【2020年度】長崎大学医学部の倍率や定員
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

長崎大学医学部の前期試験の倍率や定員

長崎大学医学部を受験するにあたって重要となるのが、試験における募集人数と倍率を知っておくことです。医学部受験は数多くの優秀な受験生との競争となるので、募集人数が何人かを前もって確認しておきましょう。

 

さらに、募集人数に対して実際にどれくらいの志願者が集まるか、つまり倍率がどうなっているかについても把握しておきましょう。倍率の高さは試験への合格ハードルを測る基準として考えることができます。

 

直近6年間の変遷

 

年度 募集人数 志願者数 倍率
2015 76 494 6.5
2016 76 317 4.2
2017 76 371 4.9
2018 76 518 6.8
2019 76 395 5.2
2020 76 284 3.7

 

長崎大学医学部の前期試験の倍率や定員は、上の表の通りとなっています。

募集人数(定員)

長崎大学医学部の過去6年間の前期試験における募集人数は、2020年度まで76名のままで変化はありません。

 

近年では地域医療を重視して地域枠に募集人数を割いたり、少子化に合わせて募集人数そのものを減らす医学部もありますが、長崎大学医学部では今のところそのような予定はないようです。

 

今後も募集人数が大きく減るようなことはなく、2021年度の前期試験においても例年通り募集人数は76名と考えて良さそうです。

志願者数

長崎大学医学部の前期試験への志願者数は年度によってまちまちで、前年度の志願者数や倍率の影響で変化していると考えられます。

 

2018年度には志願者数が非常に多く500名を超えていましたが、2019年度ではその反動からかやや減少しています。さらに減少傾向が続いて2020年度には志願者数が284名まで減り、過去6年間で最低の数字となっています。

 

大きく減少した結果から考えると、2021年度には逆にそこから志願者がある程度は増えることが予想されます。

倍率

長崎大学医学部の前期試験では、過去6年間で募集人数が変化していません。そのため、倍率は志願者数の変化によって上下すると見ることができます。

 

2018年度には志願者数がもっとも多かったので、倍率も6年間で最高の6.8となっています。その反動か2019年度には志願者数が減りましたが、それでも5.2と高い状態が続いています。

 

2020年度には志願者数が大きく減ったことで、倍率は3.7に落ち着いています。そのため2021年度には志願者が再度増え、倍率も上がることが考えられます。

 

他大学と比較

 

順位 倍率 大学名 都道府県
26位 3.9 信州大学 長野県
28位 3.8 北海道大学 北海道
28位 3.8 岡山大学 岡山県
28位 3.8 琉球大学 沖縄県
31位 3.7 金沢大学 石川県
31位 3.7 長崎大学 長崎県
33位 3.4 千葉大学 千葉県
34位 3.3 東北大学 宮城県
34位 3.3 名古屋大学 愛知県
36位 3.2 横浜市立大学 神奈川県
36位 3.2 滋賀医科大学 滋賀県

 

長崎大学医学部の前期試験における倍率は3.7となっていて、これは全国50の国公立大学医学部のうちで31位です。全国で見るとやや下位に位置しているため、長崎大学医学部の倍率はやや低いものであると言えます。

 

倍率は落ち着いているものの、長崎大学は歴史のある旧官立大学のひとつであり、九州地方の受験生を中心として医学部を目指す受験生からの人気が高い医学部となっています。そのため志望する受験生がそれなりに多く、合格の枠を巡ってハイレベルな争いをすることになります。

 

試験の倍率が低くなっているからと言って簡単に合格できるというわけではないので、合格を勝ち取るためには十分な対策をしておく必要があります。

 

また、そのほかの大学医学部の倍率や定員を知りたいという方は、「【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期/後期/私立)」も参考にしてください。

【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期・後期・私立)
【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期/後期/私立)
2020-03-29 21:40
医学部の倍率はどのくらい? 医学部受験をするにあたり、各大学の倍率がどのくらいなのか知っておくことは大切です。倍率を知ることで志望校にどのくらいの受験生が集まるのか、つまりライバル...

 

長崎大学のような国公立大学を目指す場合、授業を受けて「わかったつもり」になってしまっているようでは合格に近づくことができません。

 

多くの医学部合格実績のある武田塾医進館では、あえて「授業をしない」指導法によって、無駄な時間を与えません。100点を取るまで帰らせないテストなどもあり、着実に実力をつけることができます。

 

そんな武田塾医進館では、医学部受験に悩みを抱えている受験生に対して無料の受験相談を行っています。無理に勧誘することもありませんので、ぜひ一度無料相談をお申し込みください。

 

ほかにも、長崎大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「長崎大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

長崎大学医学部の特徴や評判
長崎大学医学部の特徴や評判
2019-12-21 03:26
長崎大学医学部の特徴 沿革 長崎大学医学部の前身は、1857年に医学伝習を開始した長崎奉行所西役所医学伝習所となっています。その後医学所の開校や名称の変更、移転等様々な変遷を経て1...