【2020年度】秋田大学医学部の倍率や定員
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

秋田大学医学部の前期試験の倍率や定員

秋田大学医学部を受験するにあたって必要となるのが、試験における募集人数や倍率について把握しておくことです。

 

医学部を目指す多くの受験生がライバルとなるので、募集人数がどれくらいかは知っておくようにしましょう。さらに、募集人数に対して実際にどれくらいの志願者が集まるか、つまり倍率がどうなっているかについても調べておきましょう。

 

直近6年間の変遷

 

年度 募集人数 志願者数 倍率
2015 55 218 4.0
2016 55 259 4.7
2017 55 281 5.1
2018 55 400 7.2
2019 55 200 3.6
2020 55 364 6.6

 

秋田大学医学部の前期試験の倍率や定員は、上の表の通りとなっています。

募集人数(定員)

秋田大学医学部の前期試験における募集人数は、過去6年間で変化しておらず、55名の状態が続いています。定員が限られているため、秋田大学医学部の前期試験では倍率が高くなりやすい傾向にあります。

 

2020年度の前期試験の募集人数も55名と例年通りであったので、2021年度も募集人数が変化することはなく55名のままであると予想されます。ただし、少子化などの影響を受けて募集人数が縮小される可能性はあります。

志願者数

秋田大学医学部の過去6年間の前期試験における志願者数は、200〜400名ほどで推移しています。志願者数が200名台であることが多いですが、2018年度には急激に志願者数が増えて400名に達しています。

 

秋田大学医学部の難易度が下がったわけではないので、同レベル大学から受験生が流入したと考えられます。2020年度も志願者数が多く、360名を超えています。2021年度にはその反動から、志願者数が200名台に戻ることが予想されます。

倍率

秋田大学医学部の過去6年間の前期試験における倍率は、3.6〜7.2の間で推移しています。募集人数が一度も変化していないので、倍率は志願者数の変化によって上下することになります。

 

もっとも倍率が高かったのは2018年度の7.2となっています。2020年度にも志願者数が多かったことで倍率が高くなっており、6.6まで上昇しています。2021年度には前年度の倍率の高さから敬遠されることが考えられるので、倍率は落ち着くと予想されます。

 

他大学と比較

 

順位 倍率 大学名 都道府県
2位 7.8 島根大学 島根県
3位 7.7 愛媛大学 愛媛県
4位 7.4 奈良県立医科大学 奈良県
5位 7.0 旭川医科大学 北海道
6位 6.7 高知大学 高知県
7位 6.6 秋田大学 秋田県
8位 5.6 山口大学 山口県
9位 5.4 広島大学 広島県
9位 5.4 佐賀大学 佐賀県
9位 5.4 熊本大学 熊本県
12位 5.1 鳥取大学 鳥取県

 

秋田大学医学部の前期試験における倍率は6.6で、これは全国50校の国公立大学の医学部の中で7位という順位になっています。全国で見ても上位に入っているので、秋田大学医学部の倍率は非常に高いものであると言えます。

 

募集人数が55名と狭き門であることに加え、国公立大学の中では偏差値が低めであることから、倍率が高くなりやすい傾向にあります。また東北地方では医学部がある数が限られていることも、倍率が高くなる原因の1つです。

秋田大学医学部の後期試験の倍率や定員

秋田大学医学部では後期試験も実施しています。ただし、医学部の後期試験を実施する大学は限られているので、多くの受験生が集まることになります。そのため、後期試験ではどの大学でも前期試験と比べて倍率が跳ね上がることになる点は注意が必要です。

 

直近6年間の変遷

 

年度 募集人数 志願者数 倍率
2015 25 314 12.6
2016 25 246 9.8
2017 25 286 11.4
2018 25 352 14.1
2019 25 419 16.8
2020 20 338 16.9

 

秋田大学医学部の後期試験の倍率や定員は、上の表の通りとなっています。

募集人数(定員)

秋田大学医学部の後期試験における募集人数は、2019年度までは25名で一貫していましたが、2020年度に募集人数の削減が行われて20名となっています。多くの大学で後期試験の枠は減少傾向にあり、秋田大学でも募集人数が減らされたものと考えられます。

 

削減はされたものの、国公立大学医学部の後期試験としては十分多い募集人数と言えます。2021年度の募集人数は2020年度と同じ20名のままか、さらに減少すると予想されます。

志願者数

秋田大学医学部の後期試験における志願者数は、250~420名前後で推移しています。特に志願者が多かったのが2019年度で、419名となっています。その反動から2020年度には志願者数がやや減少し、338名となっています。

 

2020年度には志願者数が減少したものの、倍率は高水準のままでした。これは2020年度には広島大学、鳥取大学、福島県立医科大学が後期試験を廃止したことによるもので、秋田大学にも受験生が流れてきたことが予想されます。

 

倍率

秋田大学医学部の過去6年間の後期試験における倍率は、もっとも低い2016年度でも9.8、もっとも高い2020年度が16.9と非常に高水準になっています。

 

2020年度には前年度よりも志願者数が減少していますが、募集人数も削減されてているため、結局倍率は上がる結果となっています。

 

2021年度には香川大学と愛媛大学が新たに後期試験を廃止することを発表しているので、さらに秋田大学の後期試験の倍率が高騰することが予想されます。

 

他大学と比較

 

順位 倍率 大学名 都道府県
7位 18.0 宮崎大学 宮崎県
8位 17.3 香川大学 香川県
8位 17.3 愛媛大学 愛媛県
10位 16.9 秋田大学 秋田県
11位 16.8 東京医科歯科大学 東京都
12位 15.7 福井大学 福井県
13位 15.1 富山大学 富山県

 

秋田大学医学部の後期試験における倍率は16.9となっていて、これは全国の後期試験を実施している20校の国公立大学医学部の中で10位です。かなり高い倍率ではありますが、ちょうど中間程度の順位に入っているため、後期試験の中では平均的な倍率であることが分かります。

 

ただし、あくまでも後期試験の中では平均的であるというだけで、16.9という倍率は非常に激しい競争となります。数多くのライバルとなる受験生との競争に勝って合格を勝ち取るのは、決して簡単なことではありません。

 

秋田大学医学部の後期試験での合格を狙うには、十分な対策をして学力を高めておく必要があるでしょう。

 

また、そのほかの大学医学部の倍率や定員を知りたいという方は、「【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期/後期/私立)」も参考にしてください。

【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期・後期・私立)
【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期/後期/私立)
2020-03-29 21:40
医学部の倍率はどのくらい? 医学部受験をするにあたり、各大学の倍率がどのくらいなのか知っておくことは大切です。倍率を知ることで志望校にどのくらいの受験生が集まるのか、つまりライバル...

 

秋田大学のような国公立大学を目指す場合、授業を受けて「わかったつもり」になってしまっているようでは合格に近づくことができません。

 

多くの医学部合格実績のある武田塾医進館では、あえて「授業をしない」指導法によって、無駄な時間を与えません。100点を取るまで帰らせないテストなどもあり、着実に実力をつけることができます。

 

そんな武田塾医進館では、医学部受験に悩みを抱えている受験生に対して無料の受験相談を行っています。無理に勧誘することもありませんので、ぜひ一度無料相談をお申し込みください。