札幌医科大学医学部偏差値
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

札幌医科大学医学部の偏差値はどのくらい?

医学部への進学を考えている場合に知っておかなければならないことが、進学先の偏差値がどうなっているかです。

 

札幌医科大学は公立大学であるため、私立大学のようにいくつもの大学の入試を受けることはできません。事前に大学の偏差値についてきちんと調べておき、どこを受験するかを検討しておくことが大切です。

 

進学を希望する大学の偏差値について調べ、自身の学力で合格できるかを確認したうえで志望する医学部を選択するようにしてください。

 

2019年度の偏差値

まずは札幌医科大学医学部の2019年度の偏差値を見ていきましょう。

前期試験

 

偏差値 68.2

 

大手予備校によるデータを参考にして、札幌医科大学の前期試験における偏差値を割り出しています。

 

札幌医科大学の前期試験の偏差値は68.2とかなり高く、医学部への進学は難関であると言えます。  

後期試験

札幌医科大学医学部では、後期試験を実施していません。

 

直近5年間の偏差値推移

 

年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
偏差値 65.0 67.3 66.5 66.5 68.2

 

札幌医科大学医学部の直近5年間の偏差値についてまとめるとこのようになります。

 

2015年度の偏差値が65.0だったのに対して2016~2018年度には66~67となっていて、2019年度には68.2まで上がっています。札幌医科大学医学部の試験は近年では難易度が上昇する傾向にあることが分かります。

札幌医科大学医学部の偏差値を他大学と比較!

ここからは札幌医科大学医学部の偏差値が全国の大学の偏差値と比較するとどれくらいかを見ていきます。

 

全国にある国公立大学および私立大学の医学部の偏差値との比較を以下の表にまとめてあります。札幌医科大学医学部の難易度はどのようなものか確認してみましょう。

 

全国ランキング

 

全国の大学の医学部数 偏差値の順位
82校 50位

 

札幌医科大学医学部の偏差値は全国の大学にある82の医学部の中で第50位と平均よりも下位となっています。

 

他の国公立大学や私立大学の医学部と比べてみると偏差値はやや低くなっているので、全国にある医学部の中ではどちらかと言えば入学しやすい方となっています。

 

同都道府県の大学

 

順位 偏差値 大学名 国公私立
1位 70.0 北海道大学 国公立
2位 68.2 札幌医科大学 国公立
3位 67.3 旭川医科大学 国公立

 

札幌医科大学がある北海道には他に医学部を持つ大学が2校あります。その2校は北海道大学と旭川医科大学で、いずれも札幌医科大学と同じく国公立大学となっています。 北海道にある大学の医学部の中では北海道大学医学部がもっとも偏差値が高くなっています。

 

第一志望を北海道大学にして、合格が難しいようであれば偏差値がやや低くなっている札幌医科大学や旭川医科大学に目標を変更することが多くなっています。特に偏差値で北海道大学に次いでいる札幌医科大学を選択する受験生は多いようです。

 

後期試験については、北海道大学および札幌医科大学では実施されていません。そのため前期試験で医学部に合格できなかった受験生は、北海道にある医学部で唯一後期試験を実施している旭川医科大学を志願することも多くなっています。

 

国公立大学で偏差値の近い大学

 

順位 偏差値 大学名 都道府県
31位 68.7 鹿児島大学 鹿児島県
31位 68.7 富山大学 富山県
31位 68.7 浜松医科大学 静岡県
31位 68.7 滋賀医科大学 滋賀県
36位 68.2 徳島大学 徳島県
36位 68.2 札幌医科大学 北海道
38位 68.0 大分大学 大分県
38位 68.0 宮崎大学 宮崎県
38位 68.0 鳥取大学 鳥取県
38位 68.0 琉球大学 沖縄県
42位 67.7 島根大学 島根県

 

全国の国公立大学の医学部で、札幌医科大学の医学部と偏差値が近くなっているのは以上の大学です。

 

偏差値が近い大学には、九州地方や四国地方など西日本にある大学が多くなっています。現状では北海道や東北エリアに偏差値に近い医学部のある大学はありません。

 

そのため、北海道や東北地方の偏差値68前後で医学部を志望している受験生の多くが札幌医科大学に集中することになり、それに伴い入試の倍率も非常に高くなっています。

 

大切なことは、偏差値だけを見て自分の学力に合っているからと言って油断することはせず、試験にはあらかじめ十分に対策したうえで取り組むことです。

 

また偏差値の低い志望校に目標を変えるということは、それだけ競争相手が多くなる可能性も高まるということを忘れないようにし、適切な志望校設定を行いましょう。

 

また、他大学の偏差値について詳しく知りたい方は、「【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...

 

国公立大学の中ではやや偏差値が低い部類に入る札幌医科大学には、北海道大学から志望を下げて優秀な受験生が受験してくることも考えられます。そのため、合格にはしっかり学力をつけておくことが求められます。

 

武田塾医進館では、しっかりと学力がつくような学習方法など、医学部合格に向けて必要となることは何かを教えてもらえる無料受験相談を実施しています。武田塾医進館に入塾していない方も対象となりますので、医学部受験に不安や悩みがある受験生はぜひ一度相談してみましょう。