秋田大学医学部のボーダーラインやセンター足切り点数
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

秋田大学医学部(前期)のボーダーライン推移

医学部受験をする上で、志望校のボーダーラインを知ることは、目標を見定め受験勉強に活かしていく上で非常に大切なことです。現在の実力と合格までの差異を知ることで、これからの勉強の指針となるでしょう。

 

以下では、秋田大学医学部のボーダーラインを紹介します。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 550 550 550 550 550
ボーダー点数 473 457 468 457 462
ボーダー得点率 86% 83% 85% 83% 84%
合格見込み得点率 89% 85% 89% 88% 87%
合格危惧得点率 82% 78% 82% 78% 78%

 

秋田大学医学部前期日程のボーダー得点率は、過去5年間で83~86%の間で推移しています。この推移の振れ幅は、他大学医学部と比較すると大きめですが、ボーダー点数自体は医学部としてはかなり低い水準となっています。

 

前期日程が同じようなレベルの大学としては、島根大学や香川大学、高知大学など地方国公立医学部が挙げられます。秋田大学医学部の受験を検討している方は、これらの大学も参照して比較検討するのが良いでしょう。

 

また合格見込み点数は85~89%の間で推移しているので、確実に狙いたい人は89%程度を目指すのが良いでしょう。

 

一方の合格危惧点数は78~82%の間で推移しています。こちらも他大学と比較して振れ幅が大きめですが、医学部に求められる点数としてはかなり低い方となっています。

秋田大学医学部(前期)の第一選抜試験制度とセンター足切り点数

第一段階選抜制度とは、受験志望者の倍率が募集定員の一定以上を超えた場合に試験の点数で選抜を行う制度のことです。大学側が定めた点数に満たない場合は足切りとなり、二次試験を受けることができません。

 

以下では、2020年度の秋田大学医学部前期日程の第一段階選抜制度を紹介します。

 

第一段階選抜制度 あり
2020年度実施 あり
満点 900
足切り点数 640
足切り得点率 71%

 

秋田大学医学部前期日程の第一段階選抜は、志願者数が定員55名の約5倍を超えた場合に行われると発表されています。2020年度入試では、倍率が6.6倍となって基準の5倍を超えたため、第一段階選抜が実施されました。

 

過去5年間をみると、秋田大学医学部前期日程では、第一段階選抜は実施される年もあればされない年もあります。

 

今後も実施される可能性とされない可能性がありますが、第一段階選抜が実施されている年度であっても足切り点は7割強の得点率なので、医学部を目指す受験生にとってはさほど気にならない程度の足切りラインであると言えるでしょう。

秋田大学医学部(後期)のボーダーライン推移

秋田大学医学部では、前期日程のほかに後期日程での入学試験も行われています。以下では、秋田大学医学部後期日程のセンター試験のボーダーラインや合格見込み点数、合格危惧点数を紹介します。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 700 700 700 700 700
ボーダー点数 616 616 609 616 616
ボーダー得点率 88% 88% 87% 88% 88%
合格見込み得点率 90% 91% 90% 89% 91%
合格危惧得点率 85% 84% 84% 84% 84%

 

秋田大学医学部後期日程のセンター試験のボーダー得点率は、ここ5年では2018年を除き616点(88%)であり、また2018年についても609点(87%)と、かなり安定してるといえます。

 

合格見込み得点率は89~91%で推移、合格危惧得点率は84~85%で推移していてこちらも安定しているのが特徴です。したがって、秋田大学医学部に後期日程で合格したいならば、9割を目指しましょう。

 

ボーダー得点率が88%というのは、前期日程で見ると、旧帝大である九州大学や関東の筑波大学の医学部と同じくらいのレベルです。

 

したがって、これらの大学の前期日程で惜しくも不合格となってしまった受験生たちには、後期日程で秋田大学医学部合格のチャンスがあるでしょう。

秋田大学医学部(後期)の第一選抜試験制度とセンター足切り点数

 

第一段階選抜制度 あり
2020年度実施 あり
満点 900
足切り点数 730
足切り得点率 81%

 

2020年度の後期試験における秋田大学医学部の第一段階選抜制度は、倍率が10倍以上の際に行われると要項に明記されていました。

 

2020年度は倍率が16.9倍だったため、第一段階選抜は実施されました。2019年度の同試験の倍率が16.8倍であるなど、例年10倍を大きく超えているので、今後も第一段階選抜実施の方向は続きそうです。

 

そんな足切り得点率は、2020年度には83%、2019年には82%であり、医学部を受ける人であれば確実に超えておきたい点数帯です。

 

また、秋田大学以外の大学のボーダーや足切りについてさらに詳しく知りたいという方は、「【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ」を参考にしてください。

医学部センター試験 ボーダーライン 国公立、私立大学まとめ
【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ
2020-04-17 22:13
センター試験のボーダーラインとは? 大学受験にあたり、「ボーダーライン」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。ボーダーラインとは、その志望校に合格する目安となる点数や...

 

秋田大学医学部のボーダーを知ることで、自分の現時点でのセンター試験得点と、合格するのに必要な得点との差が明確にわかったことでしょう。その差を埋めていくには、綿密に学習スケジュールを組んで勉強することが大切です。

 

武田塾医進館では、生徒の現時点での学力と志望校合格に必要な学力のギャップを埋めるために、やるべき学習範囲を1日単位で指定し、生徒の学習を徹底的に管理して指導しています。現時点での学力が低いからといって、諦めてしまうのはもったいありません。

 

具体的にどのような勉強法で学習を進めていくべきかアドバイスがほしい方は、ぜひ一度武田塾医進館の無料受験相談会にお越しください。医学部受験をする上でのアドバイスが受けられるので、入塾を迷っている方も気軽に申し込みしてみましょう。

 

ほかにも、秋田大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「秋田大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

秋田大学医学部の特徴や評判
秋田大学医学部の特徴や評判
2019-11-30 02:42
秋田大学医学部の特徴 沿革 秋田大学は昭和24年に、複数の学校が統合されて設立されました。開校時には学芸学部、鉱山学部の2学部のみでしたが、昭和45年に医学部が開設されました。現在...