群馬大学医学部のボーダーラインやセンター足切り点数
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

群馬大学医学部(前期)のボーダーライン推移

国公立大学に合格するには、センター試験で合格ライン(ここではボーダーラインと記載)以上の得点がとれないと二次試験での挽回が難しくなります。

 

志望大学のボーダーラインを知ることは自分の勉強目標や計画を明確にすることができるので、必ず調べておきましょう。ここでは群馬大学医学部のボーダーラインの年次推移を紹介します。

 

年度 2016 2017 2018 2019 2020
センター満点 450 450 450 450 450
ボーダー点数 383 387 383 383 378
ボーダー得点率 85% 86% 85% 85% 84%
合格見込み得点率 89% 88% 88% 88% 88%
合格危惧得点率 81% 82% 82% 82% 82%

 

群馬大学医学部の前期試験のボーダーラインは、直近の5年間をみると85~86%を推移しています。2020年は84%ですが、目安として86%以上とることで合格の安心材料となりそうです。

 

2020年のセンターボーダー84%という数字は、全国の国公立大学医学部の中でも中の下、関東では最低値に近いです。

 

群馬大学には埼玉や東京など、近隣都道府県の出願者が多いですが、このように遠方の地域に行けないまたは行きたくない首都圏の医学部受験生で、センターで点数がとれなかった人が出願する傾向ががあります。

 

また群馬大学医学部の特徴は、ボーダー得点と合格危惧得点の差があまりないことです。2020年を見ても得点差は約20点しかありません。「得点率82%とれたから行けるかも」と思っても、その2%の差で落ちてしまう可能性があるのです。

 

このように、ボーダー得点率が全国的にも低いからといって油断してはいけません。過去問や出題傾向を掴むなど、余裕を持って万全の準備をしておきましょう。

群馬大学医学部(前期)の第一選抜試験制度とセンター足切り点数

国公立大学の入試では、第一段階選抜制度と二次試験があるのが一般的です。第一段階選抜制度はセンター試験の点数を評価対象としており、一定点数より下の受験生はその時点で受験資格がなくなってしまいます。

 

また国公立大学の中には独自の受験制度を設けている大学もあり、自分が志望する大学がどのような試験制度を導入しているかを知ることは非常に重要です。ここでは群馬大学医学部の前期試験の第一段階選抜制度について紹介します。

 

第一段階選抜制度 あり
2020年度実施 あり
満点 450
足切り点数 326
足切り得点率 72%

 

群馬大学の医学部入試では、第一段階選抜制度を採用しています。群馬大学医学部で第一段階選抜制度が適用されるのは、71名の募集人数に対して出願倍率が約3倍を超えた場合です。なおこの倍率は、一般枠と地域枠を一括して算出しています。

 

倍率が低く第一段階選抜試験がない大学も多い中、群馬大学医学部は2020年度も第一段階選抜試験を行っています。2020年度は71名の募集に対して202名が出願し、倍率は約3.5倍となりました。第一段階選抜試験の足切り点数は326点で、72%となっています。

 

このように足切り点数が高い群馬大学医学部を受験する場合は、センター試験(第一段階選抜試験)対策をしっかり行う必要があります。もちろん足切り点数を超えることではなく、まずはボーダーとなる点数378点がとれるように勉強しましょう。

 

また、群馬大学以外の大学のボーダーや足切りについてさらに詳しく知りたいという方は、「【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ」を参考にしてください。

医学部センター試験 ボーダーライン 国公立、私立大学まとめ
【2020年度】医学部センター試験ボーダーライン!国公立(前期/後期)、私立大学まとめ
2020-04-17 22:13
センター試験のボーダーラインとは? 大学受験にあたり、「ボーダーライン」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。ボーダーラインとは、その志望校に合格する目安となる点数や...

 

群馬大学医学部のボーダーを知ることで、自分の現時点でのセンター試験得点と、合格するのに必要な得点との差が明確にわかったことでしょう。その差を埋めていくには、綿密に学習スケジュールを組んで勉強することが大切です。

 

武田塾医進館では、生徒の現時点での学力と志望校合格に必要な学力のギャップを埋めるために、やるべき学習範囲を1日単位で指定し、生徒の学習を徹底的に管理して指導しています。現時点での学力が低いからといって、諦めてしまうのはもったいありません。

 

具体的にどのような勉強法で学習を進めていくべきかアドバイスがほしい方は、ぜひ一度武田塾医進館の無料受験相談会にお越しください。医学部受験をする上でのアドバイスが受けられるので、入塾を迷っている方も気軽に申し込みしてみましょう。

 

ほかにも、群馬大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「群馬大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

群馬大学医学部の特徴や評判
群馬大学医学部の特徴や評判
2019-12-04 16:06
群馬大学医学部の特徴 沿革 群馬大学は、1873年(明治8年)に小学校教員伝習所(現在の教育学部)として誕生しました。その後さまざまな学校を包括し、群馬大学医学部が設立されたのは1...