川崎医科大学医学部学費
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

川崎医科大学医学部の学費

川崎医科大学医学部で6年間学ぶためには総額で必要な学費はトータルで4,550万円となります。

 

入学年度には入学金200万円がかかり、更に教育充実費が初年度のみ650万円かかりますので、初年度に納める金額は合計で1,050万円が必要になります。

 

2年目以降は入学金の200万円は不要で、且つ、教育充実費が500万円に減額されますので、1年間で必要な学費は700万円ですみます。

 

従って、初年度に1,050万円、2~6年目で700万円の費用必要になることから、6年間在学した場合にかかる費用は、合計で4,550万円となります。

 

この6年間に要する学費の合計4,550万円は、全国の私立大学医学部の中でもっとも高額であり、日本で一番学費の高い大学であるということができます。

 

川崎医科大学の医学部で6年間にかかる学費をまとめると、以下に示す通りとなります。

 

学費名 初年度 2年目以降 6年間合計
授業料 200万円 200万円 1,200万円
入学金 200万円 0円 200万円
実験実習費 0万円 0万円 0万円
施設設備金 0万円 0万円 0万円
教育充実費 650万円 500万円 3,150万円
維持費他 0円 0円 0円
合計 1,050万円 700万円 4,550万円

川崎医科大学医学部の学費の内訳

入学金

川崎医科大学医学部は、入学金200万円が初年度にかかってきます。国立大学は全ての大学で入学金を282,000円に統一しています。この事実を踏まえると、川崎医科大学の医学部では、入学金だけで約7倍と高額になっています。

 

また他の私立大学と比べてみても、入学金が100万円程度である大学も多いことから、川崎医科大学の入学金は高額であると言えます。

 

授業料

川崎医科大学医学部の授業料は、1年間で2,000,000円です。国立大学は全ての大学で授業料を535,800円に統一しています。この事実を踏まえると、川崎医科大学の授業料は約4倍もあるため、非常に高額であることがわかります。

 

さらに川崎医科大学の授業料は、年間200万円と全国の私立大学医学部で見るとさほど高額な金額ではありません。

 

しかし、教育充実費という費用が初年度に650万円、2年目以降も500万かかり続けることが、6年間の総学費が高騰することに繋がっています。

 

これらのことを踏まえても、国立大学よりも私立大学の方が遥に学費が高く、裕福でない家庭の場合、私立大学医学部に入学することは難しいということがわかるかと思います。

 

その他費用

費用名 金額
寮費及び食費 102.5万円(1年目のみ)
学友会費 17万円
保護者会費 42万円(1年目)

3万円(2年目以降)

合計 1,765,000円(6年間)

 

川崎医科大学医学部では、入学金と授業料以外にかかる費用は、寮費+食事代、学友会費、保護者会費で、6年間で合計1,765,000円がかります。

 

川崎医科大学では1年学のときに教育寮に入寮することが義務付けられており、利用費と食費を併せて1,025,000円がかかります。2年目以降に寮を出た場合は以降はかかりません。

川崎医科大学医学部の学費の支払いを軽減する方法

川崎医科大学は私立大学の中でも最も学費の高い大学であり、家計に与える影響は非常に大きくなります。

 

「医学部で学びたいが、家計の都合により進学を諦めるしかない」と考えている学生のために、川崎医科大学には奨学金制度及び授業料の減免制度が用意されています。

 

奨学金

川崎医科大学で利用することができる奨学金は、全国の教育機関で利用が可能な日本学生支援機構奨学金に加え、独自の制度として静岡県医学修学研修資金貸与制度、長崎県医学修学研修資金貸与制度が用意されています。

静岡県医学修学研修資金貸与制度

金額 6年間で総額1,440万円
人数 数名
対象者 出身県は問わないが、初期臨床研修終了後、貸与期間の1.5倍の期間、静岡県が指定する静岡県内の公的医療機関で医師として医療に従事することを確約できる者

 

長崎県医学修学研修資金貸与制度

金額 最大6年間で9,686,480円貸与 (年数や金額は変動する)
人数 数名
対象者 長崎県内の小・中学校、高等学校を卒業した学生であって、卒業後に貸与を受けた期間の1.5倍に相当する期間、長崎県が指定する病院で従事できる者。

 

授業料減免

川崎医科大学医学部には、授業料免除という制度はありませんが、それに相当するものとして、特待生制度があります。

 

1~5学年で毎年選考が行われ、基準を満たす学力があると認められた学生に対し、翌年の授業料相当の200万円が給付されるという制度です。詳細は以下の通りです。

特待生制度

金額 年額200万円(給付、年間の授業料相当)
人数 (ホームページに情報なし)
対象者 川崎医科大学に在学している1~5学年の学生であって、大学の定める学生表彰規定の基準を満たす学力を有すると認められた者。

 

また、他大学の学費や奨学金制度、授業料減免制度などについて詳しく知りたい方は、「医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

医学部学費ランキング(国立:公立:私立大学)
医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-06-13 00:46
医学部の学費事情 学費は国公立大学と私立大学で大きく異なる 日本における医学部の学費は、国公立大学と私立大学で大きく異なっています。 国公立大学では、医学部の学費は6年間で350...