【2020年度】九州大学医学部の倍率や定員
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

九州大学医学部の前期試験の倍率や定員

九州大学医学部を志望する方がやっておくべきことが、前もって試験の定員や倍率の推移を調べておくことです。

 

全国の受験生と定員の枠を競うことになるので、試験で何人募集しているかはチェックしておきましょう。定員は年度によって変わることもあります。

 

また定員に対して志願者がどれくらいいるか、すなわち倍率がどうなっているかも知っておきましょう。合格ハードルを推測するうえで、倍率を参考にすることができます。

 

直近6年間の変遷

 

年度 募集人数 志願者数 倍率
2015 111 379 3.4
2016 111 351 3.2
2017 111 342 3.1
2018 111 326 2.9
2019 111 356 3.2
2020 110 271 2.5

 

九州大学医学部の前期試験の倍率や定員は、上の表の通りとなっています。

募集人数(定員)

九州大学医学部の前期試験における募集人数は、2019年度まで一貫して111名でした。

 

2020年度にはわずかに減少し、110名となっています。もともと国公立大学の中では募集人数がかなり多かったこともあり、枠が削減されたと考えられます。

 

枠が減ったと言ってもわずかに1名のみなので、今後も急に大きく募集人数が減ることはないと思われます。そのため、2021年度も110名前後の募集人数と予想されます。

志願者数

九州大学医学部の前期試験における志願者数は、2019年度までは320~380人程度で推移していました。しかし、2020年度には271名と志願者数が大幅に減少しています。

 

2020年度には、九州大学でもついに医学部面接試験を導入したため、今まで面接がない唯一の国立大学として九州大学を受験していた層が離れていってしまったことが考えられます。

 

また2020年度は最後のセンター試験であったことから、できるだけ浪人を避けたい受験生が難易度の高い九州大学への志願を避けたものと考えられます。

 

しかし2020年度に志願者数が少なかったため、2021年度には狙い目と考える受験生が増え、志願者数が増加することも予想されます。

倍率

九州大学医学部の募集人数は2019年度まで111名、2020年度も110名とほぼ変化がありません。そのため、倍率は志願者数の増減によって変化していると言えます。

 

2017年度まで倍率は3~4を推移していましが、2018年度に2.9まで下がっています。2019年度には3.2と倍率が戻っていますが、2020年度には志願者数の減少に伴って倍率が2.5と大きく下がっています。その反動のため、2021年度には再び倍率が上がると考えられます。

 

他大学と比較

 

順位 倍率 大学名 都道府県
41位 2.7 京都大学 京都府
41位 2.7 神戸大学 兵庫県
43位 2.6 群馬大学 群馬県
43位 2.6 大阪市立大学 大阪府
45位 2.5 京都府立医科大学 京都府
45位 2.5 九州大学 福岡県
47位 2.4 筑波大学 茨城県
47位 2.4 徳島大学 徳島県
49位 2.1 和歌山県立医科大学 和歌山県

 

九州大学医学部の前期試験の倍率は2.5となっており、全国50校の国公立大学の中では45位という順位に位置しています。国公立大学の中ではかなり下位になっているので、九州大学医学部の倍率は低いと言えます。

 

これは九州大学が人気がないというわけではなく、募集人数が医学部としては非常に多いためであると考えられます。実際に年度によっては倍率が3を上回ることも少なくありません。

 

国公立大学の医学部であるため当然受験生のレベルも高く、倍率が低いからと言って合格難易度が低いということは決してありません。九州大学医学部で前期試験の合格を勝ち取るためには、他の受験生に負けない学力を身につけておくことが求められます。

 

また、そのほかの大学医学部の倍率や定員を知りたいという方は、「【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期/後期/私立)」も参考にしてください。

【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期・後期・私立)
【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期/後期/私立)
2020-03-29 21:40
医学部の倍率はどのくらい? 医学部受験をするにあたり、各大学の倍率がどのくらいなのか知っておくことは大切です。倍率を知ることで志望校にどのくらいの受験生が集まるのか、つまりライバル...

九州大学のような最難関の大学を目指す場合、授業を受けて「わかったつもり」になってしまっているようでは合格に近づくことができません。

 

多くの医学部合格実績のある武田塾医進館では、あえて「授業をしない」指導法によって、無駄な時間を与えません。100点を取るまで帰らせないテストなどもあり、着実に実力をつけることができます。

 

そんな武田塾医進館では、医学部受験に悩みを抱えている受験生に対して無料の受験相談を行っています。無理に勧誘することもありませんので、ぜひ一度無料相談をお申し込みください。

 

ほかにも、九州大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「九州大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

九州大学医学部の特徴や評判
九州大学医学部の特徴や評判
2019-12-17 16:54
九州大学医学部の特徴 沿革 九州大学医学部は、1903年に京都帝国大学福岡医科大学として創立、1911年に九州帝国大学医科大学となりました。その後、九州帝国大学は1947に九州大学...