横浜市立大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

横浜市立大学医学部の偏差値はどのくらい?

大学医学部を志望校にしている受験生は、自分が挑戦しようとしている大学の偏差値がどの程度の水準に位置しているのか事前に確認しておかなければなりません。

 

また横浜市立大学が属している国立大学は、私立大学とは違い同時期にいくつかの大学を受験することができません。従って、国立大学の合格を目指している受験生は、自分に適した志望校をしっかりと見定め、決めなければなりません。

 

志望する大学と自分の偏差値の差を確認し、学力が足りていない場合は、更に学力アップする努力を重ねるか、志望校のレベルを落とすかなどの判断を適宜するようにしましょう。

 

2019年度の偏差値

それでは先ず、横浜市立大学医学部の2019年度の偏差値を確認してみましょう。

前期試験

 

偏差値 70.5

 

知名度の高い予備校が開示しているデータを参照して、横浜市立大学医学部の前期試験の偏差値の平均値を算出しました。

 

前期試験の偏差値は70.5であり、横浜市立大学の医学部は数ある国公立・私立の大学の中でも合格が非常に難しい大学であることが一目でわかります。

 

また、医学部だけに絞って比較しても偏差値ランキング上位に位置しており、医学部を目指す学生にとってもハードルが高い大学といえます。

 

後期試験

横浜市立大学医学部では、後期試験を実施していません。従って、横浜市立大学の合格を目標としている学生は前期試験しかチャンスがありません。

 

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
偏差値 67.5 69.2 69.2 69.2 70.5

 

横浜市立大学医学部の直近5年間の偏差値の変動を見ていきましょう。 2015年度から2016年度にかけて偏差値が急激に上昇し、その後3年間は69.2という高い水準を維持していました。2019年度になると更に偏差値が上昇し70点台を超えました。

 

従って、直近5年間においては段階的に偏差値が上昇する傾向が確認でき、次年度も更に上昇する可能性があります。これから横浜市立大学に挑む受験生は、過去の受験生と同等かそれ以上に学力をつけなければなりません。

横浜市立大学医学部の偏差値を他大学と比較!

志望校を決めるうえで、自分が目標としている大学と他の大学の偏差値の差を評価することも重要です。この評価ができていれば、自分の学力に変化があった時、柔軟に志望校を見直すことができます。

 

例えば、学力が上がって志望校を上げたいと考えた時、他大学の偏差値を知っていれば速やかに志望校の見直しを行うことができます。

 

ということで、横浜市立大学医学部の偏差値が全国の国公立・私立大学の医学部と比較したときの偏差値レベルを確認してみましょう。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 16位

 

横浜市立大学医学部の偏差値は、全国の82校の医学部の中で16位となっています。

 

全国の大学の医学部と比較してみても明らかに上位の部類に属しており、合格の難易度は大変高い大学であることがわかります。  

 

同都道府県の大学

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 70.5 横浜市立大学 公立
2位 67.0 東海大学 私立
3位 66.5 聖マリアンナ医科大学 私立
4位 66.5 北里大学 私立

 

2019年現在において、同じ神奈川県内には医学部を持つ国公立・私立大学は全部で4校存在します。横浜市立大学と、東海大学、聖マリアンナ医科大学、北里大学です。

 

横浜市立大学以外は全て私立大学ですので、国公立である横浜市立大学を受験しつつ、私立の3校を滑り止めとして併願して受験する受験生も一定数いるでしょう。

 

しかし、医学部を持つ大学の中で横浜市立大学は上位、他の私立3校は下位側に属しています。そのため、受験生によっては滑り止めの大学として中位の偏差値レベルを持つ私立大学を選ぶ受験生もいます。その場合は県外の私立大学を併願することになります。

 

国公立大学で偏差値の近い大学

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
6位 71.2 神戸大学 兵庫県
6位 71.2 千葉大学 千葉県
10位 70.8 京都府立大学 京都府
10位 70.8 筑波大学 茨城県
12位 70.5 奈良県立医科大学 奈良県
12位 70.5 横浜市立大学 神奈川県
14位 70.3 九州大学 福岡県
15位 70.2 広島大学 広島県
15位 70.2 名古屋市立大学 愛知県
15位 70.2 和歌山県立医科大学 和歌山県
15位 70.2 岐阜大学 岐阜県

 

国公立大学医学部で、横浜市立大学医学部と偏差値が近い大学を上記に整理しました。 横浜市立大学と偏差値が近く、同じ関東エリアにある医学部を持つ大学は、千葉県の千葉大学、茨城県の筑波大学の2校があります。

 

横浜市立大学よりも少し偏差値が高い大学ですので、横浜市立大学を目指してきたが志望校のレベルを更に上げたい、且つ、関東エリアで探したいという学生にとって選択肢の一つとなってきます。

 

関東エリアということで受験生も多いため激戦区となることが予想されます。十分な対策をして受験に臨みましょう。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...

 

横浜市立大学は神奈川県で最も偏差値が高い大学であり、効率の良い学習法が求められます。間違った学習法で勉強を続けていても、合格することは難しいでしょう。

 

そこで武田塾医進館では、学習法に不安を抱えている受験生に対し、医学部合格に向けた不安や悩みなど、なんでも相談できる無料受験相談を実施しています。武田塾医進館に入塾していない方も対象となりますので、医学部受験に不安や悩みがある受験生はぜひ一度相談してみましょう。