順天堂大学医学部のセンター利用入試のボーダーライン推移
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

順天堂大学医学部(前期)のセンター利用入試のボーダーライン推移

私立大学医学部の中には、センター試験の結果のみで合否を決定する試験、通称「センター利用入試」を一般入試とは別に実施している大学があります。

 

このセンター利用入試は、センター試験である一定の点数を超えた時点で合格が決まる制度なので、二次試験の対策をしなくとも医学部に合格できるという点で狙い目なシステムと言えるでしょう。

 

しかし、合否の基準となる点数は一般的にとても高いことが多く、センター利用入試を受けるのであれば、その基準点の推移は知っておくべきであると思われます。

 

以下は、順天堂大学医学部の前期入試におけるセンター利用入試の基準得点の推移になります。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 950 950 950 950 950
ボーダー点数 865 874 855 865 855
ボーダー得点率 91% 92% 90% 91% 90%
合格見込み得点率 91% 92% 90% 91% 90%
合格危惧得点率 91% 92% 90% 91% 90%

 

上記より、基準得点率は91%前後を推移しているのが分かります。得点で表すと860点前後を推移しています。

 

また合格見込み得点率は、その得点を獲得した受験生の80%が合格するような得点率を表します。合格危惧得点率は20%の場合の得点率です。

 

そして、2020年度順天堂大学医学部の前期センター利用試験の得点率の高さは、帝京大学医学部に続いて全国第2位の高さです。

 

ただし、帝京大学では試験科目を自分で選択できるのに対し、順天堂大学では全科目を受験して上記の得点率なので、実質は私立医学部で最も難しいセンター利用試験といっても良いでしょう。順天堂大学医学部のセンター利用を受けるのであれば、それなりの対策が必要です。

順天堂大学医学部(前期)のセンター利用入試の募集人数

2020年度の順天堂大学医学部のセンター利用の募集人数は、10名の募集でした。全国の私立大学医学部の前期センター利用試験の募集人数と比べてみると、10名という数字は多くもなく少なくもない人数です。

 

また、この人数は、2020年度順天堂大学医学部の一般入試の募集人数の63人に比べて少ないと言えます。

 

これは、順天堂大学では地域枠と称した特定の地域からの募集や、特殊な形での募集(英検の成績を利用した制度など)があることとも関係しているかもしれません。

順天堂大学医学部(前期)のセンター利用入試の科目や配点比率

センター試験:二次試験の配点比率

 

センター:二次 950:0

 

2020年度順天堂大学医学部の前期センター利用試験では、二次試験は学科試験ではなく面接と小論文での実施であり、また配点も明らかにされていないことから二次の得点率は0と表記しています。

 

一般に、一次試験でボーダー得点率をもとにして一次試験の合否を決定した後、面接や小論文での二次試験において、医者としての適性の有無を判断していると言われています。

 

しかしながら、医者の適性と言っても面接や小論文でそこまでのものが判断ができるはずもないので、最低限のコミュニケーション能力や人となりを見ていると思われます。

 

二次試験の面接や小論文の対策は、多くの受験生はセンター試験を終えた後に行っていると思われますが、できればセンター試験対策の合間に少しずつ対策をしていくのが望ましいと言えるでしょう。

 

センター試験の科目や配点

 

センター試験科目 配点
英語 250
数学 200
理科1 100
理科2 100
現代文 100
古文漢文 100
地歴公民 100
満点 950

 

順天堂大学医学部の前期センター利用試験の得点の割り振りは以上の通りです。英語のリスニングもそのままの点数で加点されるので、英語の配点が高となっています。

 

一般に理系の受験生は、国語と社会で安定して高得点を取るのは難しいことが多いです。ボーダー得点率の91%前後を目標にするのであれば、やはり英語と数学と理科は満点を目指し、最低でも9割を獲得しなければならないと言えるでしょう。

 

というのも、数学190点、理科180点、英語230点としてもなお、850点獲得するには、残りの国語と社会で250点取らなければならなくなるからです。国語を安定して160点取れたとしても、社会で90点を取らなければ850点には届きません。

