名古屋大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くしたプロに、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

名古屋大学医学部の偏差値はどのくらい?

日本全国に医学部を持った大学は数多くありますので、志望校を決めることは容易ではありません。一方、志望校を決めるための判断材料として偏差値が用いられることが一般的です。

 

何故なら、自らの学力レベルや、各大学の合格難易度の目安が「偏差値」として数値化されるためです。これら偏差値の差の大小を調べることによって、自分が志望校に合格できる可能性の目安を知ることが出来ます。

 

このように、志望校を選ぶうえで、偏差値を知ることは非常に重要になってきます。

 

2019年度の偏差値

それではまず、名古屋大学医学部の2019年度の偏差値を確認してみましょう。

 

前期試験

 

偏差値 71.2

 

有名な予備校が公開しているデータを参照して、名古屋大学医学部の前期試験の偏差値の平均値を算出しました。

 

前期試験の偏差値は71.2であり、名古屋大学の医学部は数ある国公立・私立の大学の中でも合格が非常に難しい大学であることが一目でわかります。

 

また、医学部だけに絞って比べた場合であっても、偏差値が上位レベルの大学であり、合格には高い学力が要求されるといえます。

 

後期試験

 

偏差値 73.7

 

後期試験の偏差値は73.7であり、前期試験と比べるとかなり偏差値が高くなっています。後期試験の偏差値は、各予備校の偏差値の傾向をもとにして算出した値を用いています。

 

また、後期試験を実施する大学医学部の中でもトップクラスの偏差値を持っています。従って、後期試験で名古屋大学の合格を目指す受験生は前期以上に大幅に学力をつけて受験しなければ合格は難しくなるといえます。

 

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
偏差値 69.2 71.2 71.5 71.2 71.2

 

名古屋大学医学部の直近5年間の偏差値の変動を見ていきましょう。

 

2015年度は69点台の高い偏差値を示していましたが、2016年度になると更に偏差値が上昇し、71点台に到達しました。その後は、2019年度にかけての4年間は常に71点台を保ったまま推移していることが分かります。

 

従って、次年度以降も71点台もしくはそれ以上の偏差値になる可能性が高いといえます。常にこのような高い偏差値を維持しているのは、ひとえに大学の運営努力とそれに伴って積み上げられた実績によるものと考えられます。

 

以上のことから、名古屋大学を志望校に選ぼうと考えている受験生は、その高いハードルを乗り越えるべく並々ならぬ努力が必要になってきます。

名古屋大学医学部の偏差値を他大学と比較!

大学の偏差値同士を比較することによって、合格難易度が似通った大学をおおよそ把握することができるようになります。これは、志望校選びにおいて重要なステップです。

 

例えば、自分の偏差値に変化があったとき、志望校のレベルを上げる、或いは下げる場合に、どの大学を選べばよいか目安がつけ易くなります。

 

そこで、全国の国公立、私立大学と比べて名古屋大学医学部の偏差値がどの程度のレベルに位置しているのか確認してみましょう。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 7位

 

名古屋大学医学部の偏差値は、国公立・私立を合わせた全国の82校の医学部の中で7位と非常に高いレベルに位置しています。従って、合格の難易度も非常に高い大学であるといえます。

 

同都道府県の大学

 

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 71.3 名古屋大学 国公立
2位 70.2 名古屋市立大学 国公立
3位 67.3 愛知医科大学 私立
3位 67.3 藤田医科大学 私立

 

2019年現在において、同じ愛知県内には医学部を持つ国公立・私立大学が4校存在します。名古屋大学、名古屋市立大学、愛知医科大学、藤田医科大学です。

 

そのため、愛知県で医学部の受験を希望する学生は、その学力に応じて国公立大学である名古屋大学、或いは名古屋市立大学を選び、滑り止めとして私立大学の愛知医科大学、藤田医科大学を受験することになってきます。

 

国公立大学で偏差値の近い大学

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
2位 73.8 京都大学 京都府
3位 72.7 東京医科歯科大学 東京都
3位 72.7 大阪大学 大阪府
5位 72.0 大阪市立大学 大阪府
6位 71.2 東北大学 宮城県
6位 71.2 名古屋大学 愛知県
6位 71.2 神戸大学 兵庫県
6位 71.2 千葉大学 千葉県
10位 70.8 京都府立大学 京都府
10位 70.8 筑波大学 茨城県
12位 70.5 奈良県立医科大学 奈良県

 

国公立大学医学部で、名古屋大学医学部と偏差値が近い大学を上記に整理しました。

 

2019年現在において、名古屋大学と偏差値が近く、同じ中部地方にある医学部を持つ大学は存在しません。従って、名古屋大学から志望校のレベルを変える場合は、関東圏や関西圏などの離れたエリアの大学を選択することになります。

 

また、逆に静岡県や岐阜県などの中部地方の他県に住んでいて医学部を目指す優秀な受験生も、名古屋大学の医学部の受験を目指してきます。旧帝大学を含む難関校ばかりですので競合する受験生のレベルも非常に高く、今年も受験競争は非常に厳しいと予想されます。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...