医学部の2015~2019年の偏差値の推移は、上記の通りとなっています。2016年に偏差値が上昇してからは概ね横ばいで、安定して65~67程度を推移しています。

 

2016年に、同じ東北エリアの東北医科薬科大学に医学部が新設されたことも影響し、2017年度には岩手医科大学の受験生が一定数流れたことが予想され、その結果偏差値も多少低下しています。

 

それでも2019年には偏差値が67を超えており、依然として高い水準の学生を確保できているということができそうです。

岩手医科大学医学部の偏差値を他大学と比較!

それでは、岩手医科大学医学部の偏差値は、全国の他の大学と比べてどのくらいなのでしょうか。

 

全国の医学部の中でのランキングや、岩手県内の大学や偏差値の近い私立大学などと比較して見ていきましょう。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 60位

 

岩手医科大学医学部の偏差値は、全国の医学部を持つ大学82校の中で60位となっています。

 

一般的に私立大学は国立大学より偏差値が低い傾向にありますが、岩手医科大学は私立大学の中でも偏差値は低めであり、合格のハードルが比較的低い大学ということができます。

 

同都道府県の大学

 

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 67.3 岩手医科大学 私立

 

岩手県にある医学部を持つ大学は、岩手医科大学のみとなっています。

 

岩手県は国立大学医学部がない数少ない都道府県であり、将来岩手県で医師として働くことを志す受験生の多くは、岩手医科大学を志望することになります。

 

しかし岩手医科大学は私立大学であり、6年間の学費総額が3,400万円とかなり高額です。そのため、大学は岩手県の近隣の国立大学である秋田大学や弘前大学に進学し、研修医を経て岩手県で医師になるというキャリアを考えている受験生も多くいます。

 

私立大学で偏差値の近い大学

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
17位 67.3 愛知医科大学 愛知県
17位 67.3 藤田医科大学 愛知県
17位 67.3 杏林大学 東京都
17位 67.3 東京女子医科大学 東京都
17位 67.3 帝京大学 東京都
17位 67.3 岩手医科大学 岩手県
17位 67.3 金沢医科大学 石川県
17位 67.3 福岡大学 福岡県
26位 67.0 東海大学 神奈川県
27位 66.5 聖マリアンナ医科大学 神奈川県
27位 66.5 北里大学 神奈川県

 

全国の私立大学の中で、岩手医科大学と偏差値が近い大学は上記の通りとなっています。偏差値が近い大学には関東エリアや中部エリアの大学が多く、東北エリアには岩手医科大学と偏差値が近い大学がありません。

 

そのため、東北エリアで偏差値67前後の大学の医学部を狙っている受験生や、偏差値が70程度あり東北エリアの国立大学を狙っている受験生の滑り止めとして、岩手医科大学を多くの受験生が受験してくることが予想されます。

 

そして2016年には、同東北エリアにある宮城県の東北医科薬科大学に医学部が新設されたことで、東北エリアにある医学部を持つ大学が2校になりました。

 

そのため、東北大学をはじめとする東北エリアの国立大学の滑り止めとして東北医科薬科大学も受験されることとなり、岩手医科大学に集中していた東北エリアの医学部志望の受験生が今後は分散されていくことが予想されています。

 

しかし、2019年度の偏差値が上昇していることを考えると、決して気を抜くことはできません。しっかりと対策をして本番に臨みましょう。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...