岐阜大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

岐阜大学医学部の偏差値はどのくらい?

医学部を受験するにあたって、事前に偏差値を知っておくことは志望校を定める上で大変重要なことです。

 

特に、岐阜大学などの国立大学は前期試験と後期試験で合計2校までしか受験することができないので、私立大学と違って多くの大学を併願して受験するということができません。そのため、受験する国立大学の選定は時間をかけて慎重に行う必要があります。

 

志望する大学の偏差値と自分の現状の偏差値と照らし合わせて、自分がその大学を死亡する受験生全体の中でどのくらいの位置にいるのかを正しく理解し、適切に志望校を選定することが重要です。

 

2019年度の偏差値

まずは岐阜大学医学部の2019年度の偏差値を見ていきましょう。

前期試験

 

偏差値 70.2

 

大手予備校のデータを元に、岐阜大学医学部の前期試験の偏差値を算出しました。

 

前期試験偏差値が70.2であることから、岐阜大学の医学部は合格難易度がかなり高い難関校であるということが分かります。  

後期試験

 

偏差値 72.0

 

大手予備校のデータを元に、岐阜大学の後期試験の偏差値を算出しました。

 

後期試験偏差値が72.0であることから岐阜大学の医学部は非常に難関で、また前期試験よりも難易度が高いと判断することができます。  

 

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
偏差値 66.5 68.8 68.5 68.5 70.2

 

岐阜大学の医学部の直近5年間の偏差値の推移は、上記のようになっています。

 

2015年度から2016年度にかけて偏差値が大きく上昇し、2016年度以降は変動しない年もありましたが、それでも2019年度の偏差値は70.2となっていて、合格難易度は依然として高い水準にあると言えます。  

岐阜大学医学部の偏差値を他大学と比較!

岐阜大学医学部の偏差値は、他の大学と比べると高いのでしょうか。全国の国公立、私立大学の医学部と比較してみましょう。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 20位

 

岐阜大学の医学部の偏差値は、全国の82校の医学部の中で20位となっていて、上位に位置しています。

 

全国の大学の医学部と比べて偏差値は高く、それに伴って入学の難易度も高いと判断することができます。

 

同都道府県の大学

 

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 70.2 岐阜大学 国公立

 

岐阜大学のある岐阜県には、医学部を持つ大学が他に存在していません。国公立大学と私立大学を含めても岐阜大学が岐阜県で唯一の医学部を持つ大学となっています。 そのため、岐阜県内の受験生だけでなく中部地方エリアの受験生が多く集まる傾向が見られます。

 

これに加えて岐阜大学医学部では、二次試験の前期日程における募集定員が、国公立大学の医学部の中で最も少ない人数に設定されています。これが要因となって、岐阜大学の医学部は定員に対して非常に多くの受験生が集中することから、非常に倍率の高い難関校となっています。

 

岐阜大学の医学部は国公立大学と私立大学を含めた医学部の中でも上位に位置しており難易度が高いですが、多くの受験生が集まる難関校となっている点にも注意が必要です。

 

国公立大学で偏差値の近い大学

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
12位 70.5 横浜市立大学 神奈川県
14位 70.3 九州大学 福岡県
15位 70.2 広島大学 広島県
15位 70.2 名古屋市立大学 愛知県
15位 70.2 和歌山県立医科大学 和歌山県
15位 70.2 岐阜大学 岐阜県
19位 70.0 北海道大学 北海道
20位 69.8 長崎大学 長崎県
21位 69.7 新潟大学 新潟県
22位 69.3 金沢大学 石川県
22位 69.3 三重大学 三重県

 

国公立大学の医学部で、岐阜大学の医学部と偏差値が近い大学は上記のようになっています。

 

偏差値が全く同じ大学を見ると、岐阜大学のある岐阜県に近い愛知県に名古屋市立大学があります。岐阜大学の医学部と名古屋市立大学の医学部の合格難易度は非常によく似ているため、両者で迷う受験生が多く見られます。

 

岐阜大学の医学部の方が前期試験の定員が少ないために倍率が高くなっていますが、都市部という立地条件においては名古屋市立大学の方が優れています。

 

また岐阜大学のある岐阜県と同じ中部地方である三重県には三重大学があります。 岐阜大学に比べて合格難易度がやや下がるため、センター試験の出来次第で三重大学に志望校を下げるといった受験生も多く見られます。

 

岐阜大学の医学部は定員が少ないため、中部地方エリアで偏差値70を超える上位層の受験生が多く受験してくる傾向にあります。 そのため、十分な対策をして試験に備えることが重要です。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...