山形大学医学部のボーダーラインやセンター足切り点数
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

山形大学医学部(前期)のボーダーライン推移

医学部入試は高い得点率を争うので、ボーダーラインを知ることは志望校合格において大切です。ボーダーラインは、受験勉強のペースや計画を決める上で参考になる指標であり、目標が具体的な数字で見えるため、受験勉強がしやすくなります。

 

ここでは、山形大学医学部の過年度入試のセンター試験のボーダーラインや安全圏の得点率を紹介します。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 900 900 900 900 900
ボーダー点数 774 774 765 765 765
ボーダー得点率 86% 86% 85% 85% 85%
合格見込み得点率 90% 89% 89% 87% 89%
合格危惧得点率 83% 83% 81% 83% 81%

 

山形大学医学部のボーダー得点率は、過去5年間でいずれも85%または86%で、非常に安定しています。山形大学医学部を受験する人は、この点数が一つの目安となります。

 

合格見込み点数は2019年に一度87%下がったものの、概ね89%または90%の高い水準を保っています。絶対に安心感を持って山形大学医学部に出願をしたいという人は、9割程度を目指すのが良いでしょう。一方の合格危惧点数は、81%から83%で推移しています。

 

ボーダーが8割中盤から少し上というのは医学部としてはスタンダードな部類で、トップレベルの大学には及ばないものの、非常に高いレベルであるといえます。

 

同じようなレベルの医学部には、旧帝大である北海道大学の医学部や、信州大学医学部、金沢大学医学部、浜松医科大学医学部などがあります。

山形大学医学部(前期)の第一選抜試験制度とセンター足切り点数

第一段階選抜制度とは、受験者が一定数より多かった際にセンター試験の得点による足切りを行う制度のことです。

 

足切り点を突破しないと二次試験を受験することができません。そのため、ボーダーラインだけでなく、足切り点も把握しておきましょう。以下では、2020年度の山形大学医学部の第一段階選抜制度について紹介します。

 

第一段階選抜制度 あり
2020年度実施 なし
満点 -
足切り点数 -
足切り得点率 -

 

山形大学医学部前期日程の足切りは、倍率が5倍を超えたときに行われます。しかし実際には倍率は例年5倍を下回っており、過去5年間で山形大学医学部前期日程で足切りがおこなわれた年は一度もありません。

 

ここ数年で倍率の大きな変動はありませんので、今後も山形大学医学部前期日程において足切りが行われる可能性は低いでしょう。

 

とはいえ、例年の入学者選抜要項には、「二次試験の受験倍率が約5倍になるよう調整する旨」が書かれているため、第一段階選抜が行われる可能性が全くないとは言い切れません。したがって、油断は大敵です。

山形大学医学部(後期)のボーダーライン推移

山形大学医学部では2月25,26日におこなわれる前期試験の他に、3月12日に後期試験も実施しています。以下では、山形大学医学部後期試験のセンター試験のボーダーラインについて紹介します。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 900 900 900 900 900
ボーダー点数 792 810 756 810 801
ボーダー得点率 88% 90% 84% 90% 89%
合格見込み得点率 89% 92% 89% 91% 93%
合格危惧得点率 87% 87% 83% 89% 85%

 

山形大学医学部後期のボーダー得点率(合格可能性50%以上のライン)は、過去5年間を見てみると84%~90%と非常にばらつきが大きくなっています。

 

一見すると8割台半ばでもチャンスがあるように思いますが、合格見込み点数(合格可能性50%以上のライン)を見てみると89%~91%と安定しており、確実に合格を狙うには9割程度の得点率が必要であることがわかります。

 

ハイレベルな得点が求められるので、十分な対策が必要となるでしょう。

 

同じような得点率の大学としては、旧帝大である名古屋大学医学部前期日程や、神戸大学医学部前期日程、横浜市立大学医学部前期日程などがあります。

 

これらの大学に惜しくも不合格となってしまった人には、後期日程で山形大学医学部合格のチャンスがあるでしょう。

山形大学医学部(後期)の第一選抜試験制度とセンター足切り点数

 

第一段階選抜制度 あり
2020年度実施 なし
満点 -
足切り点数 -
足切り得点率 -

 

山形大学医学部前期日程の足切りは、倍率が10倍を超えたときに行われます。しかし実際には倍率が13.9倍と基準を超えた2020年にも第一段階選抜は行われませんでした。過去5年間を見ても、山形大学医学部後期日程で足切りがおこなわれた年は一度もありません。

 

それでも、例年の入学者選抜要項には、「二次試験の受験倍率が約10倍になるよう調整する旨」が書かれているため、第一段階選抜が行われる可能性が全くないとは言い切れません。足切りがあるかもしれないという心構えをしておきましょう。

 

また、山形大学以外の大学のボーダーや足切りについてさらに詳しく知りたいという方は、「【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ」を参考にしてください。

医学部センター試験 ボーダーライン 国公立、私立大学まとめ
【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ
2020-04-17 22:13
センター試験のボーダーラインとは? 大学受験にあたり、「ボーダーライン」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。ボーダーラインとは、その志望校に合格する目安となる点数や...

 

山形大学医学部のボーダーを知ることで、自分の現時点でのセンター試験得点と、合格するのに必要な得点との差が明確にわかったことでしょう。その差を埋めていくには、綿密に学習スケジュールを組んで勉強することが大切です。

 

武田塾医進館では、生徒の現時点での学力と志望校合格に必要な学力のギャップを埋めるために、やるべき学習範囲を1日単位で指定し、生徒の学習を徹底的に管理して指導しています。現時点での学力が低いからといって、諦めてしまうのはもったいありません。

 

具体的にどのような勉強法で学習を進めていくべきかアドバイスがほしい方は、ぜひ一度武田塾医進館の無料受験相談会にお越しください。医学部受験をする上でのアドバイスが受けられるので、入塾を迷っている方も気軽に申し込みしてみましょう。

 

ほかにも、山形大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「山形大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

山形大学医学部の 特徴や評判
山形大学医学部の特徴や評判
2019-11-30 02:44
山形大学医学部の特徴 沿革 山形大学は明治11年に開設された山形県師範学校を前身とし、平成31年に創立70周年となる歴史ある大学となっています。医学部は昭和48年に設立され、昭和5...