旭川大学医学部のボーダーラインやセンター足切り点数
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

旭川医科大学医学部(前期)のボーダーライン推移

受験勉強のペースや計画を決めるためには、志望校合格のボーダーラインを知ることが必須です。自分の今いる位置を把握し、志望校のレベルとの差を数字で具体的に確認することで、受験勉強を進めていく上での指針となります。

 

ここでは旭川医科大学医学部の過年度入試のセンター試験のボーダーラインや、安全圏の得点率を紹介します。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 550 550 550 550 550
ボーダー点数 462 468 462 462 457
ボーダー得点率 84% 85% 84% 84% 83%
合格見込み得点率 88% 88% 87% 87% 86%
合格危惧得点率 80% 82% 81% 81% 80%

 

旭川医科大学医学部のセンター試験のボーダー点数、ボーダー得点率は、2016~2020年においては80%台の半ばで横ばいとなっています。合格見込み点数や合格危惧点数も同様で、ここ数年で大きな変化は見られません。

 

今後も人気が急上昇するようなことは考えにくく、入試難易度レベルは今後も安定し、「センター試験83〜85%」を目指すことが1つの目安となりそうです。

 

また旭川医科大学医学部は、北海道の旭川にあるという地理的な要因もあってか、他大学の医学部と比較しても入試難易度は低めの水準です。一般的に医学部受験にはセンター試験で80%台後半の点数が求められますが、旭川大学医学部は80%台半ばの得点率でも合格のチャンスがあります。

 

同程度の入試難度の大学としては、琉球大学医学部、佐賀大学医学部が挙げられるので、志望校選択時にはこれらの大学と比べてみても良いでしょう。

旭川医科大学医学部(前期)の第一選抜試験制度とセンター足切り点数

第一段階選抜制度とは、募集人数に対する志願者数が一定の倍率を超えた場合に、二次試験を受験することができる受験生を、一次試験の点数で選抜する精度のことです。大学側が定める点に満たない場合には「足切り」となり、二次試験の受験資格を得られません。

 

以下では、2020年度の旭川医科大学医学部の第一段階選抜制度を紹介します。

 

第一段階選抜制度 あり
2020年度実施 なし
満点 -
足切り点数 -
足切り得点率 -

 

旭川医科大学医学部の第一段階選抜制度は入学志願者数が前期・後期日程募集定員のそれぞれ10倍を超えた場合に実施されます。2020年度前期試験においては、志願者倍率が9.3倍にとどまったこともあり、第一段階選抜は実施されませんでした。

 

また、旭川医科大学医学部の前期日程において、過去5年間で第一段階選抜が行われたことはありません。

 

しかし旭川医科大学医学部の前期日程は、募集定員が40名程度と少なく、例年10倍にギリギリ届かない程度の倍率で推移しているため、今年度に実施されてもおかしくはないと思われます。

旭川医科大学医学部(後期)のボーダーライン推移

旭川医科大学医学部では前期試験を実施している他に、3月上旬に後期試験も実施しています。以下では、旭川医科大学医学部後期試験のセンター試験のボーダーラインを紹介します。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 550 550 550 550 550
ボーダー点数 484 490 490 484 484
ボーダー得点率 88% 89% 89% 88% 88%
合格見込み得点率 92% 92% 92% 91% 91%
合格危惧得点率 85% 86% 86% 85% 85%

 

旭川医科大学医学部後期のセンター試験のボーダー点数、ボーダー得点率は、2016~2020年においては88点もしくは89点でほぼ変動していません。

 

また合格見込み点数も同様に91%もしくは92%、合格危惧点数も85~86%で、ここ数年で大きな変化は見られません。入試難易度レベルは今後も安定していることが予想されます。

 

後期日程を課している医学部が全国的に少ないこともあり、旭川医科大学医学部の後期試験も入試難易度としてはかなり高めの水準です。

 

同じようなセンター試験の点数帯を見ると、京都大学医学部前期日程や東京医科歯科大学医学部前期日程があります。つまり旭川医科大学の後期日程は、前期日程でこれらの大学に惜しくも不合格となってしまった受験生が受けてくることも大いに予想されるので、難易度は非常に高いと言えます。

旭川医科大学医学部(後期)の第一選抜試験制度とセンター足切り点数

 

第一段階選抜制度 あり
2020年度実施 あり
満点 900
足切り点数 747
足切り得点率 83%

 

旭川医科大学医学部の第一段階選抜制度は、「入学志願者数が前期・後期日程募集定員のそれぞれ10倍を超えた場合に実施される」と発表されています。

 

しかし後期日程は募集人数が8人程度と少ないこともあり、倍率は例年40倍程度となりますが、実際には第一段階選抜は実施されたりされなかったりと年によってバラバラです。

 

足切り点数や足切り得点率については、実施される場合には概ね84%前後であるので、油断はできないレベルです。センター試験が8割しか取れなかった受験生は、後期日程の二次試験を受験すらさせてもらえない可能性があることを認識しておきましょう。

 

また、旭川医科大学以外の大学のボーダーや足切りについてさらに詳しく知りたいという方は、「【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ」を参考にしてください。

医学部センター試験 ボーダーライン 国公立、私立大学まとめ
【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ
2020-04-17 22:13
センター試験のボーダーラインとは? 大学受験にあたり、「ボーダーライン」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。ボーダーラインとは、その志望校に合格する目安となる点数や...

 

旭川医科大学医学部のボーダーを知ることで、自分の現時点でのセンター試験得点と、合格するのに必要な得点との差が明確にわかったことでしょう。その差を埋めていくには、綿密に学習スケジュールを組んで勉強することが大切です。

 

武田塾医進館では、生徒の現時点での学力と志望校合格に必要な学力のギャップを埋めるために、やるべき学習範囲を1日単位で指定し、生徒の学習を徹底的に管理して指導しています。現時点での学力が低いからといって、諦めてしまうのはもったいありません。

 

具体的にどのような勉強法で学習を進めていくべきかアドバイスがほしい方は、ぜひ一度武田塾医進館の無料受験相談会にお越しください。医学部受験をする上でのアドバイスが受けられるので、入塾を迷っている方も気軽に申し込みしてみましょう。

 

ほかにも、旭川医科大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「旭川医科大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

旭川医科大学医学部の特徴や評判
旭川医科大学医学部の特徴や評判
2019-11-29 17:51
旭川医科大学医学部の特徴 沿革 旭川医科大学は、1973年(昭和48年)に北海道第二の都市である旭川市に開校しました。 「地域医療に根ざした医療、福祉の向上」が理念に掲げられ、教育...