慶應義塾大学医学部の小論文の過去問テーマや対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

慶應義塾大学医学部の小論文概要

慶應義塾大学医学部の入学試験では、第2次試験で小論文が行われています。小論文の配点は公表されていませんが、第2次試験で行われる面接と併せて総合評価の一つとされるので、しっかりとした小論文対策を行う必要があります。

 

ここでは、慶應義塾大学医学部の小論文の概要、過去に出題されたテーマ、小論文の対策ポイントをご紹介します。

 

試験時間

50分

 

指定文字数

600〜700字

 

課題形式

テーマ型

 

配点

なし

慶應義塾大学医学部の小論文の過去問テーマ

2016年

赤ちゃんポストを利用した人にどのような言葉をかけるか

医学部卒業生の知人から赤ちゃんポストを利用したことを明かされたとし、ポストが閉まったときの知人の気持ちを、知人の言葉として表現する問題です。また、知人にどのような言葉をかけるかについても触れます。

 

ニュースで話題となった赤ちゃんポストに対する倫理観や、相手の立場を理解した対応を考え、人とのコミュニケーション力や社会問題に対する意識が問われるテーマとなっています。

 

2017年

治療費を支払うお金がない人の治療を受ける権利について

国民皆保険制度により、現在の日本では保険証があれば3割負担で医療を受けることが可能です。

 

それでも、経済的な理由からレントゲンや薬を断る患者がいることや、国民皆保険制度の存続の危機、高額な保険診療が承認されるなど、医療とお金についての考えを述べる問題です。

 

社会問題にもなっている医療とお金に関する問題で、医療の提供理由や医療機関のあり方を伝える一方で、病院の経済事情についても考えなくてはならない、医療とお金のバランスが問われるテーマです。

 

2018年

末期癌の患者に担当になった研修医としてどのような声をかけるか

末期癌の患者が「癌によく効く湧き水」の効果を信じ、インターネットで注文したその水だけを摂取している場合、担当の研修医としてどのような言葉をかけるかについての出題です。また、人生の意味についての考えを述べていきます。

 

民間医療に対する自分の考えと、末期癌患者とのコミュニケーション力が問われる、医学部ならではのテーマとなっています。

 

2019年

児童虐待をなくすにはどうしたら良いか

ニュース大きく取り上げられ社会問題となっている児童虐待について、どのような考えを持っているかについて持論を述べます。また、児童虐待をなくすためにはどのような取り組みをすると良いか考察します。

 

児童虐待の発見には医療機関との連携が重要とされており、医師として児童虐待発見やに対する意識が問われるテーマとなっています。

慶應義塾大学大学医学部の小論文対策

50分で簡潔にまとめる構成力を身につけよう

50分の間に600文字から700文字に文章をまとめるには、スピードと論理展開が明確となった構成力が必要となります。

 

どのくらいの時間で、どのくらいの文字数の文章が書けるかを把握しておくことも必要です。文章の流れを意識して、文章をまとめる練習をすると良いでしょう。

 

また、過去には話し言葉として表現するテーマが出題されています。話し言葉と書き言葉では単語の使い分けが異なるため、適した言葉を正しく使えるようにしておきましょう。

 

「ら抜き言葉」「い抜き言葉」など、普段何気なく使っている言葉にも注意が必要となります。

 

医療時事をはじめ社会問題を把握しておこう

過去のテーマを振り返ると直接医療に関する出題ではなく、児童虐待、末期癌患者、医療費など、医療の関わりもある社会問題がテーマとして出題されている傾向があります。

 

日頃からニュースや新聞で話題となっている社会問題や医療問題を意識して、問題点を抑えるようにしておくと良いでしょう。

 

さらに情報を得て知識を広げるだけではなく、問題点を深く掘り下げて自分の考えを述べられるように、社会問題と医療に関して当事者としての意識を持つことが大切です。

 

また、慶應義塾大学以外の小論文の過去問テーマについて知りたい方は「【全大学まとめ】医学部の小論文の対策!過去問頻出テーマや書き方」も参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部の小論文の対策!過去問頻出テーマや書き方
【全大学まとめ】医学部の小論文の対策!過去問頻出テーマや書き方
2020-05-16 14:34
医学部の小論文とは? 全国の医学部では、小論文を課している大学が多く存在します。特に私立大学ではほとんどの大学で小論文試験を導入しており、小論文の概要や目的についてあらかじめ理解し...

 

医学部小論文は、ある程度の「型」を覚えた後は、ひたすら記述して第三者に添削してもらうことを繰り返すことが大切です。徹底的な個別指導を実施している武田塾医進館では、小論文でも個別対応ができるので、生徒につきっきりで添削します。

 

今なら無料の受験相談も実施していますので、小論文対策以外の学習ノウハウや指導方法についても知りたいという方はぜひお申し込みください。

 

ほかにも、慶應義塾大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「慶應義塾大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

慶應義塾大学医学部の特徴や評判
慶應義塾大学医学部の特徴や評判
2019-12-26 02:16
慶應義塾大学医学部の特徴 沿革 慶應義塾大学は、1858年福澤諭吉による蘭学の家塾を起源にもち、1920年日本最初の旧制私立大学の一つとして発足しました。医学部は1873年に創設さ...