奨学金や特待制度で医学部の学費を工面する方法を徹底解説!
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

医学部の学費の支払いに困ったら奨学金制度や特待制度を利用しよう

みなさんの中には、医学部への進学に興味はあるけれども、高額な学費がネックとなって諦めようとしている方はいないでしょうか。

 

この記事を見ている方の中には、もしかしたら自分の息子や娘を医学部に進学させたいと考えているが、そこまでの経済的余裕がないという親御さんもいるかもしれません。

 

ただし、現状の年収や貯蓄額から考えて医学部の学費の支払いが難しそうでも、簡単に受験や進学を諦める必要はありません。奨学金や特待制度といった支援制度を利用すればよいのです。

 

奨学金は学生本人にお金を貸与、もしくは給付するもので、貸与の場合には返済義務が生じます。奨学金制度を利用するには、世帯収入や成績などの利用条件を満たす必要があります。

 

特待制度は、大学側で特に成績優秀な学生などに学費の減額や免除、支給を行うものです。入試の結果で決定する特待制度も多いため、受験する際にはあらかじめ特待制度の有無にも目を配りましょう。

医学部の学費支払いに奨学金制度を利用する方法

医学部の学費を奨学金で支払おうと考えた場合、選択肢は大きく3つあります。「日本学生支援機構の奨学金」、「地方自治体や病院の奨学金」、「大学ごとに定められた奨学金」です。それぞれについて詳しくご紹介します。

 

日本学生支援機構の奨学金

日本学生支援機構は文部科学省所管の独立行政法人で、学生に対する支援事業を行っています。経済的支援である奨学金は、間口が広く利率も低いため、利用者の多い奨学金です。

 

貸与の条件の違う第一種と第二種の二種類に分かれます。第一種と第二種は併用が可能なので、第一種を利用できる分は、第一種から借りるのが得策です。

第一種

第一種は、無利子の奨学金です。利用するためには学力基準と家計基準を満たす必要があります。成績が3.5以上で学校長の推薦が受けられること、家計基準は4人世帯で年収747万円などです。

 

貸与額は進学先と自宅通学か自宅外通学かにより、一か月あたりの上限が変わります。国公立大生で自宅通学ならば45,000円、自宅外では5,1000円まで借りられます。私大生は自宅で53,000円、自宅外で64,000円が上限です。

第二種

第二種は有利子の奨学金です。利子は年3%が上限で、在学中は無利息です。学力基準と家計基準は第一種より緩やかで、成績が平均水準以上である者、4人世帯で年収1,100万円が目安です。

 

貸与月額は2万円から1万円刻みで設定でき、12万円が上限です。私立大学の医・歯学の課程に在学の場合は上限を16万円まで増額することができます。

 

地方自治体・病院の奨学金

全国の地方自治体や病院が、医療振興のために奨学金制度を設けていることがあります。卒業後に一定期間(通常9年間)、その地方や病院の指定医療機関に勤務するなどの条件で奨学金の返還が免除される方式が典型的です。

 

金額は月10~30万円と手厚く、他の奨学金と併用すれば私大医学部の学費を賄うことも夢ではありません。しかし申請・審査が入学決定後に始まることが大半のため、計画的な資金計画の一部とするには難が残ります。

 

大学ごとに定められた奨学金

大学または大学の同窓会組織が、奨学金事業を行っていることがあります。条件や金額はさまざまですが、一般的に大学の奨学金は給付型が多いとされます。

 

ただし金額は数万円~数十万円程度が標準的で、学費全体をカバーする程のものは滅多にありません。また大学の奨学金は、学業で実績を上げた者への報奨や、保護者の経済能力が悪化した際の一時金といった性質のものが多く、事前に利用を計画することは難しいでしょう。

 

一例を挙げると日本大学医学部には、学業、人物共に優れた学生を対象に複数の奨学金が用意されています。中でも医学部同窓会就学奨学制度という貸与型奨学金では、指定金融機関からのローンについて、在学中の利息分を同窓会に給付してもらえます。

 

日本大学ではほかにも、医学部土岐奨学金(年額20万円)や医学部永澤奨学金(月額5万円)など、3種類の給付金も用意されています。

医学部の学費支払いに特待制度を利用する方法

医学部を持つ大学の中には、奨学金のほかにも、学費や諸経費が減免される「特待制度」が設けられているところも多々あります。

 

特待制度を利用するための条件としては、入試結果の成績上位者が認定されるケースが多いため、入学を決定する前に資金計画が立てやすく、非常に助かる制度でしょう。

 

そして医学部独特なのは「地域枠」と呼ばれる特待枠です。卒業後数年間は特定地域の医療に携わることを前提に学費全額を貸付け、医師免許取得後も指定医療機関で9年間勤務すれば返還が免除されます。

 

例えば、順天堂大学医学部のA特待生では、6年間で最大1,880万円が免除されます。入試時から選抜され、成績、人物評価共に毎年基準を満たす必要があります。

 

一方のB特待生は、入試での優秀者に対して初年度に限り90万円を免除します。また、5つの都道府県からの地域枠も提供されています。

 

このように大学ごとに固有の学費の負担を軽減される制度が用意されているので、医学部の学費の負担が心配なご家庭は、志望校を決める際の1つの判断材料としてみましょう。

 

医学部学費のおすすめ記事
学費ランキング 医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)
学費払えない 私立医学部の学費を払えないとどうなる?知っておきたい6つの対策!
奨学金・特待制度 奨学金や特待制度で医学部の学費を工面する方法を徹底解説!
教育ローン 医学部の学費を教育ローンで支払う方法!国や銀行で借りる金利や上限金額は?
学費免除 医学部の学費を免除できる大学はどこ?金額や適用条件を徹底解説!
値下げブーム 医学部学費は値下げブーム?近年金額を引き下げた私立大学一覧!