信州大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くしたプロに、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

信州大学医学部の偏差値はどのくらい?

医学部を受験するにあたって、事前に偏差値を知っておくことは効率よく勉強を進めていくためにとても重要なことです。

 

特に信州大学をはじめとする国立大学は二次試験の日程が統一されているので、1つの大学しか受験することができません。このため、第1志望校を前期日程で受験し第2志望校を後期日程で受験するといった受験生が多く見られます。

 

国立大学はほとんどの場合このように2校までしか受験することができないので、私立大学と違って多くの大学を受験することができません。そのため、受験する国立大学の選定は、時間をかけて慎重に行う必要があります。

 

適切に志望校を選択するためには、まず志望する大学の偏差値を知り、自分の偏差値と照らし合わせて自分が受験生全体の中でどのくらいの位置にいるのかということを正しく理解することが大切です。  

 

2019年度の偏差値

まずは信州大学医学部の2019年度の偏差値を見ていきましょう。

前期試験

 

偏差値 69.0

 

大手予備校のデータを元に、信州大学医学部の前期試験の偏差値を算出しました。

 

前期試験偏差値が69.0であることから、信州大学の医学部は、国公立大学の中ではほぼ標準的な中堅レベルの位置にあると判断することができます。  

後期試験

信州大学医学部では、後期試験を実施していません。

 

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
偏差値 63.8 67.0 67.3 67.0 69.0

 

信州大学医学部の直近5年間の偏差値の推移は、上記のように推移しています。

 

2015年と比較すると、2016年度以降は2018年度のみ少し偏差値が下がったものの、全体的に年々上がってきている傾向にあることが分かります。 2015年度は偏差値が63.8であったのに対して2019年度は69.0にまで達しています。

 

信州大学医学部の合格難易度は、年によって若干変動が見られるものの、年々上がってきている傾向にあると言えます。

信州大学医学部の偏差値を他大学と比較!

信州大学医学部の偏差値は、他の大学と比べると高いのでしょうか。全国の国公立、私立大学の医学部と比べてみましょう。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 34位

 

信州大学医学部の偏差値は、全国の82校の医学部の中で34位なっています。

 

全国の大学の医学部と比べて偏差値はほぼ平均的な位置にあり、入学の難易度も医学部の中では標準的なレベルであると判断することができます。  

 

同都道府県の大学

 

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 69.0 信州大学 国公立

 

信州大学のある長野県には、医学部を持つ大学が他に存在していません。国公立大学と私立大学を含めても信州大学が長野県で唯一の医学部を持つ大学となっています。

 

また信州大学の医学部は6年間同一のキャンパスで学ぶことができる数少ない国公立大学であるため、長野県だけでなく全国から受験生が集まる傾向が見られます。

 

信州大学の医学部は国公立大学と私立大学を含めた医学部の中でも標準的な中堅レベルの難易度であると言えますが、難易度に比べて比較的人気の高い大学となっています。

 

国公立大学で偏差値の近い大学

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
22位 69.3 金沢大学 石川県
22位 69.3 三重大学 三重県
22位 69.3 岡山大学 岡山県
22位 69.3 防衛医科大学校(防衛医大) 埼玉県
22位 69.3 熊本大学 熊本県
27位 69.0 信州大学 長野県
27位 69.0 群馬大学 群馬県
27位 69.0 愛媛大学 愛媛県
30位 68.8 弘前大学 青森県
31位 68.7 山口大学 山口県
31位 68.7 鹿児島大学 鹿児島県

 

国公立大学医学部で、信州大学医学部と偏差値が近い大学は上記の通りとなっています。 偏差値が全く同じ大学を見ると、信州大学のある長野県に近い群馬県に群馬大学があります。

 

信州大学医学部と群馬大学医学部の合格難易度もほぼ同じですが、センター試験での得点率が信州大学の方が高く群馬大学の方が低くなっています。そのため、最初は信州大学医学部を目指して勉強し、センター試験の出来次第で群馬大学に志望校を下げるという受験生が多く見られます。

 

偏差値が同程度の大学で見ると、九州地方や中国地方、四国地方といった西日本エリアに多く集まっています。このため、中部地方エリアに住んでいる受験生の多くは、信州大学に集中する傾向が見られます。

 

信州大学には中部地方エリアで偏差値70前後の受験生が多く受験してくるため、十分な対策をして試験に備えることが重要です。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...