鳥取大学医学部のボーダーラインやセンター足切り点数
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

鳥取大学医学部(前期)のボーダーライン推移

ボーダーラインとは、合格確率が50%になるセンター試験での得点率のことです。国公立大学医学部のボーダーラインを知ることで、自分の志望校に合格するためにはどのくらいセンター試験で点数を取るべきなのか知ることができます。

 

国公立大学医学部志望の受験生は、ひとまずボーダーラインの得点を目安に勉強しましょう。ここでは、鳥取大学医学部のボーダーラインの推移を見ていきましょう。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 900 900 900 900 900
ボーダー点数 774 765 756 765 756
ボーダー得点率 86% 85% 84% 85% 84%
合格見込み得点率 88% 87% 86% 89% 87%
合格危惧得点率 82% 83% 81% 82% 81%

 

ここ数年の鳥取大学医学部のセンター試験のボーダーラインは85%前後を推移していることが分かります。合格見込み得点率(合格率が80%であるセンターの得点率)は88%前後、合格危惧得点率(合格率が20%であるセンターの得点率)は82%前後を推移しています。

 

また、鳥取大学医学部のセンター試験のボーダーラインは、国公立大学医学部44校中30位と低いです。

 

しかしながら鳥取大学医学部は、センター試験と二次試験の得点の振り分けがセンター:二次試験=900:700であり、センター試験の占める割合の大きさも特徴的です。

 

つまり鳥取大学医学部は、センター試験での失敗を二次試験で取り返す、といったことが難しい大学であると思われます。裏を返せばセンター試験さえ取れてしまえば二次試験で失敗しても合格できる大学とも言えます。

 

以上のことから、ボーダーラインが低いからといって油断はせずに、センター試験で87〜88%を取ることを目標に、二次試験対策よりも重点的にセンター試験対策をするべきであると言えるでしょう。

鳥取大学医学部(前期)の第一選抜試験制度とセンター足切り点数

第一段階選抜制度とは、センター試験において、ある一定の点数よりも低い点数を取ってしまうと二次試験を受けることができなくなるという制度です。世間一般ではこの制度を「足切り」と呼んでいます。

 

大学はこの制度を設けることで、大勢の受験生をふるいにかけ、相応の実力を持っている受験生のみを二次試験前に選別することができるのです。ここで2020年度鳥取大学医学部前期受験での第一段階選抜制度の点数を見ていきましょう。

 

第一段階選抜制度 なし
2020年度実施 -
満点 -
足切り点数 -
足切り得点率 -

 

2020年度鳥取大学医学部前期受験では第一段階選抜制度はありませんでした。ここ数年間前期試験においても後期試験においても足切り制度は実施していないので、基本的には足切りをしない方針の大学であると思われます。

 

また、2020年度前期試験の志願倍率が7.0倍と高かったのにも関わらず実施していないことからも、足切り制度は基本的に実施しないと見ても大丈夫でしょう。

 

しかしながら、センター試験の点数の占める割合はとても高いので、センター試験で失敗をすれば足切りがなくとも合格する見込みが薄くなることには変わりありません。したがって、油断はせずに重点的にセンター対策をするべきであることは変わりないと言えるでしょう。

 

また、鳥取大学以外の大学のボーダーや足切りについてさらに詳しく知りたいという方は、「【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ」を参考にしてください。

医学部センター試験 ボーダーライン 国公立、私立大学まとめ
【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ
2020-04-17 22:13
センター試験のボーダーラインとは? 大学受験にあたり、「ボーダーライン」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。ボーダーラインとは、その志望校に合格する目安となる点数や...

 

鳥取大学医学部のボーダーを知ることで、自分の現時点でのセンター試験得点と、合格するのに必要な得点との差が明確にわかったことでしょう。その差を埋めていくには、綿密に学習スケジュールを組んで勉強することが大切です。

 

武田塾医進館では、生徒の現時点での学力と志望校合格に必要な学力のギャップを埋めるために、やるべき学習範囲を1日単位で指定し、生徒の学習を徹底的に管理して指導しています。現時点での学力が低いからといって、諦めてしまうのはもったいありません。

 

具体的にどのような勉強法で学習を進めていくべきかアドバイスがほしい方は、ぜひ一度武田塾医進館の無料受験相談会にお越しください。医学部受験をする上でのアドバイスが受けられるので、入塾を迷っている方も気軽に申し込みしてみましょう。

 

ほかにも、鳥取大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「鳥取大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

鳥取大学医学部の特徴や評判
鳥取大学医学部の特徴や評判
2019-12-13 15:20
鳥取大学医学部の特徴 沿革 鳥取大学は、鳥取農林専門学校や米子医学専門学校などを母体に、昭和24年(1949年)発足しました。医学部は創設時から設置されており、その後4つの学部と6...