山梨大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くしたプロに、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

山梨大学医学部の偏差値はどのくらい?

大学医学部の受験を目指している受験生は、まずはどこの大学を志望校にするかを決めることが重要です。

 

しかし、医学部がある国公立大学の数はとても多いため、自分にあった志望校を決めることは決して容易ではありません。そこで志望校を選ぶ判断基準の一つとして偏差値を採用する方法があります。

 

志望校の偏差値と現状の自分の偏差値を比較することで、更に学力アップする余力があれば志望校のレベルを上げることができますし、志望校の偏差値まで到達するのが難しいと感じた場合は志望校のレベルを下げることもできます。

 

各大学の偏差値を知ることで、自分のレベルに合わせた適切な志望校選びに役立てましょう。

 

2019年度の偏差値

それではまず、山梨大学医学部の2019年度の偏差値を確認してみましょう。

前期試験

山梨大学医学部では、前期試験を実施していません。国公立大学で前期試験を実施していないのは、山梨大学のみとなります。

後期試験

偏差値 70.8

 

大手予備校が公開しているデータを参照して、山梨大学医学部の後期試験の偏差値の平均値を算出しました。

 

後期試験の偏差値は70.8であり、山梨大学の医学部は数ある国公立・私立の大学の中でも合格が大変困難な大学の一つであることがわかります。一方、医学部受験の後期試験だけに絞って比較した場合、山梨大学はほぼ中間の偏差値レベルであり、受験の難易度は医学部の中では平均的といえます。

 

しかしながら、後期試験は前期試験よりも全体的に偏差値レベルが高く、70.8という後期試験の中間レベルの偏差値でも、前期試験の偏差値と比較すると上位レベルに相当します。そのため、山梨大学を受験する学生は非常に高い学力が要求されるといえます。

 

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
偏差値 70.0 70.0 70.7 72.0 70.8

 

山梨大学医学部の直近5年間の偏差値の変動を確認してみましょう。 2018年度で一度大きく上昇したものの、それ以外はほとんど70付近をキープしており、直近5年間では偏差値はほぼ横ばいであることがいえます。

 

とはいえ、次年度に偏差値が上がる可能性も考えられますので、過去最高の72程度の偏差値があると安心できます。

 

72程度の偏差値のキープが難しい受験生は、合格できないリスクも高くなりますので、私立大学や国立の前期試験も視野に入れて志望校選びをしなければなりません。

山梨大学医学部の偏差値を他大学と比較!

志望校を決めるうえで、自分の第一志望の大学と他の大学の偏差値の差を比較することも重要です。この比較をすることにより、自分の学力に変化があった時、柔軟に志望校を見直すことができます。

 

例えば、学力が上がって志望校を上げたいと考えた時、他大学の偏差値を知っていれば速やかに志望校の見直しを行うことができます。

 

そこで今回は、山梨大学医学部の偏差値が、全国の国公立・私立大学の医学部と比べたときにどのレベルに位置しているのか見てみましょう。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 12位

 

山梨大学医学部の偏差値は、全国の82校の医学部の中で12位となっています。

 

全国の大学の医学部と比較してみてもトップクラスの部類に位置しており、合格するためのハードルは非常に高い大学であることがわかります。

 

同都道府県の大学

 

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 70.8 山梨大学 国公立

 

2019年現在において、同じ山梨県内には医学部を持つ国公立・私立大学は存在しません。そのため、山梨県内にある大学の医学部を目標とする受験生は、山梨大学一択となります。

 

しかしながら、医学部の中でも非常にレベルの高い大学ですので、誰でも合格できるとは限りません。自分の偏差値が山梨大学医学部の偏差値に届いていない学生は、更に努力するか、志望校のレベルを下げる必要があります。

 

山梨県内に医学部を持つ大学は存在しませんので、例えば同じ中部地方やそれ以外の地方で、より偏差値の低い大学に志望校を変えるようにしましょう。

 

国公立大学で偏差値の近い大学(後期試験)

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
6位 71.7 広島大学 広島県
6位 71.7 三重大学 三重県
8位 71.3 富山大学 富山県
9位 71.0 浜松医科大学 静岡県
9位 71.0 宮崎大学 宮崎県
11位 70.8 山梨大学 山梨県
12位 70.7 香川大学 香川県
12位 70.7 秋田大学 秋田県
12位 70.7 秋田大学 北海道
12位 70.7 佐賀大学 佐賀県
16位 70.5 鹿児島大学 鹿児島県

 

国公立大学医学部の後期試験で、山梨大学医学部と偏差値が近い大学をまとめました。 山梨大学と偏差値が近く、同じ中部地方にある医学部を持つ大学は、静岡県の浜松医科大学があります。

 

浜松医科大学は山梨大学よりも少し偏差値が高い大学ですので、山梨大学を第一志望で考えていたが志望校のレベルを更に上げたい、またはできれば地元である静岡県内で通いたいという受験生にとって選択肢の一つとなってきます。

 

一方で、山梨大学が学力的に厳くなり、志望校レベルを落としたいという受験生は、東北地方や九州地方など、中部地方以外の大学に志望校を変更することになります。

 

後期試験しか実施していない山梨大学を受験するときは、前期試験で受ける国立大学や併願する私立大学選びも重要となるため、それらの大学も調べておきましょう。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...