藤田医科大学医学部のセンター利用入試のボーダーライン推移
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

藤田医科大学医学部のセンター利用入試のボーダーライン推移

私立大学医学部の中には、センター利用入試を導入している大学もあります。藤田医科大学もそのひとつで、センター試験の得点を利用して受験することができます。

 

センター利用入試に出願する場合には、センター試験でのボーダーラインをあらかじめ把握しておきましょう。ここでは藤田医科大学医学部のボーダーラインについて見ていきましょう。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 700 700 900 900 900
ボーダー点数 616 609 774 792 756
ボーダー得点率 88% 87% 86% 88% 84%
合格見込み得点率 88% 91% 91% 93% 89%
合格危惧得点率 88% 83% 83% 84% 80%

 

藤田医科大学医学部のセンター利用入試におけるボーダーラインは上記の通りです。直近5年間のボーダー得点率は84~88%で、2020年度には前年度よりも大きく下がって84%となっています。

 

センター利用入試でのボーダー得点率が84%というのは、センター利用入試を実施している20校の私立大学医学部の中で19位と下位に位置しています。そのため、私立大学医学部のセンター利用入試の中では合格難易度が低めであると言えます。

 

ただし、センター利用の中ではボーダー得点率が低めではあるものの、合格見込み得点率は89%とかなり高めの水準です。センター利用での合格を実現するためには、センター試験への対策を万全にしておく必要があるでしょう。

 

当然のことですが、センター試験で十分な得点ができないと、センター利用での合格見込みはなくなってしまいます。

藤田医科大学医学部のセンター利用入試の募集人数

2020年度の藤田医科大学医学部のセンター利用の募集人数は15名です。一般入試での募集人数が90名なので、医学部の定員のうちおよそ14%をセンター利用が占めていることになります。

 

定員に占める割合は少ないものの、15名という募集人数は私立大学医学部のセンター利用の中では十分多く枠が設けられている大学であると言えます。

藤田医科大学医学部のセンター利用入試の科目や配点比率

センター試験:二次試験の配点比率

 

センター:二次 900:100

 

藤田医科大学医学部のセンター利用入試における得点比率は、センター試験と二次試験で9:1となっています。総得点の9割はセンター試験によるものなので、センター試験を非常に重視した入試内容であると言えます。

 

そのため、合格のためにはセンター試験対策に特に力を入れる必要があります。センターで失敗すると二次試験でカバーすることは難しいので注意しましょう。二次試験は面接試験のみなので、対策はしやすいです。

 

センター試験の科目や配点

 

センター試験科目 配点
英語 250
数学 250
理科1 125
理科2 125
現代文 50
古文漢文 50
地歴公民 50
満点 900

 

藤田医科大学医学部のセンター利用入試の科目と配点は上記の通りです。

 

国語と社会の配点が低めに設定されているので、文系科目であるこの2科目が苦手な方でも出願しやすい試験となっています。特に社会の配点は50と少ないので、他科目でカバーしやすいです。

 

英語・数学・理科は同じ配点になっているので、これらの科目ではバランスよく得点できるよう十分な学習をしておく必要があります。こちらの3科目では苦手科目を作らないようにしましょう。

 

二次試験の科目

 

二次試験の科目 実施の有無
学科 なし
面接 実施(100)
小論文 なし
満点 100

 

藤田医科大学医学部のセンター利用の二次試験では、面接試験のみが実施されています。二次試験において学科試験や小論文試験が課されることはありません。

 

面接試験のみ対策すれば良いので、小論文対策などに時間を割く必要性がありません。面接本番できちんと対応できるよう、模擬面接などを体験しておくと良いでしょう。

 

センター試験に比べ配点が100と少ないので、多少の失敗はセンター試験で高得点が取れている方であれば問題ありません。面接をリラックスして受けるためにも、センター試験で高得点を狙いましょう。

 

センター利用以外の藤田医科医学部の入試科目についても知りたい方は「【2020年】藤田医科大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧」も確認してみましょう。

藤田医科大学医学部の 入試日程、入試科目、 配点一覧
【2020年】藤田医科大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
2019-11-05 11:48
藤田医科大学医学部の入試日程 藤田医科大学医学部の入試に備えて、まず入試日程を確認しておくことがとても大切です。私立大学医学部の場合は、志望校同士の入試日程が重なってしまうケースも...

 

また、藤田医科大学以外の私立医学部センター利用入試やボーダーラインについてさらに詳しく知りたいという方は、「【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ」を参考にしてください。

医学部センター試験 ボーダーライン 国公立、私立大学まとめ
【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ
2020-04-17 22:13
センター試験のボーダーラインとは? 大学受験にあたり、「ボーダーライン」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。ボーダーラインとは、その志望校に合格する目安となる点数や...

 

藤田医科大学医学部のセンター利用のボーダーや科目・配点を知ることで、自分が学習すべきことがある程度明確化されたのではないでしょうか。目標が定まったら、あとはどのように学習していくかが重要です。

 

しかし医学部受験生の中には、学習の仕方が間違っているために何度も浪人を重ねてしまっている受験生も存在します。

 

そこで武田塾医進館では、「生徒の自学自習を徹底的に管理」することに注力しています。具体的な学習カリキュラムの立て方や、合格に必要なノウハウを知りたい方は、まずは受験相談会に参加してみましょう。

 

無料で受験の悩みをなんでも解消できるので、入塾を迷っている方もぜひお申し込みください。

 

ほかにも、藤田医科大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「藤田医科大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

藤田医科大学医学部の特徴や評判
藤田医科大学医学部の特徴や評判
2020-01-02 19:18
藤田医科大学医学部の特徴 沿革 藤田医科大学の前身である名古屋保健衛生大学は1968年に誕生し、当初は衛生技術学科と衛生看護学科が置かれていました。1971に医学部が設置され、その...