群馬大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

群馬大学医学部の偏差値はどのくらい?

医学部合格を目標に掲げている学生は、自分の志望する大学の偏差値がどの程度なのか最初に確認することが重要です。その理由は、偏差値が志望校選びに有効な指標の一つとなっているからです。

 

また、群馬大学が属している国立大学は、私立大学とは違い同じタイミングで複数の大学を受験することができません。そのため、国立大学への合格を目指す学生は、自分に適した志望校をしっかりと見定め、確実に合格をつかみ取らなければなりません。

 

自分に合う志望校を見つけることは容易ではありませんが、偏差値を活用することで客観的に自分の実力を評価し、志望校を選ぶための材料とすることができます。

 

具体的には、自分の偏差値と志望校の偏差値と比較し、その差を確認します。この差が自分の学力と大学のレベルの差であり、自分が合格できる望みがあるかどうかの目安となります。

 

例えば、自分の偏差値よりも志望校の偏差値が低い場合、より上のレベル志望校も狙えるということになりますので、志望校選びの選択肢が増えます。この作業は志望校選びに対して非常に有効です。

 

2019年度の偏差値

まずは群馬大学医学部の2019年度の偏差値を見ていきましょう。

 

前期試験

 

偏差値 69.0

 

大手予備校が示すデータを参照して、群馬大学医学部の前期試験の偏差値の平均値を算出しました。

 

前期試験の偏差値は69.0であり、群馬大学の医学部は国公立・私立の大学の中ではトップクラスの難関大学であることが一目でわかります。一方、医学部の中のみで比較してみると中間ほどの偏差値であり、医学部を目指す学生の中では目指しやすいレベルの大学といえます。

 

後期試験

群馬大学医学部では、後期試験を実施していません。そのため、群馬大学を志望校に選んだ学生は前期試験で合格を勝ち取れるよう全力を尽くさねばなりません。

 

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
偏差値 64.7 67.0 67.0 66.7 69.0

 

群馬大学医学部の直近5年間の偏差値の推移を見ていきましょう。

 

2015年度から2016年度にかけて偏差値が急激に上昇し、その後3年間は67点前後で横ばいの傾向でした。そして、2019年度になるとその数値から更に上昇して69.0となりました。

 

従って、直近5年間においては段階的に偏差値が上昇する傾向にあるということがいえそうです。従って、次年度は2019年度と同等か、更に上昇する可能性があります。

 

これから群馬大学の合格を目指す学生は、過去に受験した学生以上に学力をつけて受験に臨まなくてはなりません。

群馬大学医学部の偏差値を他大学と比較!

志望校選びには、自らの偏差値と志望校の差だけではなく、大学同士の偏差値の差を評価することも必要です。この評価ができていれば、自分の学力が上がった時、下がった時、いずれも臨機応変に志望校の見直しを行うことができます。

 

勿論、努力を重ねて学力アップしていくことが望ましいですが、時間は限られていますので、万が一志望校のレベルを落とさざるを得ない状況になった場合、速やかに方針転換できるよう、しっかりと調べておくことをおすすめします。

 

それでは、群馬大学医学部の偏差値が全国の国公立・私立大学の医学部と比べたときにどの程度のレベルに位置しているかを確認していきましょう。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 34位

 

群馬大学医学部の偏差値は、全国の82校の医学部の中で34位となっています。全国の大学の医学部と比較してみるとやや上位の部類に属しており、合格の難易度は大変高い大学であることがわかります。

 

同都道府県の大学

 

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 69.0 群馬大学 国公立

 

2019年現在において、同じ群馬県内には医学部を持つ国公立・私立大学は存在しません。そのため、群馬県内にある大学の医学部を目指したいという考えの学生は、群馬大学一択となります。

 

しかしながら、医学部の中でも中間レベルの偏差値の大学ですので、誰でも合格できるとは限りません。自分の偏差値が群馬大学医学部の偏差値に届いていない学生は、更に努力するか、志望校のレベルを下げる必要があります。

 

群馬県内に医学部を持つ大学はありませんから、例えば、関東エリアで且つ、偏差値が近い大学に志望校を変えるという選択を迫られる学生も少なからず出てくるでしょう。

 

国公立大学で偏差値の近い大学

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
22位 69.3 三重大学 三重県
22位 69.3 岡山大学 岡山県
22位 69.3 防衛医科大学校(防衛医大) 埼玉県
22位 69.3 熊本大学 熊本県
27位 69.0 信州大学 長野県
27位 69.0 群馬大学 群馬県
27位 69.0 愛媛大学 愛媛県
30位 68.8 弘前大学 青森県
31位 68.7 山口大学 山口県
31位 68.7 鹿児島大学 鹿児島県
31位 68.7 富山大学 富山県

 

国公立大学医学部で、群馬大学医学部と偏差値が近い大学を上記にまとめました。群馬大学と偏差値が近く、同じ関東エリアにある医学部を持つ大学は、埼玉県の防衛医科大学校(防衛医大)があります。

 

防衛医科大学校は群馬大学よりも少し偏差値が高いものの、指定の年数を医師として勤務することで6年間の授業料が無料になる大学ですので、関東エリアで探したいという学生にとって選択肢の一つとなってきます。

 

群馬大学は関東エリアということでライバルとなる学生も非常に多くなりますので、受験に対してしっかりと対策をしておきましょう。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...

 

群馬大学は群馬県唯一の医学部の大学なので、県内で医学部進学を考えている受験生が多く受験してくることも考えられます。そのため、合格にはしっかり学力をつけておくことが求められます。

 

武田塾医進館では、しっかりと学力がつくような学習方法など、医学部合格に向けて必要となることは何かを教えてもらえる無料受験相談を実施しています。武田塾医進館に入塾していない方も対象となり、無理な入塾の勧誘もありませんので、医学部受験に不安や悩みがある受験生はぜひ一度相談してみましょう。