私立医学部の学費を払えないとどうなる?知っておきたい6つの対策!
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

私立医学部の学費を払えないとどうなる?

医学部受験は、その入試難易度もさることながら、在学期間が6年間と長いこともあって学費が高いことでも知られています。

 

また国公立大学と私立大学の医学部で比べてみると、私立は特に学費が高く、最も安い大学で6年間に1,850万円程度、最も高い大学になると4,550万円と非常に高額になります。

 

さらに初年度には入学金や諸経費などの支払いも必要なため、300万円~1,000万円ほどのまとまった学費が必要です。

 

以下では、もし学費を支払えなかった場合にどのような状況になるのかをご説明します。

 

休学

医学部の学費は高額であり、授業の空き時間程度のアルバイトやパートだけで支払うのはとても難しいといえます。

 

そのため、どうしても学費が用意できない場合は休学してフルタイムで働くという選択肢もあります。多くの大学で休学中は一部の諸経費しかかからないため、ある程度のお金を貯めることができます。

 

しかし、学費は年間で数百万円かかるため、もしフルタイムで働いたとしても十分な金額を確保できず、再度休学するということにもなりかねません。以上のことから、休学して学費を貯めるのはあまり現実的ではありません。

 

退学、除籍

決められた学費を決められた期日までに支払えない場合、原則として退学、つまり除籍処分になってしまいます。勉強をたくさん頑張って医学部に入学できたのに、学費が払えないために退学となってしまっては、せっかくの努力が報われません。

 

現在は、大学のホームページや問い合わせ窓口、予備校が持っている情報など、さまざまな方法で学費を知ることができます。志望校を決めるときには、その大学の学費はどのくらいで支払える目処が立つかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

私立医学部の学費を払える家庭の特徴や親の年収

家庭の特徴

平均的な日本人のサラリーマンが一生で稼げる金額はおよそ2億円だと言われています。それを考えると、私立医学部で学ぶために必要な学費2,000~4,000万円はとても高額です。そのため、一般的に私立医学部の学費を支払えるのは裕福な家庭に限られてしまいます。

 

実際に医学部生の保護者の職業を調べてみると、ほとんどが開業医や勤務医などの医者であったり、大手企業の役員クラス、もしくは自営業、土地や不動産持ちといった裕福な家庭であるケースが多くみられます。

 

親の年収

それでは、実際に医学部生たちの家庭はどのくらい裕福で、世帯年収がどのくらいなのでしょうか。

 

一般的に勤務医の年収は約1,700万円、大企業の役員で約2,000万円~数億円と言われていることから、少なくとも私立の医学部生たちの世帯年収は1,000万円を超えている場合がほとんどです。

 

また、中には5,000万円を超えるような金融資産や貯蓄があるという世帯も多々あり、経済的にかなりの余裕があると言えます。

 

平均的なサラリーマンの年収は約430万円となっていることから、医学部生はいかに裕福な家庭に生まれた割合が多いかがわかります。

 

もし親の年収が1,000万円に届かず、金融資産や貯蓄もそれほど多くないという場合には、以下でご紹介する方法で学費を支払う必要があります。

私立医学部の学費を払えない方が知っておきたい対策

入学前にできること

国公立大学を狙う

そもそも私立大医学部の学費を支払うことが難しそうな場合は、国公立大学の医学部を目指すのが良いでしょう。国公立大学における6年間の学費は350万円程度であり、私立大学と比べると桁が1つ異なり、かなり安くなっています。

 

また、一部の公立高校を除いて大学毎の学費の差がないため、経済的な面で志望校選びの選択肢が狭まることがありません。

 

しかし、国公立大学は私立大と比べて偏差値が全体的に高く、入試科目も5教科7科目必要です。そのため、入試対策に不安がある受験生は、国公立大の入試にも対応した予備校に通うのがおすすめです。

 

国公立大学と私立大学の偏差値の差がどのくらいあるのか知りたい方は「【2020年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)」で確認してみましょう。

【2019年最新】医学部偏差値ランキング(国立:公立:私立大学)
【2020年最新】医学部偏差値ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-07-01 17:48
医学部の偏差値を知りましょう 医学部受験をするにあたり、事前にそれぞれの大学の偏差値を知っておくことは重要です。 特に国立大学の場合は、前期試験と後期試験で1校ずつしか受験するこ...

 

また、国公立大学を含めた各大学の入試科目について詳しく知りたい方は、「【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期/後期/私立)」も参考にしてください。

【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期後期私立)
【2020年】医学部入試日程、入試科目、配点一覧(国公立前期/後期/私立)
2019-09-09 13:17
国公立大学医学部の入試日程まとめ 国公立大学の試験日程は、国によって前期試験、後期試験ともに定められています。試験日程を把握しておき、本番から逆算して学習計画を立てて、それに向けて...

学費が安い私立医学部を狙う

経済的に余裕がなくても私立医学部に通いたいという方は、私立の中でも比較的学費が安いところを狙うのが良いでしょう。例えば、国際医療福祉大学は6年間の学費が1,850万円であり、私立医学部では最も安くなっています。

 

そのほか学費が安い私立大学は、国際医療福祉大と偏差値が同じくらいか、それよりも上の大学が多くを占めています。志望校のレベルを下げるにつれて必要な学費もより高くなる傾向があるため、偏差値と学費の両方の面で志望校選びするのが良いでしょう。

 

学費が安い私立医学部はどこか詳しく知りたい方は、「医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてください。

医学部学費ランキング(国立:公立:私立大学)
医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-06-13 00:46
医学部の学費事情 学費は国公立大学と私立大学で大きく異なる 日本における医学部の学費は、国公立大学と私立大学で大きく異なっています。 国公立大学では、医学部の学費は6年間で350...