 

国語と社会の負担を減らすためにも、数学英語理科で9割は下回らないように徹底して対策をするべきと言えます。

 

また、国語では知識勝負となる古文と漢文で満点を狙えるようにし、社会では8割は下回らないように対策をするべきと言えるでしょう。

 

二次試験の科目

 

二次試験の科目 実施の有無
学科 なし
面接 実施
小論文 実施
満点 配点なし

 

順天堂大学医学部の前期センター利用試験の二次試験では、小論文と面接のみが行われ、学科試験は行われません。先述の通り、二次試験の面接や小論文では最低限のコミュニケーション能力や人となり、そして医学に関する知識について問われていると考えられます。

 

小論文では、与えられたテーマを理解できるぐらいの最低限の知識(ステロイドといった誰でも知っている薬についてや、近年の医学的ニュースについてなど)は身につけておきましょう。

 

面接では緊張して黙ってしまうことのないように、面接の練習をどこかでしておくべきと思います。

 

また両者に共通した対策として必要なのが、自分の将来像について考えることです。医学部を卒業した後、研究医になるのか臨床医になるのか、臨床医になるつもりならどの診療科に行くつもりなのか、などおおざっぱでいいので考えておくと、小論文や面接で問われたときにも答えられるでしょう。

順天堂大学医学部(後期)のセンター利用入試のボーダーライン推移

順天堂大学医学部では、センター利用で後期試験への出願もできます。前期と同様にセンター試験の点数によって一次選抜が行われ、面接と小論文で二次選抜がされる形式になっています。

 

後期試験で出願する際に、自分の点数で一次選抜を通過できるのか知るために、近年のボーダー得点率を知っておくことは必須であると言えるでしょう。

 

それでは、順天堂大学医学部の後期センター利用試験のボーダー得点率の推移を見ていきましょう。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 950 950 950 950 950
ボーダー点数 865 874 855 865 855
ボーダー得点率 91% 92% 90% 91% 90%
合格見込み得点率 91% 92% 90% 91% 90%
合格危惧得点率 91% 92% 90% 91% 90%

 

以上の通り、順天堂大学医学部の後期センター利用試験のボーダー得点率は91%前後を推移しています。また、この得点率は全国の私立大学医学部のセンター利用試験のボーダー得点の中で、2位という高さです。

 

ボーダー得点率の高さから、順天堂大学医学部の後期センター利用試験を受けるのであれば、センター試験対策は必須であると言えます。

 

また、91%というボーダーセンター試験の得点率は、センター試験の配点が大きい国公立大学医学部を受験する上で目標とする数値でもあります。したがって、国公立医学部を第一志望とする受験生は、順天堂大学のセンター利用試験を滑り止めに抑えておくのも1つの手として考えておくといいでしょう。

 

その一方で、二次試験に合格できる実力がなく、どうにかしてセンター利用で私立医学部に合格したい受験生は、91%という得点率は国公立医学部の受験生がを目指す得点率であることを考えると、早め早めにセンター試験対策を開始するべきであると言えるでしょう。

順天堂大学医学部(後期)のセンター利用入試の募集人数

2020年度の順天堂大学医学部の後期センター利用の募集人数は、わずか5名です。この人数は全国のセンター利用試験の募集人数の中でも特に少なく、狭き門であると言えるでしょう。

 

また順天堂大学のセンター利用試験では、二次試験では小論文や面接のみを行い、学科試験を行わない方針が採用されています。

 

募集人数が極めて少ないことや、二次試験で面接や小論文が実施されることを考えると、センター試験の対策だけでなく、面接や小論文の対策もしておくべきであると言えるでしょう。

順天堂大学医学部(後期)のセンター利用入試の科目や配点比率

センター試験:二次試験の配点比率

 

センター:二次 950:0

 

2020年度の順天堂大学医学部の後期センター利用試験の配点は、二次試験の配点が公表されていないことから950:0と表記しています。

 

