岐阜大学医学部のボーダーラインやセンター足切り点数
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

岐阜大学医学部(前期)のボーダーライン推移

国公立大学を志望する場合に重要となるのが、志望校のセンター試験におけるボーダーラインを知っておくことです。合格のための目標となるボーダーラインを把握しておけば、それに向けた学習計画を立てて取り組むことができます。

 

ここでは、岐阜大学医学部の前期試験でのボーラーダインについて取り上げます。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 800 800 800 800 800
ボーダー点数 688 704 696 680 672
ボーダー得点率 86% 88% 87% 85% 84%
合格見込み得点率 90% 92% 91% 89% 88%
合格危惧得点率 82% 84% 83% 81% 80%

 

岐阜大学医学部の前期試験におけるボーダーラインは上記の通りです。過去5年間の前期試験でのボーダー得点率を見てみると、84%~88%で推移しています。2018年度以降はやや下降する傾向にあり、2020年度には84%まで下がっています。

 

ボーダー得点率が84%というのは全国の国公立大学医学部の前期試験の中で見るとやや下位に位置しています。そのため、ボーダーラインがより高い医学部から受験生が流れてくることも考えられます。

 

ボーダー得点率はやや低めではあるものの、合格危惧得点率は80%と高めの水準と言えます。そのため、岐阜大学医学部の前期試験で合格を目指すにはセンター試験でかなりの得点をする必要があります。

 

国立大学の対策は、二次試験ももちろん大切ですが、まずはセンターでの高得点を目指して学習に取り組みましょう。

岐阜大学医学部(前期)の第一選抜試験制度とセンター足切り点数

国公立大学の多くはセンター試験の得点による第一段階選抜制度、いわゆる足切りとして知られる制度を導入しています。大学にとっては、第一段階選抜制度を適用することで、二次試験に進む受験生を絞れるというメリットがあります。

 

ここでは、岐阜大学医学部の前期試験での第一段階選抜制度について取り上げます。

 

第一段階選抜制度 あり
2020年度実施 なし
満点 -
足切り点数 -
足切り得点率 -

 

岐阜大学医学部の前期試験においては、第一段階選抜制度が導入されています。ただし、2020年度の前期試験では、第一段階選抜制度が適用されていませんでした。

 

岐阜大学医学部の前期試験では、志願者数が募集人数の15倍以上に達した場合のみ第一段階選抜制度を適用することになっています。2020年度の前期試験では倍率が11.1だったので、適用される条件を満たさなかったことになります。

 

前期試験で倍率が15以上になることはあまりなく、第一段階選抜制度が実際に適用される頻度も少なくなっています。

 

しかし、逆にこの「実質、足切りがない」ことから、岐阜大学医学部にはセンター試験で失敗した受験生が多く出願する傾向にあり、国立医学部の前期試験では全国でも突出して高倍率を誇っています。

 

ほとんど足切られることがないとはいえ、この高倍率の中合格を勝ち取るのは決して簡単ではないことを心得ておきましょう。

岐阜大学医学部(後期)のボーダーライン推移

岐阜大学医学部では後期試験も実施されています。後期試験に挑戦する場合にもボーダーラインを把握しておくことが重要となってきます。ここでは岐阜大学医学部の後期試験におけるボーダーラインについて見ていきましょう。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 400 400 400 400 400
ボーダー点数 360 364 360 360 360
ボーダー得点率 90% 91% 90% 90% 90%
合格見込み得点率 93% 95% 94% 94% 94%
合格危惧得点率 87% 87% 86% 86% 86%

 

岐阜大学医学部の後期試験におけるボーダーラインは上記の通りです。過去5年間の後期試験を見ると、ボーダー得点率は2017年度のみ91%で、それ以外は2020年度を含めて90%となっています。

 

後期試験でのセンター試験のボーダーラインが90%というのは、後期試験を実施している国公立大学の中でも第3位と上位にランクインしています。そのため、医学部後期試験のなかでも特に厳しい試験であると言えます。

 

合格危惧得点率も86%と高いので、センター試験でかなりの高得点をマークしていないと後期試験での合格を目指すのは難しくなります。後期試験を受けることも考えている方は、センター試験に特に力を入れておきましょう。

岐阜大学医学部(後期)の第一選抜試験制度とセンター足切り点数

 

第一段階選抜制度 あり
2020年度実施 あり
満点 400
足切り点数 344
足切り得点率 86%

 

岐阜大学医学部の後期試験では、前期試験と同様に第一段階選抜制度が導入されています。2020年度の後期試験においても、第一段階選抜制度が適用されています。

 

岐阜大学医学部の後期試験で第一段階選抜制度が適用されるのは、後期試験における倍率が15以上になった場合と決められています。2020年度後期試験では倍率が25.8となっているので、制度が適用される条件を満たし、実際に足切りが行われました。

 

足きり合格得点率が86%という数字からも、非常にハイレベルな争いが行われていることがわかります。

 

また、岐阜大学以外の大学のボーダーや足切りについてさらに詳しく知りたいという方は、「【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ」を参考にしてください。

医学部センター試験 ボーダーライン 国公立、私立大学まとめ
【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ
2020-04-17 22:13
センター試験のボーダーラインとは? 大学受験にあたり、「ボーダーライン」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。ボーダーラインとは、その志望校に合格する目安となる点数や...

 

岐阜大学医学部のボーダーを知ることで、自分の現時点でのセンター試験得点と、合格するのに必要な得点との差が明確にわかったことでしょう。その差を埋めていくには、綿密に学習スケジュールを組んで勉強することが大切です。

 

武田塾医進館では、生徒の現時点での学力と志望校合格に必要な学力のギャップを埋めるために、やるべき学習範囲を1日単位で指定し、生徒の学習を徹底的に管理して指導しています。現時点での学力が低いからといって、諦めてしまうのはもったいありません。

 

具体的にどのような勉強法で学習を進めていくべきかアドバイスがほしい方は、ぜひ一度武田塾医進館の無料受験相談会にお越しください。医学部受験をする上でのアドバイスが受けられるので、入塾を迷っている方も気軽に申し込みしてみましょう。

 

ほかにも、岐阜大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「岐阜大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

岐阜大学医学部の特徴や評判
岐阜大学医学部の特徴や評判
2019-12-09 18:20
岐阜大学医学部の特徴 沿革 岐阜大学は1949年に学芸学部と農学部の2学部で開校しました。医学部は1964年に設置され、現在5つの学部と8つの大学院を有する総合大学となっています。...