【2020年度】大阪市立大学医学部の倍率や定員
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

大阪市立大学医学部の前期試験の倍率や定員

キャンバスが天王寺にあり、立地の良さから高い人気を誇る大阪市立大学。偏差値も70程度と日本の医学部の中でも上位に入る難関大学です。そんな大阪市立大学医学部の定員や倍率はどの程度なのでしょうか。

 

そこで今回は大阪市立大学の定員や倍率、志願者数などの傾向を紹介します。受験を成功させるためには勉強をするだけでなく大学に関する情報収集も重要です。

 

大阪市立大学の倍率などもしっかり把握し、合格できる可能性があるかどうか見極めたうえで受験しましょう。

 

直近6年間の変遷

 

年度 募集人数 志願者数 倍率
2015 95 308 3.2
2016 95 293 3.1
2017 95 346 3.6
2018 95 364 3.8
2019 80 278 3.5
2020 80 205 2.6

 

大阪市立大学医学部の前期試験の倍率や定員は、上の表の通りとなっています。

募集人数(定員)

大阪市立大学の前期の募集人数は、2018年までは一般枠が80名、地域医療枠が10名、大阪府指定医療枠が5名の計95名でした。

 

しかし、2019年に推薦入試・AO入試を導入したことによって前期に割り振られる人数が減り、一般枠75名、大阪府指定医療枠5名に加えて、推薦の地域医療枠10名、AO入試5名の計95名となりました。

 

したがって2019年以降は、推薦・AOに定員枠が割り振られた分、一般枠の難易度は上がったと言えるでしょう。

 

※大阪市立大学では、前期試験の受験者全員のデータのみを公表しており、内訳の人数については不明です。そのため、2018年以前は一般枠・地域医療枠・大阪府指定医療枠を合わせた95名、2019年以降は一般枠・大阪府指定医療枠を合わせた80名のデータを掲載しています。

志願者数

大阪市立大学医学部の志願者数は毎年300名前後でしたが、2020年度は205名と大幅に受験者数が減る結果となりました。

 

もともと関西は医学部がある大学が多く、大阪市立大学を受験できるレベルの学力があるなら大阪大学や神戸大学の医学部に進学する傾向があります。

 

そのため、全国の医学部の中でも倍率が低かった大阪市立大学では、2020年度の指定医療枠の廃止によりさらに志願者数を減らす結果となりました。

 

医学部は国公立でも学費が高額であるため、どうしても指定医療枠を狙って受験する学生は一定数います。その指定医療枠が廃止されたことにより、他の指定医療枠が用意されている大学に志願者が流れる結果となりました。

倍率

大阪市立大学医学部の倍率は基本的には3.5前後となっています。特に大阪をはじめとする関西の学生から人気を集めており、地元が関西という受験生が比較的多いです。

 

しかし、2020年度は大阪府指定医療枠が廃止されたこと、2021年度からセンター試験から大学入学共通テストに切り替わることで安全志向の学生が多かったことから、2.6倍と大幅に倍率を下げる結果となりました。

 

しかし、2021年度以降は2020年度のように浪人生が圧倒的に不利になる状況でなくなることから、倍率は少し上がる可能性が高そうです。

 

他大学と比較

 

順位 倍率 大学名 都道府県
38位 2.9 大阪大学 大阪府
40位 2.8 名古屋市立大学 愛知県
41位 2.7 京都大学 京都府
41位 2.7 神戸大学 兵庫県
43位 2.6 群馬大学 群馬県
43位 2.6 大阪市立大学 大阪府
45位 2.5 京都府立医科大学 京都府
45位 2.5 九州大学 福岡県
47位 2.4 筑波大学 茨城県
47位 2.4 徳島大学 徳島県
49位 2.1 和歌山県立医科大学 和歌山県

 

大阪市立大学医学部の倍率は、全国の国公立大学の中でも43位とかなり低いです。その理由としては、臨床実習が少ないことや、他の大学と比べてサポートがあまり手厚くないなどといった理由があるようです。

 

それでも臨床実習の少なさに関しては学校の方でも見直しが行われており、スキルスシミュレーションセンターを使って手技の練習も可能となりました。

 

今年は倍率が低かったとはいえ、偏差値70程度の最難関大学の1つにも位置付けられるため、十分な対策をして本番に臨みましょう。

 

また、そのほかの大学医学部の倍率や定員を知りたいという方は、「【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期/後期/私立)」も参考にしてください。

【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期・後期・私立)
【2020年速報】医学部倍率ランキング(国公立前期/後期/私立)
2020-03-29 21:40
医学部の倍率はどのくらい? 医学部受験をするにあたり、各大学の倍率がどのくらいなのか知っておくことは大切です。倍率を知ることで志望校にどのくらいの受験生が集まるのか、つまりライバル...

 

大阪市立大学のような最難関の大学を目指す場合、授業を受けて「わかったつもり」になってしまっているようでは合格に近づくことができません。

 

多くの医学部合格実績のある武田塾医進館では、あえて「授業をしない」指導法によって、無駄な時間を与えません。100点を取るまで帰らせないテストなどもあり、着実に実力をつけることができます。

 

そんな武田塾医進館では、医学部受験に悩みを抱えている受験生に対して無料の受験相談を行っています。無理に勧誘することもありませんので、ぜひ一度無料相談をお申し込みください。

 

ほかにも、大阪市立大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「大阪市立大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

大阪市立大学医学部の特徴や評判
大阪市立大学医学部の特徴や評判
2019-11-15 13:58
大阪市立大学医学部の特徴 沿革 大阪市立大学の医学部は、1944年4月に設立された大阪市立医学専門学校から始まり、その後大阪市立医科大学を経て大阪市立大学医学部となりました。現在大...