徳島大学医学部のボーダーラインやセンター足切り点数
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

徳島大学医学部(前期)のボーダーライン推移

国公立大学を志望する場合、センター試験の点数によっては第一次選抜の段階で不合格(足切り)になってしまい、せっかく出願しても個別試験(二次試験)を受けることができない可能性があります。そのため、志望校のセンターボーダーは必ず知っておきましょう。

 

センターボーダーは、仮にその点数をとれたら現時点での合格可能性が50%であることを示す値です。そのため、合格するにあたってセンター試験でできるだけとっておきたい点数を表しています。

 

ここでは、徳島大学医学部のボーダーラインの年次推移についてみていきましょう。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 900 900 900 900 900
ボーダー点数 774 783 774 783 756
ボーダー得点率 86% 87% 86% 87% 84%
合格見込み得点率 88% 88% 89% 90% 87%
合格危惧得点率 84% 83% 83% 84% 80%

 

徳島大学医学部の前期試験のボーダーラインは上の通りで、直近の5年間では84〜87%を推移しています。2019年度まではボーダーが86~87%で推移していましたが、2020年度には84%と少し下がりました。

 

センターボーダー84%というのは、山口大学・鳥取大学・福井大学などと同じであり、国公立大学医学部の中では2番目に低いスコアになります。なお、一番低いセンターボーダーの大学でも83%となっています。

 

そのため、関西圏や岡山大学、広島大学などの難関国立を志望していたがセンター試験の成績が振るわなかった受験生が、志望校を切り替えて出願してくる可能性があることに注意する必要があります。特に、試験が難化した年は要注意です。

 

またボーダーが低いとはいえ、センター試験で80%の正答率しかとれなかった受験生の合格率は20%と非常に低くなっています。

 

さらに、徳島大学はセンター試験と個別試験の得点比率が9:4となっており、センター試験の比率が高いです。そのため、センター試験で失敗すると合格のハードルがかなり高くなってしまいます。

 

徳島大学医学部は、センター試験のボーダーこそ低いですが、二次試験で逆転するのが非常に難しいため、センター試験をなるべく取りこぼさないように心がけ、さらに過去問で出題傾向を掴むなど万全の準備をしておきましょう。

徳島大学医学部(前期)の第一選抜試験制度とセンター足切り点数

国公立大学の入試においては、受験生の質・量を確保するなどの理由から、センター試験の点数を用いて第一段階選抜制度、いわゆる足切りを設けている大学が多くあります。

 

第一段階選抜制度を適用することで、適正な試験運営ができるように心がけているのです。以下では、徳島大学医学部の前期試験における第一段階選抜制度についてご紹介します。

 

第一段階選抜制度 あり
2020年度実施 あり
満点 900
足切り点数 600
足切り得点率 67%

 

徳島大学の医学部入試では、第一段階選抜制度を採用しています。2020年度前期試験においては、600/900がボーダーラインとなりました。

 

徳島大学の医学部入試における第一段階の選抜基準は2つあります。1つは、64名の募集人数に対して出願倍率が5倍を超えた場合で、もう1つはセンター試験の成績が600/900未満の人が出願した場合です。この場合、出願倍率が5倍を切る場合でも足切りの対象となります。

 

2020年度において、徳島大学の前期試験では、一般枠の倍率は2.4倍となりました。そのため、出願した人のうち、センター試験の成績が600/900未満の人が足切りの対象となりました。

 

また、徳島大学以外の大学のボーダーや足切りについてさらに詳しく知りたいという方は、「【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ」を参考にしてください。

医学部センター試験 ボーダーライン 国公立、私立大学まとめ
【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ
2020-04-17 22:13
センター試験のボーダーラインとは? 大学受験にあたり、「ボーダーライン」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。ボーダーラインとは、その志望校に合格する目安となる点数や...

 

徳島大学医学部のボーダーを知ることで、自分の現時点でのセンター試験得点と、合格するのに必要な得点との差が明確にわかったことでしょう。その差を埋めていくには、綿密に学習スケジュールを組んで勉強することが大切です。

 

武田塾医進館では、生徒の現時点での学力と志望校合格に必要な学力のギャップを埋めるために、やるべき学習範囲を1日単位で指定し、生徒の学習を徹底的に管理して指導しています。現時点での学力が低いからといって、諦めてしまうのはもったいありません。

 

具体的にどのような勉強法で学習を進めていくべきかアドバイスがほしい方は、ぜひ一度武田塾医進館の無料受験相談会にお越しください。医学部受験をする上でのアドバイスが受けられるので、入塾を迷っている方も気軽に申し込みしてみましょう。

 

ほかにも、徳島大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「徳島大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

徳島大学医学部の特徴や評判
徳島大学医学部の特徴や評判
2019-12-15 17:53
徳島大学医学部の特徴 沿革 徳島大学の前身である徳島師範期成学校は1874年に設立されました。その後様々な変遷を経て、1949年に徳島大学医学部が設立されました。 徳島大学は徳島...