山梨大学医学部のボーダーラインやセンター足切り点数
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

山梨大学医学部(後期大学)のボーダーライン推移

国公立大学を受験する際、過去の受験者のデータを確認しておきましょう。

 

その中で、センターのボーダーラインという数値があります。これは、センター試験でこの点数を取っていれば5割の確率で合格できる点数です。この点数がセンターの目標の一つになるでしょう。

 

この記事では、山梨大学医学部のセンター試験ボーダーについて紹介します。なお、山梨大学は前期試験を実施しておらず後期試験のみのため後期試験のデータとなります。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 800 800 800 800 800
ボーダー点数 712 712 704 712 712
ボーダー得点率 89% 89% 88% 89% 89%
合格見込み得点率 92% 92% 91% 91% 92%
合格危惧得点率 85% 86% 85% 87% 87%

 

山梨大学医学部後期試験のボーダー、および合格見込み得点率、危惧得点率は以上の通りとなっています。ここ5年間ではほぼ89%を維持しています。

 

単純比較はできませんが、前期試験と比較すると、このボーダー得点率の高さは上位10位内に匹敵する数字です。

 

後期試験では、前期試験よりも少しレベルを下げた大学を受験することが多いので、東京大学や東京医科歯科大学をはじめとする関東圏内の医学部の滑り止めとして受験することが考えられます。

 

また山梨大学医学部は前期試験を行っていないため、山梨大学医学部を志望する場合は必然的に後期試験を志願することもあり、このような高い得点率になっているものと考えられます。

 

そして合格危惧得点率もかなり高い数値となっています。この合格危惧得点率は、一次試験でこの点数の場合、二次試験と点数を合わせたとしても2割の確率でしか受からないという数値です。

 

つまり、この点数を下回ると合格は厳しくなりますが、その数字でさえここ5年で85〜87%と高い数値です。センター試験の点数配分も比較的高く、センター試験でかなり点数を取らないと合格は厳しいでしょう。

山梨大学医学部(後期大学)の第一選抜試験制度とセンター足切り点数

大学によっては第一次選抜制度という制度を設けている場合があります。

 

これは、センター試験で一定の点数以上得点していないとそもそも二次試験を受けられない、すなわち自動的に不合格になってしまう制度で、俗に「足切り」とも呼ばれます。

 

それでは山梨大学医学部の第一次選抜制度について確認していきましょう。

 

第一段階選抜制度 あり
2020年度実施 あり
満点 900
足切り点数 753
足切り得点率 83%

 

山梨大学医学部では第一次選抜制度を採用しており、2020年度試験では実施されました。

 

山梨大学医学部では志願者が定員の10倍を超える場合、第一次選抜制度が実施されます。2020年度の入試では定員90人に対し1107人が募集し12.3倍となったため実施されました。

 

第一次選抜制度は、得点の基準を設けて「〇〇点以上得点している人は第一次選抜に合格」とする大学もありますが、山梨大学の場合「定員の約10倍」を第一次選抜の合格者としています。

 

後期試験は定員が90人であるため、上から数えて900人目の方が得点しているが753点であるということになります。ただし、得点に加えて調査書も総合判定の基準にするため、場合によっては、点数は同じでも調査書の内容が良くないがために不合格にされてしまう可能性もあります。

 

また、山梨大学以外の大学のボーダーや足切りについてさらに詳しく知りたいという方は、「【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ」を参考にしてください。

医学部センター試験 ボーダーライン 国公立、私立大学まとめ
【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ
2020-04-17 22:13
センター試験のボーダーラインとは? 大学受験にあたり、「ボーダーライン」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。ボーダーラインとは、その志望校に合格する目安となる点数や...

 

山梨大学医学部のボーダーを知ることで、自分の現時点でのセンター試験得点と、合格するのに必要な得点との差が明確にわかったことでしょう。その差を埋めていくには、綿密に学習スケジュールを組んで勉強することが大切です。

 

武田塾医進館では、生徒の現時点での学力と志望校合格に必要な学力のギャップを埋めるために、やるべき学習範囲を1日単位で指定し、生徒の学習を徹底的に管理して指導しています。現時点での学力が低いからといって、諦めてしまうのはもったいありません。

 

具体的にどのような勉強法で学習を進めていくべきかアドバイスがほしい方は、ぜひ一度武田塾医進館の無料受験相談会にお越しください。医学部受験をする上でのアドバイスが受けられるので、入塾を迷っている方も気軽に申し込みしてみましょう。

 

ほかにも、山梨大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「山梨大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

山梨大学医学部の特徴や評判
山梨大学医学部の特徴や評判
2019-12-06 21:22
山梨大学医学部の特徴 沿革 「山梨大学」は、1949年に3つの学校を母体として設立されました。一方で1978年には「山梨医科大学」が設立され、そこに医学部が設置されています。 そ...