獨協医科大学医学部の小論文の過去問テーマや対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

獨協医科大学医学部の小論文概要

獨協医科大学医学部の一次試験では小論文試験も実施されます。配点はありませんが、段階評価で二次試験の合否に影響します。

 

ここでは獨協医科大学医学部の小論文試験について取り上げ、過去問や対策についても紹介します。

 

試験時間

90分

 

指定文字数

要約文200字、本文600字

 

課題形式

課題文読解型

 

配点

配点なし

獨協医科大学医学部の小論文の過去問テーマ

2014年

マスコミによる24時間の取材に対してどう思うか

スポーツ選手などがマスコミによって24時間通しての取材をされることをどう思うかについての出題です。マスコミによる取材には、どのような良い影響、悪い影響があると考えられるかを述べていきます。

高齢化社会についてどう思うか

現在の日本が高齢社会になっていることをどう思うかについての出題です。また高齢化にはどのような問題点があるか、高齢化を解決するためにはどのような取り組みをするべきかについても、自分の意見を述べる必要があります。

 

2015年

子どものいじめ問題について

児童のいじめに対してどう思うかを論述する問題です。なぜいじめ問題が生じるのか、いじめを解消するための方法はあるかなど、自分が小学生の頃などを思い返して、当事者意識を持って生活していたのか、主体的に生きてきたのかも見られます。

腰痛についての医学論文

腰痛をテーマとする簡単な医学論文を読んだうえで、論文で取り上げられている要点をまとめ、自分がどのような意見を持ったかについて述べる問題です。簡単な医学論文を読破するにある程度の免疫力があった方が良いでしょう。

 

2016年

インフォームドコンセントについて

さまざまな場面でのインフォームドコンセントについて取り上げた課題文を読み、インフォームドコンセントに対しての意見や重要性について述べる問題です。医療に直結するテーマなので、うまく自分の考えが伝えられないとマイナス評価になる恐れがあります。

 

2017年

目の見えない人について

『目の見えない人は世界をどう見ているのか』という課題文を読み、ポイントを要約して自分の意見についても述べる問題です。医師としての倫理観や相手のことを想う気持ちがあるかについて問われています。

現代で重要視されている統計学について

『統計学が最強の学問であるーデータ社会を生き抜くための武器と教養』という課題文を読んだうえで、統計学の重要性や、統計学をどのような場面で活かせるかについて述べる問題です。医師として、数字やデータの重要性を述べる力が問われています。

 

2018年

難手術に踏み切るべきか

『難手術に挑む「匠の手」ー上山博康』という課題文を読み、外科手術を行うべきかの判断について述べる出題です。正解がないともとれるこのタイプのテーマにおいて、多角的に物事を考えて意見する力が見られます。

リーダーシップについて

『組織のあり方 全員が対等なリーダー』という文章を要約し、課題文の内容について意見を述べ、リーダーシップとはどういうものかまとめる。特に大学病院など、医者の世界は縦社会とも言われる中で、理想的なリーダー像などについての考えを見られます。

 

2019年

医師に適した人物像について

課題文『学力が高いだけで医者になってはいけない』を読んで、学力以外に医師として求められる能力は何かを述べる問題です。面接対策などで「どのような医師になりたいか」ということを常に考えていた受験生であれば、比較的書きやすい出題でしょう。

やまゆり園事件について

『言葉を失うときー相模原障碍者殺人事件から二年目に考えることー』を課題文として、実際に起こった事件に対しての意見や、障碍者(障害者)福祉の問題について述べる問題です。日頃の医療ニュースを見て、自分の意見を持っているかが問われます。

獨協医科大学医学部の小論文対策

課題文を要約する力を付けよう

獨協医科大学医学部の小論文試験では、受験生自身の意見文だけではなく、課題文を200字に要約することが求められます。

 

自分の意見を述べる力ももちろん必要ですが、課題文のポイントを押さえて分かりやすくまとめることができるようにしておきましょう。文章を読みながら重要な部分を把握する習慣をつけると良いでしょう。

 

時間配分を意識して練習しよう

獨協医科大学医学部の小論文試験ではそれほど高度な課題文が出されることはなく、専門的な知識を求められることも少ないです。

 

そのため、きちんと時間内に小論文をまとめ上げるという基本的な能力が重要となります。特に獨協医科大学医学部では意見文だけでなく要約も必要となるので、普段から時間配分を意識しておきましょう。

 

また、獨協医科大学以外の小論文の過去問テーマについて知りたい方は「【全大学まとめ】医学部の小論文の対策!過去問頻出テーマや書き方」も参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部の小論文の対策!過去問頻出テーマや書き方
【全大学まとめ】医学部の小論文の対策!過去問頻出テーマや書き方
2020-05-16 14:34
医学部の小論文とは? 全国の医学部では、小論文を課している大学が多く存在します。特に私立大学ではほとんどの大学で小論文試験を導入しており、小論文の概要や目的についてあらかじめ理解し...

 

医学部小論文は、ある程度の「型」を覚えた後は、ひたすら記述して第三者に添削してもらうことを繰り返すことが大切です。徹底的な個別指導を実施している武田塾医進館では、小論文でも個別対応ができるので、生徒につきっきりで添削します。

 

今なら無料の受験相談も実施していますので、小論文対策以外の学習ノウハウや指導方法についても知りたいという方はぜひお申し込みください。

 

ほかにも、獨協医科大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「獨協医科大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

獨協医科大学医学部の特徴や評判
獨協医科大学医学部の特徴や評判
2019-12-21 20:52
獨協医科大学医学部の特徴 沿革 獨協医科大学は、桂太郎らが創設した独逸学協会をルーツとしています。同学園を母体として、1973年に医学部の単科大学として創設されました。 2007...