昭和大学医学部の小論文の過去問テーマや対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

昭和大学医学部の小論文概要

昭和大学医学部では二次試験で小論文試験を実施しています。小論文は得点化はされていませんが、面接と並んで二次試験の合否に影響するため、対策をしておく必要があります。

 

ここでは、昭和大学医学部の小論文試験について詳しく見ていきます。

 

試験時間

60分

 

指定文字数

600字

 

課題形式

テーマ型

 

配点

配点なし

昭和大学医学部の小論文の過去問テーマ

2013年

大学のモットーに対してどう思うか

昭和大学がモットーとして掲げている「至誠一貫」についてどう思うか、至誠一貫というモットーに対して自分ができることは何かを述べる問題です。患者に向けて至誠一貫の姿勢を貫くことはできるか想像して記述します。

 

2014年

生と死について

生と死とについて述べた文章を読み、どのような考えを持ったかというオーソドックスな問題です。生と死それぞれに対してどのような印象を抱いているかがを見られます。

写真に対して抱いた感想について

外国人の少女が窓越しにこちらを見る写真から、どのような印象を抱いたか述べます。写真にはどのような意図が込められていると思うか、物事の背景や裏側を見る力が問われます。

医療訴訟の問題について

医療の進歩とともに増加する医療訴訟の問題に対してどう思うか、医療訴訟が起きる原因は何かを考察します。また、自分が医療訴訟の当事者になった場合にどんな行動をとるかを論述する問題です。

 

2016年

急性期医療について

急性期の医療においては、「とことん型」と「まあまあ型」の2つの方針があるが、どのような人にどちらの治療方針が適しているか、また2つの方針それぞれにはどのような利点や欠点があるかを述べる問題です。実際の治療を想定した発展的な問題です。

地球温暖化問題について

地球温暖化によって人間の生活や健康にどのような影響が出ると考えられるか、さらなる地球温暖化を防止するためにはどのような取り組みをするべきかを考察する問題です。

選挙権年齢引き下げについて

公職選挙法が改正されて選挙権の与えられる年齢が引き下げられたが、それに対してどのような意見があるか述べる問題です。

 

さらに、選挙権の引き下げによってどのような変化が起きると考えられるかも問われたため、普段から政治に興味を持っているかどうかが見極められます。

 

2017年

「遊びの特徴」について

「遊びの特徴」について取り上げたテーマ文を読んで、あなたが思う「遊びの特徴」とは何かを述べる問題です。

医療とAIの関わりについて

進歩を続けているAIは医療現場でどのような活躍が期待できるか、AIと人間はどのようにして共存していくと考えられるか、現在のAIに残されている課題とは何かについて論述する問題です。

熱帯病の治療について

根絶することが非常に難しいとされる熱帯病に対して、なぜ根絶が簡単ではないのか、どのようにして熱帯病患者を減らしていくべきかについて自分の考えを展開する問題です。

 

2018年

医師の働き方について

近年では働き方改革が進められているが、激務として知られる医師の働き方についてどう思うかについての問題です。医師の長時間労働の問題を改善するためには、どのような改革をするべきと考えるか考えを述べる必要があります。

愛するということについて

エーリッヒ・フロム『愛するということ』を読んで、文中で取り上げられている「愛するという技術」とはどういうものか考えを述べる倫理的な問題です。

医療コストの問題について

医療技術の発展とともに、治療にかかるコストが増加している問題に対してどう思うか、また国民皆保険制度を維持していくために、どのような取り組みをするべきかについての問題です。よくあるテーマなので、取り掛かりやすいでしょう。

 

2019年

ゲノム研究の可能性について

ゲノム研究技術の発展が進んでいるが、ゲノム研究が医療に今後どのような貢献をすると考えられるか、また、ゲノム研究にはどのような課題や懸念が残されているかという倫理的な要素が組み込まれた出題です。

プラスチックごみの問題について

大量に排出されるプラスチックごみの問題について、どのような悪影響があるか、解決のためにはどんな取り組みをするべきかを述べる出題です。

昭和大学医学部の小論文対策

質問の意味を理解できるようにしよう

昭和大学医学部の小論文試験では、テーマとなる文章を読んだ後で、質問文に答える形で小論文を記述することになります。

 

そのため課題文だけでなく、質問の内容もきちんと読み取らなければ上手く記述することができません。テーマだけではなく、質問の意図や何を書くべきかも正確に把握してから小論文を書くようにしましょう。

 

テーマに対する自分の意見を持とう

昭和大学医学部の小論文ではテーマとなる文章が与えられ、それに対する自分の意見を述べることが求められます。そのため、テーマに対して一般論を述べているだけでは高評価を得ることはできません。

 

まずはテーマをよく理解して、自分がどのような考えを持ったかまとめてみましょう。課題文を読み、筆者の考えに対して、どの角度から自分の考えや根拠をアプローチしていけるかが重要です。

 

また、昭和大学以外の小論文の過去問テーマについて知りたい方は「【全大学まとめ】医学部の小論文の対策!過去問頻出テーマや書き方」も参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部の小論文の対策!過去問頻出テーマや書き方
【全大学まとめ】医学部の小論文の対策!過去問頻出テーマや書き方
2020-05-16 14:34
医学部の小論文とは? 全国の医学部では、小論文を課している大学が多く存在します。特に私立大学ではほとんどの大学で小論文試験を導入しており、小論文の概要や目的についてあらかじめ理解し...

 

医学部小論文は、ある程度の「型」を覚えた後は、ひたすら記述して第三者に添削してもらうことを繰り返すことが大切です。徹底的な個別指導を実施している武田塾医進館では、小論文でも個別対応ができるので、生徒につきっきりで添削します。

 

今なら無料の受験相談も実施していますので、小論文対策以外の学習ノウハウや指導方法についても知りたいという方はぜひお申し込みください。

 

ほかにも、昭和大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「昭和大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

昭和大学医学部の特徴や評判
昭和大学医学部の特徴や評判
2019-12-30 03:06
昭和大学医学部の特徴 沿革 昭和大学の前身である昭和医科大学は、1946年に昭和医科専門学校を母体として誕生しました。その後1964年に現在の昭和大学と名前を改め、医・歯・薬・保健...