【2020年度】新潟大学医学部の倍率や定員
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

新潟大学医学部の前期試験の倍率や定員

新潟大学医学部を含めて医学部受験は限られた枠を全国にいるライバルたちと競い合うことになります。そのため志望大学の定員や志願者数、倍率を知っておくことはとても大切なことです。

 

志望する大学の定員や志願者数、倍率などを知っておくことによって合格するためのボーダーラインを計算することができ、どれぐらいの学力をつければいいのか目標を設定できるようになります。

 

今回は新潟大学医学部の定員や倍率、志願者数について詳しく紹介していきます。

 

直近6年間の変遷

 

年度 募集人数 志願者数 倍率
2015 85 285 3.4
2016 85 307 3.6
2017 85 380 4.5
2018 85 387 4.6
2019 85 508 6.0
2020 80 344 4.3

 

新潟大学医学部の前期試験の倍率や定員は、上の表の通りとなっています。

 

募集人数(定員)

新潟大学医学部の募集人員は2020年度入試を除き85人で推移していましたが、2020年度の募集人員は80人になりました。これは全体の募集人数は変わりませんでしたが、一般入試枠を減らして推薦枠を増やした結果です。

 

ここ6年全体の定員が変わっていないことを踏まえると、推薦と一般の比率が変わらなければ、2021年度入試は2020年度入試と同じく80人が定員になると考えられます。

志願者数

新潟大学医学部の志願者数は毎年300人から400人程度ですが、2019年度入試に関しては例年に比べて志願者が多く、508人の受験生が志願しました。

 

これは2019年度に試験の配点内容が変わり、これまでセンター重視だった配点が二次試験重視の配点になったことで、周囲の国公立医大を目指していたがセンターの試験で結果があまりよくなかった人が流れてきたことが要因だと考えらます。

 

しかし2019年度の人気が高かったことから、2020年度には人気が収束しています。2021年度にはまた人気が回復することも予想されます。

倍率

新潟大学医学部の倍率はここ6年間は4.0倍前後を推移しています。

 

新潟大学では2019年度入試以降、倍率が4倍を超えて2次試験の公正な開催が難しいと判断された場合には2段階選抜を行うようになりましたが、大きな影響は見受けられないようです。

 

また、2021年度入試においても2次試験の試験内容などが変わらなければ倍率は4.0に近い数字になるのではと予想しています。

 

他大学と比較

 

順位 倍率 大学名 都道府県
16位 4.7 浜松医科大学 静岡県
18位 4.5 宮崎大学 宮崎県
19位 4.4 大分大学 大分県
20位 4.3 東京大学 東京都
20位 4.3 東京医科歯科大学 東京都
20位 4.3 新潟大学 新潟県
23位 4.2 山形大学 山形県
24位 4.1 富山大学 富山県
25位 4.0 三重大学 三重県
26位 3.9 福島県立医科大学 福島県
26位 3.9 信州大学 長野県

 

新潟大学医学部の前期試験の倍率は4.3で、これは全国に50校ある医学部のある国公立大学の中で20位という順位になっています。順位的にはちょうど中間に位置しており、倍率は他の国公立大学の医学部と比べると高くもなく低くもないということが言えます。

 

キャンパスは新潟市中心部にあり、旧六医科大学に分類される歴史のある大学のため、北信越エリアでは比較的人気があります。

 

さらに新潟大学医学部は偏差値のランキングにおいてもちょうど真ん中付近で、国公立大学の医学部の中では平均的な偏差値の学校だと言えます。倍率も偏差値も国公立大学の医学部としては標準的な新潟大学医学部ですが、しっかりと対策をして試験に挑みましょう。

 

また、そのほかの大学医学部の倍率や定員を知りたいという方は、「【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期/後期/私立)」も参考にしてください。

【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期・後期・私立)
【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期/後期/私立)
2020-03-29 21:40
医学部の倍率はどのくらい? 医学部受験をするにあたり、各大学の倍率がどのくらいなのか知っておくことは大切です。倍率を知ることで志望校にどのくらいの受験生が集まるのか、つまりライバル...

 

新潟大学のような国公立大学を目指す場合、授業を受けて「わかったつもり」になってしまっているようでは合格に近づくことができません。

 

多くの医学部合格実績のある武田塾医進館では、あえて「授業をしない」指導法によって、無駄な時間を与えません。100点を取るまで帰らせないテストなどもあり、着実に実力をつけることができます。

 

そんな武田塾医進館では、医学部受験に悩みを抱えている受験生に対して無料の受験相談を行っています。無理に勧誘することもありませんので、ぜひ一度無料相談をお申し込みください。

 

ほかにも、新潟大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「新潟大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

新潟大学医学部の特徴や評判
新潟大学医学部の特徴や評判
2019-12-06 21:31
新潟大学医学部の特徴 沿革 新潟大学は1910年(明治43年)に官立新潟医学専門学校として創立され、1949年の学制改革に伴い、新制国立大学が発足しました。 新潟大学は、本州日本...