愛知医科大学医学部のセンター利用入試のボーダーライン推移
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

愛知医科大学医学部のセンター利用入試のボーダーライン推移

私立医学部の中には、国公立大学のようにセンター試験と二次試験の結果次第で入学できるセンター利用入試を採用しているところも存在します。

 

センター利用では二次試験が面接だけという大学も多く、この方式ならセンター試験の勉強に専念しやすく、国公立を併願する場合は二次試験対策の時間を多くとることができるので、受験勉強をするにあたって負担を軽減できるでしょう。

 

しかし、本命でも滑り止めでも合格しなければ意味がありません。そこで愛知医科大学医学部のセンター利用入試の合格ボーダーラインの推移を紹介します。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 700 700 700 700 700
ボーダー点数 602 602 595 602 581
ボーダー得点率 86% 86% 85% 86% 83%
合格見込み得点率 86% 89% 85% 86% 87%
合格危惧得点率 86% 83% 85% 86% 79%

 

愛知医科大学のセンター利用入試の合格ラインは85%前後であり、偏差値は65前後と私立の医学部の中でも比較的難易度が低めの大学です。2020年度の入試は例年よりもハードルが下がり、合格ボーダーラインも83%と低めの結果となりました。

 

愛知医科大学ではセンター利用で前期試験と後期試験を実施していますが、前期試験では古文漢文や社会という受験科目が不要でこの得点率がとれれば良いので、医学部を志す受験生からすると、かなり目指しやすいボーダー得点率であると言えます。

愛知医科大学医学部のセンター利用入試の募集人数

愛知医科大学医学部のセンター利用入試の募集人数は15名です。この限られた枠に毎年800名~900名程度が志願しており、倍率は毎年15倍前後となっています。

 

ただし、実際の合格者数は毎年3倍以上となっており、2019年度のセンター利用入試の合格者数は15名に対して91名と、従来の定員の6倍を超える結果となりました。

 

したがって、定員は実質50名程度、一般入試の倍率が低かった年は特に多めに合格させる傾向があるので、センター試験の自己採点をしてみて合格ラインギリギリだったとしても諦めないことが大切です。

 

またセンター利用入試の後期の定員は5名ですが、こちらも従来の定員より多く、2019年度は11名が合格しました。

愛知医科大学医学部のセンター利用入試の科目や配点比率

センター試験:二次試験の配点比率

 

センター:二次 700(前期)/800(後期):-

 

愛知医科大学のセンター利用入試では、前期・後期に関係なく二次試験はあるものの、二次試験の結果を得点化することはありません。

 

センター試験の点数を点数化しつつ、二次試験の面接の結果を5段階で評価するだけです。したがって、実質センター試験の結果のみで合否がほとんど決まるものと思っておくのが良いでしょう。

 

センター試験の科目や配点

 

センター試験科目 前期配点 後期配点
英語 200(リス40を含む) 200(リス40を含む)
数学 200 200
理科1 100 100
理科2 100
現代文 100 100
古文漢文 100
地歴公民 100
満点 700 800

 

愛知医科大学のセンター利用入試の受験科目は前期と後期で異なります。

 

前期・後期に関係なく英語・数学・理科2科目は必須ですが、前期は現代文100点のみなのに対して、後期は社会(地歴公民から1つ)100点、国語も現代文に加えて古文・漢文を加えた200点満点です。一方で、後期試験では理科が1科目のみとなります。

 

基本的に医学部入試では、難易度に関係なく理系科目の対策を徹底的に行う人が多い傾向にあります。その一方で、文系科目は得意不得意が大きく別れます。特に私立は国語が必要ない大学も多く、私立専願で国語の対策を徹底的に行う学生は限られています。

 

しかし愛知医科大学では、センター利用入試の前期試験で現代文が課されるので、現代文の結果も合否に大きく影響してきます。さらに後期に関しては、古文漢文だけでなく地歴公民も加わり、国公立大学を受けるように総合的に学習することが求められます。

 

このように愛知医科大学は、前期・後期に関係なく、文系科目が得意な受験生が不利とならないような配点であり、各科目で満遍なく得点する力が求められます。

 

二次試験の科目

 

二次試験の科目 実施の有無
学科 なし
面接 実施(5段階評価)
小論文 なし
満点 配点なし

 

愛知医科大学医学部の二次試験は、前期・後期ともに5段階評価の面接のみとなっています。面接の採点基準は公表されていませんが、しっかり受け答えをして自分をアピールできれば問題ないでしょう。

 

具体的には、高校生活でどんなことを頑張ったのか、医学部をどうして志望しているのかなど答えやすい質問が多いので、当日焦らないようにリラックスして面接に挑むことが大切です。

 

また、愛知医科大学医学部の受験者は毎年圧倒的に浪人生が多いです。浪人した原因や浪人生活のことなど、少し不利になるような質問をされることもありますが、毎年多くの浪人生が合格している事実もあるので、落ち着いて答えるようにしましょう。

 

センター利用以外の愛知医科医学部の入試科目についても知りたい方は「【2020年】愛知医科大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧」も確認してみましょう。

愛知医科大学医学部の 入試日程、入試科目、 配点一覧
【2020年】愛知医科大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
2019-11-05 11:31
愛知医科大学医学部の入試日程 愛知医科大学医学部のような私立大学医学部の試験を受ける受験生は、まず入試本番の日程を知っておくとよいでしょう。あらかじめ入試日程を知っておくことで、受...

 

また、愛知医科大学以外の私立医学部センター利用入試やボーダーラインについてさらに詳しく知りたいという方は、「【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ」を参考にしてください。

医学部センター試験 ボーダーライン 国公立、私立大学まとめ
【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ
2020-04-17 22:13
センター試験のボーダーラインとは? 大学受験にあたり、「ボーダーライン」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。ボーダーラインとは、その志望校に合格する目安となる点数や...

 

愛知医科大学医学部のセンター利用のボーダーや科目・配点を知ることで、自分が学習すべきことがある程度明確化されたのではないでしょうか。目標が定まったら、あとはどのように学習していくかが重要です。

 

しかし医学部受験生の中には、学習の仕方が間違っているために何度も浪人を重ねてしまっている受験生も存在します。

 

そこで武田塾医進館では、「生徒の自学自習を徹底的に管理」することに注力しています。具体的な学習カリキュラムの立て方や、合格に必要なノウハウを知りたい方は、まずは受験相談会に参加してみましょう。

 

無料で受験の悩みをなんでも解消できるので、入塾を迷っている方もぜひお申し込みください。

 

ほかにも、愛知医科大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「愛知医科大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

愛知医科大学医学部の特徴や評判
愛知医科大学医学部の特徴や評判
2020-01-02 19:30
愛知医科大学医学部の特徴 沿革 愛知医科大学は1971年に設立された新制大学の一つであり、旧制における愛知医科大学は現在の名古屋大学にあたります。医学部は大学設立と同じ1971年に...