一般に医学部の面接においては、人としての最低限のコミュニケーション能力やマナーを身に着けているかが評価されることが多いです。そのため、事前に面接の際のマナー(面接官が座っていいというまで座らない、背もたれに背中はつけないなど)について情報を集めておくべきでしょう。

 

一方で小論文の対策は、与えられたテーマについて理解できる程度の最低限の医学的知識をおさえておくことと、1000字程度の長文を書くことに慣れておくことが大切です。

 

センター試験の科目や配点

 

センター試験科目 配点
英語 250
数学 200
理科1 100
理科2 100
現代文 100
古文漢文 100
地歴公民 100
満点 950

 

以上の表が、順天堂大学医学部の後期センター利用試験のセンター試験内の得点配分になります。この得点配分の中で91%を獲得するのは至難の業です。

 

一般的に理系の受験生の多くは、文系科目で安定して高得点を取ることが難しい傾向があるかと思います。

 

そのような状態の中でセンター試験で9割を獲得するためには、「理系科目と英語で満点を取れる実力をつける」ことと「国語の中で比較的得点が安定する古文と漢文では満点をとれるようにする」ことが重要になってきます。

 

この2つを意識して対策をし、安定して9割前後の得点率を獲得できるようになるためにも早めに対策を開始しておきましょう。

 

二次試験の科目

 

二次試験の科目 実施の有無
学科 なし
面接 実施
小論文 実施
満点 配点なし

 

順天堂大学医学部の後期センター利用試験では面接と小論文のみが実施され、学科試験は実施されません。

 

学科試験の対策をしない分、二次試験への対策はいくぶんか楽になりますが、学科試験が行われないということは、面接や小論文の求められるレベルも上がるということを意味します。

 

何も対策をしないで受験会場に行くのは致命的であり、しっかりと準備をしたうえで二次試験を迎えるのが望ましいでしょう。具体的な対策としては、過去に面接で聞かれたことについて回答できるように自分なりに調べておきましょう。

 

また、質問内容から大学に何を求められているのか推測すること(医者としての倫理性なのか、それとも昨今の医学的ニュースへの興味なのかなど)、そして自分の将来像について考えておくこと(臨床医になるのか研究医になるのか)なども必要です。

 

センター利用以外の順天堂大学医学部の入試科目についても知りたい方は「【2020年】順天堂大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧」も確認してみましょう。

【2020年】順天堂大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
【2020年】順天堂大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
2019-10-21 17:27
順天堂大学医学部の入試日程 順天堂大学を含む私立大学医学部を受験するにあたり、入試日程を確認しておくことは非常に重要です。 私立大学の受験は、国公立大学との併願や複数の私立大学受...

 

また、順天堂大学以外の私立医学部センター利用入試やボーダーラインについてさらに詳しく知りたいという方は、「【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ」を参考にしてください。

医学部センター試験 ボーダーライン 国公立、私立大学まとめ
【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ
2020-04-17 22:13
センター試験のボーダーラインとは? 大学受験にあたり、「ボーダーライン」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。ボーダーラインとは、その志望校に合格する目安となる点数や...

 

順天堂大学医学部のセンター利用のボーダーや科目・配点を知ることで、自分が学習すべきことがある程度明確化されたのではないでしょうか。目標が定まったら、あとはどのように学習していくかが重要です。

 

しかし医学部受験生の中には、学習の仕方が間違っているために何度も浪人を重ねてしまっている受験生も存在します。

 

そこで武田塾医進館では、「生徒の自学自習を徹底的に管理」することに注力しています。具体的な学習カリキュラムの立て方や、合格に必要なノウハウを知りたい方は、まずは受験相談会に参加してみましょう。

 

無料で受験の悩みをなんでも解消できるので、入塾を迷っている方もぜひお申し込みください。

 

ほかにも、順天堂大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「順天堂大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

順天堂大学医学部の特徴や評判
順天堂大学医学部の特徴や評判
2019-12-26 02:10
順天堂大学医学部の特徴 沿革 順天堂大学は、1952年に新制大学として設立されました。当初は体育学部のみでしたが、設立と同じ1952年には医学部医学科も新設されています。 順天堂...