聖マリアンナ医科大学医学部の小論文の過去問テーマや対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

聖マリアンナ医科大学医学部の小論文概要

聖マリアンナ医科大学の二次試験では、小論文が課されています。配点は低いですが、小論文の内容で適性に欠けると判断されると不合格となるので、対策は必須となります。

 

ここでは、聖マリアンナ医科大学の小論文試験について取り上げます。

 

試験時間

60分

 

指定文字数

年度により異なる

 

課題形式

課題文読解型

 

配点

50/600

聖マリアンナ医科大学医学部の小論文の過去問テーマ

2014年

医療ニュースについて

医療分野のニュースを取り上げた課題文を読んで、著者の考えを要約したり、自分の考えをまとめて記述するというものです。それほど難易度は高くないですが、漢字の書き取り問題もあります。

 

2015年

理想の医師像について

医師の在り方についての課題文を読んで、自分が将来なりたい理想の医師像について論じます。自分の考え方や価値観を盛り込むことが求められ、具体的な医師像を述べる必要があります。

医師と患者の関係について

医師と患者の関係はどうあるべきかという課題文を読み、著者の考えを要約したうえで、自分自身の意見を述べることになります。医学部受験生として、医師の立場から考えることが重要です。

 

2016年

星野一正『医療の倫理』について

医師に求められる倫理についての課題文を読み、著者の伝えたいことを要約します。そして、医師の倫理観として重要なものとは何であるか、自分の考えについて述べます。

日本学術振興会編集委員会『科学の健全な発展のために』について

科学研究における不正を取り上げた課題文を読んで、不正行為とは具体的にどういったことかまとめます。その後、科学技術の進歩のために本当に必要なことは何かを論じます。

 

2017年

横川善正『ホスピスからの贈り物』について

ホスピス訪問を取り上げた課題文について、ホスピスに関して著者がどのように考えているかを要約し、医師になったときに患者とどのように接していきたいかを述べます。

田中まゆみ『ハーバードの医師づくり―最高の医療はこうして生まれる』について

医師に求められる倫理観や正しい行動についての課題文を読んで、著者が伝えたいことをまとめます。その後、医師の倫理観としてどんなことが重要であるか自分の考えを述べます。

 

2018年

坂田勝彦『ハンセン病者の生活史 隔離経験を生きるということ』について

ハンセン病と隔離の問題を取り上げた課題文を読んで、著者が述べている隔離による文化とはどういったものかまとめます。そして、感染症対策のために医師に必要なことは何か、自分の考えを述べます。

中村雄二郎『臨床の知とは何か』について

患者と向き合い、診断や治療を行うことについての課題文を読んで、医師としての理想の在り方とはどういうものであるか述べます。課題文の内容を踏まえたうえで、自分が医師になったときのことを考えましょう。

 

2019年

松田雄馬『人工知能はなぜ椅子に座れないのか 情報化社会における「知」と「生命」』について

医師および患者と、最新の人工知能との関係についての課題文を読み、人工知能とどのように接していくべきか、医療分野に人工知能を導入することの利点や欠点にはどういったものがあるかをまとめます。

神谷美恵子『生きがいについて』について

人間の生きがいについて述べている課題文を読んで、筆者の考える生きがいとはどういったものか要約します。そして、患者が生きがいを感じるためには何が必要であるか、医師の立場から考えを述べます。

聖マリアンナ医科大学医学部の小論文対策

医療・科学分野の話題に目を向けよう

聖マリアンナ医科大学の小論文試験では、課題文として医療や科学の話題が取り上げられることが多いです。課題文に対して医療と結びつけた考えを述べることが求められるので、特に医療の基礎知識も身につけておきましょう。

 

また自分が医師になったときにどのような対応をするかも問われることが多いので、自分なりの医師としての考えも持っておく必要があります。

 

課題文に対する意見を短くまとめよう

聖マリアンナ医科大学の小論文試験では、設定される字数が毎年変わります。しかし、ほとんどの場合は字数が少なめであるため、自分の意見をきちんと盛り込みながら文章を短くまとめる力が求められます。

 

本番の試験で字数オーバーを避けるためには、対策として普段から短めの字数で小論文の練習をしておくことが重要となります。端的に主張を述べる練習は、医師になってからも役に立つことでしょう。

 

また、聖マリアンナ医科大学以外の小論文の過去問テーマについて知りたい方は「【全大学まとめ】医学部の小論文の対策!過去問頻出テーマや書き方」も参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部の小論文の対策!過去問頻出テーマや書き方
【全大学まとめ】医学部の小論文の対策!過去問頻出テーマや書き方
2020-05-16 14:34
医学部の小論文とは? 全国の医学部では、小論文を課している大学が多く存在します。特に私立大学ではほとんどの大学で小論文試験を導入しており、小論文の概要や目的についてあらかじめ理解し...

 

医学部小論文は、ある程度の「型」を覚えた後は、ひたすら記述して第三者に添削してもらうことを繰り返すことが大切です。徹底的な個別指導を実施している武田塾医進館では、小論文でも個別対応ができるので、生徒につきっきりで添削します。

 

今なら無料の受験相談も実施していますので、小論文対策以外の学習ノウハウや指導方法についても知りたいという方はぜひお申し込みください。

 

ほかにも、聖マリアンナ医科大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「聖マリアンナ医科大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

聖マリアンナ医科大学の特徴や評判
聖マリアンナ医科大学医学部の特徴や評判
2019-12-30 03:24
聖マリアンナ医科大学医学部の特徴 沿革 聖マリアンナ医科大学は1971年に東洋医科大学として開学し、1973年に聖マリアンナ医科大学に名称変更されました。開学当時より医学部の単科大...