獨協医科大学医学部のセンター利用入試のボーダーライン推移
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

獨協医科大学医学部のセンター利用入試のボーダーライン推移

私立医学部でも、センター試験の結果を用いて合否を決める採用方法を導入している大学が存在します。いわゆるセンター利用入試です。

 

国公立大学のようにセンター試験と二次試験の合計点数で合否を決めるところもあれば、センター試験と面接だけで入学できるところもあり、入試スタイルはさまざまです。

 

そこで今回は、獨協医科大学医学部について、センター利用入試の合格ボーダーラインを見ていきましょう。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 600 600 800 800 800
ボーダー点数 528 534 712 696 696
ボーダー得点率 88% 89% 88% 87% 87%
合格見込み得点率 88% 89% 88% 87% 90%
合格危惧得点率 88% 89% 88% 87% 82%

 

獨協医科大学の合格ボーダーラインは毎年87〜89%を推移しています。

 

栃木にある大学ということもあり、特に関東在住で医学部志望の学生は、滑り止めとしてセンター利用で受験する傾向があります。そのため、獨協医科大専願レベルの受験生からすると、センター利用での合格を目指すのはハードと言えるでしょう。

 

また、滑り止めで受験する学生が多いことから、獨協医科大では繰り上げ合格も多く、毎年20名近い二次試験の繰り上げ合格者が発表されています。したがって、ボーダー危惧得点率に到達しなくても合格できることも珍しくありません。

獨協医科大学医学部のセンター利用入試の募集人数

獨協医科大学のセンター利用入試の募集人数は15名です。そして、この少ない数字に対して毎年1,000人以上の数の学生が受験しており、倍率は毎年20倍に近い数字となっています。

 

しかし合格者数が多いのも特徴であり、15名の合格枠に対して2019年度では合格者が57名となりました。一般入試も58名に対して148名の合格者となっており、基本的には募集人数の3程度の合格者となるものと考えて良いでしょう。

獨協医科大学医学部のセンター利用入試の科目や配点比率

センター試験:二次試験の配点比率

 

センター:二次 800:-

 

獨協医科大学のセンター利用入試は、センター試験と面接のみによる選抜です。2019年までは二次試験で小論文がありましたが、2020年に廃止されました。そのため、学力面ではセンター試験だけで勝負することとなります。

 

そのため、獨協医科大学のセンター利用入試で合格したいのであれば、センター試験で安定して8割後半がとれるように対策に専念することが必要です。

 

一方で、国公立医学部と併願もしくは滑り止めとして受験する場合は、国公立の二次試験対策も同時に行う必要があるので、センター対策とのバランスを見ながら学習しましょう。

 

センター試験の科目や配点

 

センター試験科目 配点
英語 200(リスニング40点を含む)
数学 200
理科1 200
理科2 200
現代文 -
古文漢文 -
地歴公民 -
満点 800

 

獨協医科大学のセンター利用入試は、もともとは英数理の3教科で各200点の600点満点という形式でした。しかし2018年に見直しが行われ、理科の配点が200点から400点に上がり、800点満点となりました。

 

このように理科が以前より重視される入試形式となったため、英語や数学に加え、理科にも力を入れて学習することが大切です。ちなみに理科は物理・化学・生物のうちから選択可能なので、早めに試験科目を決めておきましょう。

 

二次試験の科目

 

二次試験の科目 実施の有無
学科 なし
面接 実施
小論文 なし
満点 非公表

 

二次試験は、2019年まで実施されていた小論文が2020年に廃止され、面接のみの実施となりました。面接の配点は公表されていないものの、入念な面接対策が求められます。

 

ちなみに面接は10分~15分程度のもので、面接官3人に対して受験生1人という形式で行われます。事前に面接シートを書く必要があり、基本的にはこれに基づいた質問が行われるので、予想される質問内容に答える練習をしておく必要があります。

 

また、獨協医科大学に関する質問としては、「大学にどのような点を改善してほしいか」など答えるのが難しい質問をされることもあるので、回答につまづきやすい質問に対してどのように返答するかも準備しておきましょう。

 

面接時間は午前の部と午後の部があり、後半に回されてしまうと待ち時間が長く、集中力が途切れてしまいがちなので、長い待ち時間に耐える体力も合格の鍵となります。

 

センター利用以外の獨協医科医学部の入試科目についても知りたい方は「【2020年】獨協医科大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧」も確認してみましょう。

獨協医科大学医学部の 入試日程、入試科目、 配点一覧
【2020年】獨協医科大学医学部の入試日程、入試科目、配点一覧
2019-10-15 15:43
獨協医科大学医学部の入試日程 獨協医科大学医学部の入試を受けようと考えている受験生は、入試日程の確認を最初に行うとよいでしょう。国公立大学は入試日程が同じですが、私立大学は大学によ...

 

また、獨協医科大学以外の私立医学部センター利用入試やボーダーラインについてさらに詳しく知りたいという方は、「【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ」を参考にしてください。

医学部センター試験 ボーダーライン 国公立、私立大学まとめ
【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ
2020-04-17 22:13
センター試験のボーダーラインとは? 大学受験にあたり、「ボーダーライン」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。ボーダーラインとは、その志望校に合格する目安となる点数や...

 

獨協医科大学医学部のセンター利用のボーダーや科目・配点を知ることで、自分が学習すべきことがある程度明確化されたのではないでしょうか。目標が定まったら、あとはどのように学習していくかが重要です。

 

しかし医学部受験生の中には、学習の仕方が間違っているために何度も浪人を重ねてしまっている受験生も存在します。

 

そこで武田塾医進館では、「生徒の自学自習を徹底的に管理」することに注力しています。具体的な学習カリキュラムの立て方や、合格に必要なノウハウを知りたい方は、まずは受験相談会に参加してみましょう。

 

無料で受験の悩みをなんでも解消できるので、入塾を迷っている方もぜひお申し込みください。

 

ほかにも、獨協医科大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「獨協医科大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

獨協医科大学医学部の特徴や評判
獨協医科大学医学部の特徴や評判
2019-12-21 20:52
獨協医科大学医学部の特徴 沿革 獨協医科大学は、桂太郎らが創設した独逸学協会をルーツとしています。同学園を母体として、1973年に医学部の単科大学として創設されました。 2007...