横浜市立大学医学部のボーダーラインやセンター足切り点数
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

横浜市立大学医学部(前期)のボーダーライン推移

予備校の模試を受けただけで、自分が志望校に合格できるかどうか判断するのは難しいでしょう。そこで受験勉強をするにあたっては、例年の合格ボーダーラインをクリアできるように過去問演習に取り組むことが大切です。

 

そこで横浜市立大学の過去5年間の合格ボーダーラインは、どれくらいで推移しているのかを見ていきましょう。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 1000 1000 1000 1000 1000
ボーダー点数 890 890 880 880 890
ボーダー得点率 89% 89% 88% 88% 89%
合格見込み得点率 92% 92% 91% 90% 91%
合格危惧得点率 86% 86% 86% 85% 86%

 

横浜市立大学医学部の合格ボーダーは毎年88%~89%です。最低でも85〜86%はとらないと合格が難しいことになります。

 

人気校であることから最高合格ラインと最低合格ラインの点数の差も小さいため、横浜市立大学医学部を受験するならセンター試験で9割取るつもりで受験勉強に取り組む必要があるでしょう。

 

そして横浜市立大学を受験するにあたって合格の鍵となるのが英語です。多くの大学では一時試験(センター試験)は5教科7科目の900点満点となっていることが多いです。しかし横浜市立大学の場合、従来だと200点の配点である英語が300点の配点(うち60点はリスニング)となっています。

 

しかも二次試験でも英語が課されるので、理系科目に加えて英語も重点的に学習する必要があるでしょう。

 

また、センター試験で9割取る必要があるということは、逆を言えば1000点中100点しか落とすことができないということです。理系科目は年度によって難易度に差があるので、文系科目でも確実に安定して点が取れるように学習を行いましょう。

横浜市立大学医学部(前期)の第一選抜試験制度とセンター足切り点数

国公立の人気校は、センター試験の得点による足切りを行っていることが多いです。東京大学のみ例外的に倍率に関係なく点数で足切りを行っていますが、それ以外の大学では倍率次第で足切りを行うこととなっています。

 

横浜市立大学医学部の場合、センター試験での足切りは行われているのでしょうか。また足切りが行われている場合、その点数はどれくらいなのかも見ていきましょう。

 

第一段階選抜制度 あり
2020年度実施 あり
満点 1000
足切り点数 818
足切り得点率 81.8%

 

横浜市立大学医学部では倍率が5倍を超えた際に足切りが行われます。しかし、横浜市立大学は人気校で毎年倍率が5倍以上となるので、基本的に毎年足切りが行われるものと思って問題ないでしょう。

 

ちなみに横浜市立大学医学部のセンター試験と二次試験の配点の比率は1000:1200です。

 

このようにセンター試験の比率がほぼ半分を占めており、しかも合格ボーダーがほぼ9割ということを考えると、足切り点をギリギリでクリアできたとしても二次試験で挽回するのはかなりハードと言えます。

 

横浜市立大学医学部の合格を狙うには、できるだけセンターで9割近い点数が取れるように対策を積んでおきましょう。

 

また、横浜市立大学以外の大学のボーダーや足切りについてさらに詳しく知りたいという方は、「【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ」を参考にしてください。

医学部センター試験 ボーダーライン 国公立、私立大学まとめ
【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ
2020-04-17 22:13
センター試験のボーダーラインとは? 大学受験にあたり、「ボーダーライン」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。ボーダーラインとは、その志望校に合格する目安となる点数や...

 

横浜市立大学医学部のボーダーを知ることで、自分の現時点でのセンター試験得点と、合格するのに必要な得点との差が明確にわかったことでしょう。その差を埋めていくには、綿密に学習スケジュールを組んで勉強することが大切です。

 

武田塾医進館では、生徒の現時点での学力と志望校合格に必要な学力のギャップを埋めるために、やるべき学習範囲を1日単位で指定し、生徒の学習を徹底的に管理して指導しています。現時点での学力が低いからといって、諦めてしまうのはもったいありません。

 

具体的にどのような勉強法で学習を進めていくべきかアドバイスがほしい方は、ぜひ一度武田塾医進館の無料受験相談会にお越しください。医学部受験をする上でのアドバイスが受けられるので、入塾を迷っている方も気軽に申し込みしてみましょう。

 

ほかにも、横浜市立大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「横浜市立大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

横浜市立大学医学部の特徴や評判
横浜市立大学医学部の特徴や評判
2019-11-15 13:41
横浜市立大学医学部の特徴 沿革 横浜市立大学は、明治15年に開設された横浜商法学校を前身とする大学です。開校時には商学部のみが置かれていましたが、昭和27年の横浜医科大学との統合に...