【2020年度】神戸大学医学部の倍率や定員
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

神戸大学医学部の前期試験の倍率や定員

旧帝大並みの難易度を誇る大学であり、日本全国から優秀な学生が集まっている神戸大学。関西だと京都大学・大阪大学に次ぐ3番目に難しい医学部のある大学であることから、特に地元に住む学生から人気の大学です。

 

カリキュラムはハードではありますが、みっちり勉強したい学生には良い大学と言えるでしょう。そんな神戸大学に合格するためには、倍率もしっかり把握しておくべきでしょう。そこで今回は神戸大学の前期試験の倍率や定員を紹介します。

 

直近6年間の変遷

 

年度 募集人数 志願者数 倍率
2015 77 280 3.6
2016 77 317 4.1
2017 92 346 3.8
2018 92 290 3.2
2019 92 279 3.0
2020 92 250 2.7

 

募集人数(定員)

神戸大学医学部の定員は、一般92名・推薦10名・AO10名の計112名です。2017年から一般入試の定員が77名から92名となりましたが、その代わりAO枠が25名から10名に減らされ、前期試験全体の定員はこの6年間で変わることはありませんでした。

 

また、大学によっては実際の定員より数名多く合格させることがありますが、神戸大学は余程のことがない限り定員分しか合格させません。そのため、他の大学と違って運よく滑り込み合格というのはあまり期待しない方が良いでしょう。

志願者数

神戸大学医学部の志願者数は年々減少傾向にあります。近年医師の労働環境が問題となり、若者の医学部離れが進んだことも影響しているかと思われます。

 

さらに2020年はセンター試験が廃止されることから、安全志向の学生が多く、難関大学はどこも志願者が少ない傾向にありました。

 

一方で、逆に難関校の倍率が下がっていることを逆手にとってワンランク上の学校を受験する学生もおり、神戸大学よりもレベルが上である大阪大学の倍率が2.9倍と例年よりも高い結果となったので、大阪大学に学生が流れたというのも大きいでしょう。

 

ただし、コロナショックの影響もあり、2021年度以降は公務員など安定した職業が人気を集める可能性が高いことから、医学部に関しても志願者が少し増える可能性があります。

倍率

神戸大学医学部の倍率は毎年3台ではありましたが、2020年度はここ6年で最低である2.7倍となっています。

 

この理由に関しては、センター試験最後の年で浪人すると来年度の受験で不利になるからという理由で安全志向の学生が多かったためと予想されます。おそらく来年以降は、元の倍率程度まで戻る可能性が高いでしょう。

 

他大学と比較

 

順位 倍率 大学名 都道府県
36位 3.2 滋賀医科大学 滋賀県
38位 2.9 札幌医科大学 北海道
38位 2.9 大阪大学 大阪府
40位 2.8 名古屋市立大学 愛知県
41位 2.7 京都大学 京都府
41位 2.7 神戸大学 兵庫県
43位 2.6 群馬大学 群馬県
43位 2.6 大阪市立大学 大阪府
45位 2.5 京都府立医科大学 京都府
45位 2.5 九州大学 福岡県
47位 2.4 筑波大学 茨城県

 

神戸大学の倍率は2.7倍と、全国の国公立大学の中で41位の人気度です。神戸大学医学部は日本の医学部の中でもトップ10に入るほどの難易度を誇る大学です。

 

さらに、就職する際に神戸大学以外の医局を選択することも可能であり、医師として働くにあたって自由度も高いと言えます。

 

しかし神戸大学は旧帝大に劣らないレベルであるものの、やはり旧帝大のネームバリューは大きく、旧帝大に志願者が流れがちです。それゆえに比較的医学部の中でも倍率が低く、難関医学部の中でも穴場と言えるでしょう。

 

それでも、いくら倍率が低いからとはいえ、神戸大学は後期試験がないことから、前期試験の一発勝負でしっかり対策したうえで受験する必要があります。国公立医学部は私立と比べて受験科目も多いので、受験にはかなりの勉強時間を確保すべきでしょう。

 

また、そのほかの大学医学部の倍率や定員を知りたいという方は、「【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期/後期/私立)」も参考にしてください。

【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期・後期・私立)
【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期/後期/私立)
2020-03-29 21:40
医学部の倍率はどのくらい? 医学部受験をするにあたり、各大学の倍率がどのくらいなのか知っておくことは大切です。倍率を知ることで志望校にどのくらいの受験生が集まるのか、つまりライバル...

 

神戸大学のようなハイレベルな国公立大学を目指す場合、授業を受けて「わかったつもり」になってしまっているようでは合格に近づくことができません。

 

多くの医学部合格実績のある武田塾医進館では、あえて「授業をしない」指導法によって、無駄な時間を与えません。100点を取るまで帰らせないテストなどもあり、着実に実力をつけることができます。

 

そんな武田塾医進館では、医学部受験に悩みを抱えている受験生に対して無料の受験相談を行っています。無理に勧誘することもありませんので、ぜひ一度無料相談をお申し込みください。

 

ほかにも、神戸大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「神戸大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

神戸大学医学部の特徴や評判
神戸大学医学部の特徴や評判
2019-12-13 15:22
神戸大学医学部の特徴 沿革 神戸大学は、1902年に開校された旧制神戸高等商業学校を基とする非常に歴史の長い大学です。医学部は1964年に神戸医科大学を併合したことで誕生しました。...