岐阜大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

岐阜大学医学部の面接概要

岐阜大学医学部の面接は前期・後期ともに集団討論の形で行われます。後期日程では面接の配点も高く、しっかりと対策をする必要があります。

 

今回は、岐阜大学医学部の面接の概要や特徴などについてご紹介していきます。

 

面接時間

15分程度

 

面接人数

面接官3人、受験生5人

 

面接形式

面接は集団討論の形で行われます。はじめに、受験生5人が円形に着席します。テーマが書かれた紙を面接官から渡され、その後受験生同士で司会を決めます。

 

討論が開始されてから終了するまで面接官が口をはさむことはありません。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

受験番号によっては待ち時間が長くなりますので、面接対策ノートを読んだりしてリラックスして待てるように工夫しましょう。

岐阜大学の面接の特徴

面接の配点はない

岐阜大学医学部の面接(集団討論)は点数では評価されません。面接は総合判定の資料とし、大学の掲げるアドミッションポリシーに適さない場合は学力試験が合格点に達していても不合格になります。

 

集団討論で評価する

岐阜大学医学部の面接では集団討論が行われるのが特徴です。お題は時事問題を中心に幅広く出題されます。面接官は討論の内容ももちろんですが、討論中の受験生の様子も重点的に評価しています。

 

普段、集団討論を行う機会はあまりないと思いますので、十分な対策して臨みましょう。

 

医療人としての適性を評価

岐阜大学医学部の募集要項には面接の目的を「医療人、医学研究者となるにふさわしい資質と適性をみるため」と明記しています。医師は、さまざまな職種と関わりながらチームで患者の治療を行います。

 

他者とスムーズなコミュニケーションがとれるか、偏った考え方をしていないかどうかは重要な評価ポイントとなります。

岐阜大学医学部の面接対策

過去に出題された討論のテーマ

  • 人工知能について
  • 小学校からの英語教育について
  • 車社会の長所・短所
  • SNSでのコミュニケーションについて
  • 国際化の意義
  • 医師に定年は必要かどうか
  • 大学の秋入学について
  • 動物園は必要かどうか
  • 成人年齢の引き下げについて
  • 絶滅危惧種は守るべきか

 

面接アドバイス

集団討論になれておこう

集団討論では、面接官は受験生のコミュニケーション能力や積極性、協調性などを主に評価しています。自分の意見ばかりを主張するのではなく、他の人の意見も聞いているという姿勢が重要です。自分が意見を述べるときは、理由とともに簡潔に伝えられるようにしましょう。

 

さらに余裕があれば、意見が出ていない受験者を気遣ったりできるとなお良いでしょう。当然ですが、感情的になったり、他者に攻撃的な発言をすることはマイナスとなります。

 

集団討論は経験してはじめて気付けることも多いので、実際に先生や友人らと本番にあわせて練習することを強くおすすめします。

 

時事問題は常にチェックしよう

岐阜大学医学部で出題される討論のテーマは時事問題が中心です。出題は医療分野だけではないので、普段から広い視野でニュースや新聞などに目を通しておくことが大切です。

 

話題になっている事柄に対しては、自分なりの考えを述べられるようにしておきましょう。なぜその問題がおこったのか、今後の展望はあるのかなど、1つの問題に対して深く考えられるようになると、討論でも焦らずに対応できるようになります。

 

明確な答えがないテーマにもチームで答えを出そう

討論で与えられるテーマには明確な答えがないものも多いです。面接官はそういったテーマを故意に選ぶことで、受験者の反応を見ています。例えば、大学の秋入試については未だ世間でも意見が分かれ議論されてます。

 

討論の良いところは、答えのない問いでも他者と協力し合うことでよりよい解決策を見つけられるということです。受験という枠組みでは競争相手ですが、討論のときはライバルだと思わずに互いに協力して課題に取り組みましょう。

 

さらに、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

また、岐阜大学医学部の面接を乗り切るには、なにより面接の準備をしておくことが大切です。準備なしに本番に臨んでしまうと、面接官が期待する回答と的外れなことを答えてしまいかねません。

 

徹底した個別指導で知られる武田塾医進館では、医学部の面接対策も万全です。まずは面接の「型」を教えた上で、面接に苦手意識がある受験生には面接対策の時間を増やすなど、生徒の一人一人の学習状況に合わせて臨機応変に指導プランを決めてくれます。

 

今なら医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、岐阜大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「岐阜大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

岐阜大学医学部の特徴や評判
岐阜大学医学部の特徴や評判
2019-12-09 18:20
岐阜大学医学部の特徴 沿革 岐阜大学は1949年に学芸学部と農学部の2学部で開校しました。医学部は1964年に設置され、現在5つの学部と8つの大学院を有する総合大学となっています。...