琉球大学医学部のボーダーラインやセンター足切り点数
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

琉球大学医学部(前期)のボーダーライン推移

センター試験のボーダーラインという指標はご存知でしょうか。大学受験におけるセンター試験のボーダーラインとは、センター試験でこの得点だった場合に、合格者数と不合格者数が半々となる数値です。

 

つまりセンター試験では、志望校のボーダーの点数以上は取っておいた方が安心できるでしょう。今回は琉球大学医学部のボーダーラインを紹介します。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 900 900 900 900 900
ボーダー点数 765 765 756 783 747
ボーダー得点率 85% 85% 84% 87% 83%
合格見込み得点率 89% 88% 87% 90% 86%
合格危惧得点率 82% 82% 82% 84% 79%

 

琉球大学医学部の前期試験のボーダー点数は以上の通りとなっています。2020年度ボーダー得点率は83%となっていますが、これは全国の国公立大学医学部の前期試験において、最も低い得点率である大学の一つです。

 

沖縄は本土から移動するには時間とお金がかかり、実際に生活するには少々不便であることを忌避する学生が一定数おり、それによってボーダーラインが低くなっていると考えられます。

 

それでも83%という点数は決して低くはなく、その点数をとっても半分が落ちるため、琉球大学医学部のレベルも十分高いと言えます。

 

また前期試験の配点は、二次試験よりセンター試験の方が高くなっており、センター試験を失敗すると合格の可能性が非常に低くなります。センター試験と二次試験、両方の対策が必要です。

琉球大学医学部(前期)の第一選抜試験制度とセンター足切り点数

国公立大学に特徴的な制度が「第一選抜試験制度」です。この制度は、センター試験の点数を元に、受験生を「ふるいにかける」制度です。基準を下回ると二次試験を受けることができず、自動的に不合格となります。一般的には「足切り」とも呼ばれます。

 

足切りが実施される理由としては、一定レベルを超える受験生を選別することで、選考における質を担保するためです。それでは、琉球大学医学部の第一選抜試験制度について確認しましょう。

 

第一段階選抜制度 あり
2020年度実施 なし
満点 -
足切り点数 -
足切り得点率 -

 

琉球大学医学部では第一段階選抜を行っています。前期試験の場合、定員の約5倍を超えた場合には二段階入試、つまり第一段階選抜を行うとしています。

 

2020年度は募集人数が70人であったため、350人を超えた場合には第一段階選抜制度が実施されたことになります。

 

実際には2020年度の前期志願者は264人であったため、倍率は3.8倍と5倍を下回るため、第一段階選抜制度が実施されませんでした。その結果、志願者全員が二次試験を受験できることになりました。

琉球大学医学部(後期)のボーダーライン推移

琉球大学では前期試験に加え後期試験を行っています。後期試験はその年の受験のラストチャンスであり、多くの受験生が自分の実力よりも下の大学に出願する傾向があります。

 

そのため、かなりハイレベルな争いになることが予想されるので、しっかりとボーダーラインは確認しておきましょう。琉球大学医学部の後期試験のボーダー推移は以下の通りです。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 1000 1000 1000 1000 1000
ボーダー点数 880 880 860 890 870
ボーダー得点率 88% 88% 86% 89% 87%
合格見込み得点率 92% 91% 88% 92% 90%
合格危惧得点率 86% 85% 83% 86% 83%

 

2020年度ボーダー点数率は87%となっていますが、これは全国で最も低いボーダーラインになります。やはり地理的な問題もあり、本土の大学医学部よりもボーダーラインは低めです。

 

しかし後期試験においては、センター1000点に対し二次試験が300点とかなりセンター試験を重視した選考となっています。そのため、センター試験で大失敗してしまった方は、琉球大学医学部後期試験で合格するのはかなり難しくなってしまいます。

琉球大学医学部(後期)の第一選抜試験制度とセンター足切り点数

 

第一段階選抜制度 あり
2020年度実施 あり
満点 1000
足切り点数 700
足切り得点率 70%

 

琉球大学医学部の後期試験における第一階選抜制度の実施条件は、前期試験の5倍に対し、後期試験では約10倍を超えた場合とかなり高く設定してあります。

 

2020年度においては、定員25人に対し志願者321人となり倍率が12.8倍となったため、第一選抜試験制度が実施されました。基準は700点となっており、他の大学と比べると緩めの条件となっています。

 

しかしながら、これは「二次試験が受験できる最低限」の点数であり、700点から合格することはほぼ不可能に近いでしょう。

 

特に琉球大学医学部の後期試験では、配点比率10:3でセンター試験を重視しており、さらに二次試験は小論文と面接のみです。よほどのことがなければ、70%を少し越した程度での合格は不可能と言い切ってもいいでしょう。

 

また、琉球大学以外の大学のボーダーや足切りについてさらに詳しく知りたいという方は、「【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ」を参考にしてください。

医学部センター試験 ボーダーライン 国公立、私立大学まとめ
【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ
2020-04-17 22:13
センター試験のボーダーラインとは? 大学受験にあたり、「ボーダーライン」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。ボーダーラインとは、その志望校に合格する目安となる点数や...

 

琉球大学医学部のボーダーを知ることで、自分の現時点でのセンター試験得点と、合格するのに必要な得点との差が明確にわかったことでしょう。その差を埋めていくには、綿密に学習スケジュールを組んで勉強することが大切です。

 

武田塾医進館では、生徒の現時点での学力と志望校合格に必要な学力のギャップを埋めるために、やるべき学習範囲を1日単位で指定し、生徒の学習を徹底的に管理して指導しています。現時点での学力が低いからといって、諦めてしまうのはもったいありません。

 

具体的にどのような勉強法で学習を進めていくべきかアドバイスがほしい方は、ぜひ一度武田塾医進館の無料受験相談会にお越しください。医学部受験をする上でのアドバイスが受けられるので、入塾を迷っている方も気軽に申し込みしてみましょう。

 

ほかにも、琉球大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「琉球大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

琉球大学医学部の特徴や評判
琉球大学医学部の特徴や評判
2019-12-21 03:04
琉球大学医学部の特徴 沿革 沖縄唯一の総合大学として、1950年に社会科学部、英語学部、理学部、教育学部、農学部および応用学芸学部の6つの学部で、琉球大学は設立されました。 19...