杏林大学医学部学費
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

杏林大学医学部の学費

杏林大学医学部の6年間でかかる学費を合計すると3,700万円となります。初年度には入学金150万円を払う必要があり、1年目に支払う必要のある合計金額は950万円にもなります。

 

2年目以降は入学金がなくなり、初年度と同様に授業料や実験研修費がかかりますが、施設整備費は400万円から150万円と下がるので、年間の学費が550万円と大幅に負担が減るのが特徴です。

 

初年度に950万円、2~6年目にかかるのが550万円なので、6年間で合計3,700万円の学費がかかる計算となります。この6年間でかかる学費の3,700万円というのは、私立大学の医学部の中では平均より高い金額であると言えます。

 

杏林大学の医学部で毎年かかってくる学費をまとめると、下記の表の通りとなります。

 

学費名 初年度 2年目以降 6年間合計
授業料 300万円 300万円 1,800万円
入学金 150万円 0円 150万円
実験実習費 100万円 100万円 600万円
施設設備金 400万円 150万円 1,150万円
教育充実費 0円 0円 0円
維持費他 0円 0円 0円
合計 950万円 550万円 3,700万円

杏林大学医学部の学費の内訳

入学金

杏林大学医学部の入学金は150万円です。

 

国立大学の入学金が一律で282,000円であることを考えると、杏林大学の医学部では、入学金だけで差額120万円以上の差額が生じることがわかります。

 

授業料

杏林大学医学部の授業料は、年間で3,000,000円です。国立大学医学部の授業料が一律で535,800円であることを考えると、杏林大学の授業料は6倍弱とかなり学費が高いことがわかります。

 

国立大学医学部の授業料が一律で535,800円であることを考えると、杏林大学の年間授業料は国立大学の6年間分の授業料相当であることがわかります。

 

それでも杏林大学の授業料は、全国の私立大学医学部の中では特別高いというわけではなく、ほぼ平均的な金額となっています。私立大学の医学部に通うためには、必要となる学費がしきいをさらに上げています。

 

その他費用

費用名 金額
学生教育研究災害傷害保険料 4,700円
杏会(保護者会)費 300,000円
学生会費 136,000円
同窓会費 150,000円
合計 590,700円

 

杏林大学医学部では、入学金と授業料のほかにも、学生教育研究災害傷害保険料、学生会費、父兄会費がかかってきます。

 

初年度のみかかる費用は、学生教育研究災害傷害保険料が4,700円、杏会(保護者会)費が300,000円、学生会費が136,000円、同総会費が150,000円です。

 

2年次以降に必要な会費はなく、6年間でかかる費用は、初年度の会費のみとなり上記を合計すると590,700円がかかることになります。

杏林大学医学部の学費の支払いを軽減する方法

杏林大学は私立大学であるため、大学に通う6年間で3,700万円というかなり高額な学費を支払う必要があります。

 

その学費の高さゆえに、医学部を受験すること自体をためらっているという方のために、杏林大学には奨学金制度と授業料減免制度が用意されています。

 

奨学金

杏林大学医学部で利用することができる独自の奨学金は、奨学金、緊急時奨学金、海外研修・留学奨学金、成績優秀学生奨励金の4種類があります。

奨学金

金額 360,000円
人数 42人まで
対象者 本学におけるGPA(成績評価平均値)・人物がともに優れ、修学継続の熱意があるにもかかわらず、経済的事由によって修学(授業料の納入)が困難な者。

 

緊急時奨学金

金額 500,000円まで
人数 30人まで
対象者 保護者(家計支持者)の経済的な状況が急変し、学業継続の意志が認められるにも拘らず、修学の継続が極めて困難な者。

 

海外研修・留学奨学金

金額 海外留学の場合:300,000円・500,000円・700,000円

海外研修の場合:150,000円・250,000円・350,000円

人数 要確認
対象者 本学での学業状況に加え、留学によって成果が期待できる奨学生に相応しい者。

 

成績優秀学生奨励金

金額 50,000円
人数 1人まで
対象者 2年生以上の在学生で、前年度の学業成績が優秀で、かつ人物・生活面に優れた者上位1名。

 

授業料減免

杏林大学医学部の授業料減免制度には、特待生による授業料免除制度があります。

特待生授業料免除制度

金額 初年度費用の800万円(年間授業料300万円、年間実験実習費100万円、年間施設設備費400万円)を免除。

または2年次費用の200万円(前期授業料150万円、前期実験実習費50万円)を免除。

人数 15人まで
対象者 一般入試の正規合格者のうち、成績上位者最大で15名まで

 

また、他大学の学費や奨学金制度、授業料減免制度などについて詳しく知りたい方は、「医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)」を参考にしてみましょう。

医学部学費ランキング(国立:公立:私立大学)
医学部学費ランキング(国立/公立/私立大学)
2019-06-13 00:46
医学部の学費事情 学費は国公立大学と私立大学で大きく異なる 日本における医学部の学費は、国公立大学と私立大学で大きく異なっています。 国公立大学では、医学部の学費は6年間で350...