学費が値下げされた大学を狙う

近年では、私立大学医学部の学費が引き下げられる傾向にあるため、学費が引き下げられた大学を狙うのがおすすめです。例えば、関西医科大学は2,970万円から2,770万円に、帝京大は1,100万円もの大幅な引き下げを行ったことで特に話題となりました。

 

また、学費の高さと偏差値は反比例する傾向にあるため、もともと「偏差値が低いが学費が高かった」大学が学費を下げるとなると、学力レベルの面でも経済的な面でも受験生としては非常に狙い目であると言えます。

 

さらに、その他の私立大学の学費も今後引き下げられる可能性があるため、常に最新の情報をチェックしておきましょう。

 

近年、学費が下げられた私立大学はどこか知りたい方は、「医学部学費は値下げブーム?近年金額を引き下げた私立大学一覧!」も参考にしてください。

医学部学費は値下げブーム?近年金額を引き下げた私立大学一覧!
医学部学費は値下げブーム?近年金額を引き下げた私立大学一覧!
2020-05-24 12:54
医学部学費は値下げブーム? 私立大学医学部の学費は、平均すると6年間でおよそ3,000万円と非常に高額なため、優秀な学生であっても経済的な理由で受験を断念するケースもあるのが現状で...

学費が免除される私立医学部を狙う

私立医学部でもっとも学費が安い大学は国際医療福祉大学ですが、医学部の中には一定の条件を満たすことで学費が全額免除になったり、大幅に免除される大学があります。該当する大学は、防衛医科大学校、自治医科大学、産業医科大学の3校です。

 

学費が免除される条件は、「卒業後に指定された医療機関で指定された期間に勤務する」などがあり、卒業後の進路に大きく影響します。学力だけでなく自分のやりたいことも考えて志望校選びの参考にしてみてください。

 

医学部の学費免除制度について詳しく知りたい方は、「医学部の学費を免除できる大学はどこ?金額や適用条件を徹底解説!」も参考にしてください。

医学部の学費を免除できる大学はどこ?金額や適用条件を徹底解説!
医学部の学費を免除できる大学はどこ?金額や適用条件を徹底解説!
2020-05-24 13:03
医学部の学費を免除できる大学がある? 数ある大学医学部のなかでも私立医学部の学費は特に高額であり、6年間の合計の学費は最も安い大学で約2,000万円、もっとも高い大学で4,000万...

入学後にできること

学費のローンを利用する

いざ入学したあとに、支払いが難しくなってしまった場合は、学費のローンを利用するのが一般的です。学費のローンの対象になるのは、日本政策金融公庫の学資ローン、労働金庫が運営する学資ローン、銀行などが貸し付ける民間の教育ローンがあります。

 

利息は日本政策金融公庫の学資ローンが最も安くおよそ2%程度ですが、民間の場合は3~10%と企業やプランによって大きく異なります。

 

また、教育ローンは奨学金と違って在学中にも返済義務が発生するため、返済する保護者らときちんと相談し、無理のないローンを組むようにしましょう。

 

教育ローンについてさらに詳しく知りたい方は、「医学部の学費を教育ローンで支払う方法!国や銀行で借りる金利や上限金額は?」も参考にしてください。

医学部の学費を教育ローンで支払う方法!国や銀行で借りる金利や上限金額は?
医学部の学費を教育ローンで支払う方法!国や銀行で借りる金利や上限金額は?
2020-05-24 12:30
医学部の学費支払いに有効な教育ローンとは? 修業年数が6年にも渡る医学部の学費は、国立大学でも約350万円、私立大学では約2,000~4,000万円と、他学部に比べ負担が大きくなっ...

奨学金や特待制度を利用する

学費の高い医学部では、大学によっては奨学金や特待制度が用意されており、これらの制度を利用することで支払う金額を減らすことができます。

 

制度を利用するためには家庭の年収や出身地域など、特定の条件が付いている場合がほとんどで、全員が対象となっているわけではありません。

 

また出身地域などのように、入学後の努力では満たせない条件もいくつかあるため、あらかじめ大学によって異なる支給金額や条件を大学の窓口やWebサイトで確認しておくと良いでしょう。

 

医学部の奨学金や特待制度についてさらに詳しく知りたい方は、「奨学金や特待制度で医学部の学費を工面する方法を徹底解説!」も参考にしてください。

奨学金や特待制度で医学部の学費を工面する方法を徹底解説!
奨学金や特待制度で医学部の学費を工面する方法を徹底解説!
2020-05-24 12:45
医学部の学費の支払いに困ったら奨学金制度や特待制度を利用しよう みなさんの中には、医学部への進学に興味はあるけれども、高額な学費がネックとなって諦めようとしている方はいないでしょう...

 

医学部を目指す上での経済的な不安が解消されたら、あとは勉強あるのみです。徹底的な個別指導で逆転合格を目指す武田塾医進館では、わからない箇所をわからないままにしない「100点をとるまで帰れないテスト」で学力を向上させます。

 

今なら無料の受験相談会を実施しており、武田塾医進館の学習カリキュラムなども詳しく聞けるので、ぜひ気軽に申し込みしてください。

 

医学部学費のおすすめ記事
学費ランキング 医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)
学費払えない 私立医学部の学費を払えないとどうなる?知っておきたい6つの対策!
奨学金・特待制度 奨学金や特待制度で医学部の学費を工面する方法を徹底解説!
教育ローン 医学部の学費を教育ローンで支払う方法!国や銀行で借りる金利や上限金額は?
学費免除 医学部の学費を免除できる大学はどこ?金額や適用条件を徹底解説!
値下げブーム 医学部学費は値下げブーム?近年金額を引き下げた私立大学一覧!