信州大学医学部学費
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

信州大学医学部医学科の学費

信州大学医学部医学科の6年間でかかる学費の総額は3,496,800円となっています。この金額は、同様の全国の国公立大学の医学部で統一されています。

 

また国公立大学の医学部の学費は、私立大学医学部の中で最も学費が安い大学と比較しても、6年間で約1,500万円ほど総額に違いがあります。

 

信州大学で各年次でかかる金額をまとめると、下記のようになります。

 

年次 金額(入学金+授業料)
1年目 817,800円
2年目 535,800円
3年目 535,800円
4年目 535,800円
5年目 535,800円
6年目 535,800円
合計 3,496,800円

信州大学医学部医学科の学費の内訳

入学金

信州大学医学部医学科の入学金は282,000円となっています。この金額は、全ての国公立大学で一律です。

 

一方、私立大学では入学金だけで200万円を超えるような学校も多数存在しているのが現状です。入学金だけでみても、国公立大学は私立大学よりも安くなっていることがほとんどです。

 

授業料

信州大学医学部医学科の授業料は、年間535,800円です。入学金と同様に、国公立大学の授業料についても年間535,800円と一律で決められています。6年間で計算すると3,496,800円となります。

 

近年、私立大学医学部の学費値下げが過熱していると言われていますが、それでも私立大学医学部の授業料を見てみると、6年間で約2,000万円〜4,000万円ほどの負担があります。

 

その他費用

信州大学医学部医学科では、入学金と授業料のほかに、主だって公表されているその他の徴収費用はありません。しかし、他の国公立大学と同様に、教材購入費などは必要となってくるでしょう。

 

また定期テストの再試験代や、国家試験前の予備校代などが発生する場合もあります。これらの費用も合算すると、国立大学といえども医学部でかかる費用は決して安いものではないことがわかるでしょう。

信州大学医学部医学科の学費の支払いを軽減する方法

前述のとおり、信州大学は国公立大学であることから、医学部の学費は私立大学の医学部と比べても安くなっています。しかしそれでも、6年制である医学部は他の学部に比べて、学費は高くなってきます。

 

ただ安心してください。信州医学部医学科には学費の支払いを軽減してくれる奨学金制度と授業料減免制度が用意されています。制度をうまく利用すれば、奨学金が借りれたり授業料が免除されたりもします。

 

奨学金

信州大学医学部医学科で利用することができる奨学金は、知の森基金奨学金(入学サポート奨学金)と呼ばれています。

知の森基金奨学金(入学サポート奨学金)

金額 400,000円
人数 20人程度
対象者 次のいずれにも当てはまる者

(1)日本の高校を3月に卒業見込みの者。

(2)AO入試、推薦入試Ⅰ・Ⅱまたは前期の一般入試に出願予定であり、合格時には入学を確約できる者。

(3)世帯収入の合計が400万円以下、または所得合計が200万円以下である者。

 

授業料減免

信州大学医学部医学科の授業料減免制度の詳細は以下の通りです。

授業料の免除

金額 全額免除(267,900円)または半額免除(133,950円)
人数 2017年度実績

全額免除者数:前期801人、後期775人

半額免除者数:前期544人、後期621人

対象者 次のいずれかに該当する学生を全額または半額免除の対象とする。

1.何かしらの理由で授業料の支払いが困難であり、学業が優秀な学生

2.授業料の納期期間に学資負担者が亡くなったり災害を受けるなどして授業料の支払いが難しい学生

 

また、他大学の学費や奨学金制度、授業料減免制度などについて詳しく知りたい方は、「医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

医学部学費ランキング(国立:公立:私立大学)
医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-06-13 00:46
医学部の学費事情 学費は国公立大学と私立大学で大きく異なる 日本における医学部の学費は、国公立大学と私立大学で大きく異なっています。 国公立大学では、医学部の学費は6年間で350...