金沢医科大学医学部学費
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

金沢医科大学医学部の学費

金沢医科大学の医学部で6年間にかかる学費の総額は3,950万円です。

 

初年度は入学金200万円がかかることと教育充実費も400万円と高額であるため、1年目にかかる学費の総額は1,100万円もかかります。

 

2年目以降は入学金がなくなることや、教育充実被が100万円に下がることもあり、年間にかかる学費は600万円になります。

 

5年目には教育充実費が50万円にさがるので、年間にかかる学費は550万円になります。さらに6年目には教育充実費が必要なくなるので、年間にかかる学費は500万円になります。

 

このように、5,6年目になるにつれて年間の納める学費が少なくなっていくのが金沢医科大学の学費の特徴です。

 

初年度に1,100万円、2~4年目は600万円、5年目は550万円、6年目には500万円なので6年間にかかる学費の総額は3,950円になります。

 

3,950万円という金額が6年間にかかる学費の総額ですが、私立大学の医学部の中ではやや高額な部類に入ります。

 

金沢医科大学の医学部に毎年かかる学費を表にまとめると下記のようになります。

 

学費名 初年度 2~4年目 5年目 6年目 6年間合計
授業料 330万円 330万円 330万円 330万円 1980万円
入学金 200万円 0円 0円 0円 0円
実験実習費 0円 0円 0円 0円 0円
施設設備金 170万円 170万円 170万円 170万円 1,020万円
教育充実費 400万円 100万円 50万円 0円 750万円
維持費他 0円 0円 0円 0円 0円
合計 1,100万円 600万円 550万円 500万円 3,950万円

金沢医科大学医医学部の学費の内訳

入学金

金沢医科大学医学部の入学金は200万円です。国公立大学の入学金は282,000円で一律であることを考えると、金沢医科大学医学部の入学金は国立大学の7倍強とかなり高額になります。

 

入学金200万円というのは、私立大学の医学部の中でも高い部類に入り、金沢医科大学の1年目の支払額が1,000万円を超える理由の1つにもなっています。

 

授業料

金沢医科大学医学部では年間330万円の授業料がかかります。国立大学医学部の授業料が535,800円と一律であることを考えると、金沢医科大学医学部の授業料は6倍強とかなり高額です。

 

金沢医科大学医学部の授業料は、全国の私立大学医学部の中でも比較的高額な部類になり、入学できるのは経済的に余裕にあるご家庭のお子様に限られてきます。

 

その他費用

費用名 金額
医学生総合保険料 107,000円(6年間分)
北辰同窓会入会金 200,000円
北辰同窓会費 100,000円
橘会(父母の会)入会金 100,000円
橘会(父母の会)会費 216,000円
橘会(父母の会)国試対策事業負担金 200,000円
学友会費 20,000円
合計 943,000円

 

金沢医科大学医学部では、入学金と授業料のほかにも、医学生総合保険料、北辰同窓会入会金、北辰同窓会費、橘会入会金、橘会会費、橘会国試対策事業負担金、学友会費がかかってきます。 学友会費のみ毎年かかりますが、それ以外は初年度のみにかかる費用です。

 

これらを合計すると943,000円が初年度にかかります。 金額の大半を北辰同窓会と橘会(父母の会)の会費となっていますが、それぞれ6年間分と終身会費なので初年後のみかかる費用です。

 

また医学生総合保険料は、保険会社の保険料率算定により若干変更することがあります。

金沢医科大学医学部の学費の支払いを軽減する方法

前述の通り、金沢医科大学は私立大学であるため医学部の学費がかなり高額になります。6年間では実に3,950万にもなります。

 

しかし学費が高額という理由だけで金沢医科大学の医学部への入学を諦めることのないように、金沢医科大学医学部には「特別奨学金貸与制度」が設けられています。

 

奨学金

金沢医科大学医学部には、医学・医療分野で貢献する人材を育成する目的として「特別奨学金貸与制度」「日本学生支援機構奨学金制度(第一種・第二種)」とが設けられています。

特別奨学金貸与制度

金額 毎年330万円(6年間合計1,980万円)
人数 3名まで
対象者 一般入試(前期)から2名まで/指定地域推薦試験から1名まで

 

特別奨学金貸与制度に申請するためには「医学部を卒業後に金沢医科大学に勤務し、医学の発展に寄与する意志を持っている者に限る。」という条件があります。

 

卒業後には奨学金の全額を一括返還する義務が生じますが、卒業と同時に金沢医科大学に勤務し、勤務期間が5年間に達した場合は返還義務が免除されます。

 

仮に勤務期間が5年間に満たない場合には、貸与された奨学金に年10%の利息を付して一括返還しなければなりません。ただし金沢医科大学に勤務した期間に応じた免除額は控除されます。

日本学生支援機構奨学金制度/第一種(無利息貸与)

金額 いずれかを選択

自宅通学:20,000円/30,000円/40,000円/54,000円

自宅外通学:20,000円/30,000円/40,000円/50,000/64,000円

人数 若干名
対象者 学業優秀、品行方正、身体強健で家庭事情から学費の負担が困難な者

 

日本学生支援機構奨学金制度/第二種(有利息貸与)

金額 20,000円/30,000円/40,000円/50,000円/ 60,000円/70,000円/80,000円/90,000円/ 100,000円/110,000円/120,000円/160,000円 から選択
人数 若干名
対象者 学業優秀、品行方正、身体強健で家庭事情から学費の負担が困難な者

 

日本学生支援機構奨学金制度(第一種・第二種)は、学業が優秀で品行方正かつ身体強健であり、家庭事情から学費の支払いが困難な者の中から選ばれます。

 

また、他大学の学費や奨学金制度、授業料減免制度などについて詳しく知りたい方は、「医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

医学部学費ランキング(国立:公立:私立大学)
医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-06-13 00:46
医学部の学費事情 学費は国公立大学と私立大学で大きく異なる 日本における医学部の学費は、国公立大学と私立大学で大きく異なっています。 国公立大学では、医学部の学費は6年間で350...