福井大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

福井大学医学部の面接概要

福井大学医学部の面接は個人面接形式で行われます。面接は穏やかな雰囲気で行われることがほとんどですが対策は必要です。

 

今回は、福井大学医学部の面接の概要や特徴などについてご紹介していきます。

 

面接時間

10~20分程度

 

面接人数

面接官3人、受験生1人

 

面接形式

福井大学医学部の面接は、個人面接形式で行われます。受験生は面接官と机をはさんで向き合うように着席し、3人の面接官からそれぞれ質問が出されます。

 

多くの場合、圧迫の雰囲気はなく和やかな雰囲気で進行します。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

順番が呼ばれるまで広い部屋で待機します。本などの持込みはできますので、待ち時間が長くなった場合に備えて面接対策ノートなどをもっていくとよいでしょう。

福井大学医学部の面接の特徴

面接は点数化される

福井大学医学部では面接は点数をつけて評価します。前期日程の面接点は100点です。センター試験900点、二次試験の学科試験は600点ですので、面接の配点は100/1600点となります。

 

後期はセンター試験450点、面接120点、小論文100点ですので、面接の配点は120/670点です。特に後期は面接の配点が高くなっていますので、学科試験の足を引っ張らないようにしっかり対策しましょう。

 

医師としての適性を評価

福井県大学医学部の募集要項には「人間性、自主性、思考力、表現力、責任感など医学生としての適性と能力を評価する」と明記されています。これらの能力は、チームでさまざまな職種と係わり合いながら患者の治療に当たる医師には求められることになります。

 

面接官は答えの内容だけでなく、受験生が偏った考え方をしていないか、他人とスムーズなコミュニケーションがとれるかなども評価しています。将来医師になるものとしての自覚をもって面接に臨みましょう。

 

面接で一発不合格もありうる

福井大学の募集要項には、面接の評価が著しく低い場合は総合得点にかかわらず不合格にすることがあると書かれています。

 

例えば、面接官の質問に答えず無言を貫いてしまった、感情的になって暴言を吐いてしまったなど普通ではありえないような言動に出た場合、一発不合格になる可能性があります。

 

実際に一発不合格になることはごくまれですが、面接を甘くとらえずしっかりと対策することが重要です。

福井大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 医師志望理由
  • 本学志望理由
  • 福井県の魅力
  • 試験の出来について
  • 理想の医師像
  • 卒業後は福井県に残るか
  • 自分の長所・短所
  • 留学したいか
  • アピールポイント
  • 人生で挫折したこと
  • 高校生活の1番の思い出
  • 福井県が抱える医療問題について

 

面接アドバイス

想定質問に対する準備をしよう

福井大学医学部の面接では、医学部を受験するにあたって予想しやすい質問が多く聞かれます。面接のほとんどが穏やかな雰囲気の中で行われますので、しっかりと準備をして、緊張しすぎずに臨みましょう。

 

特に、浪人生や福井県以外の出身者の場合、大学志望動機はどんな角度から聞かれても答えられるように対策しましょう。

 

事前に予想問題を考え、自分なりの答えをまとめて面接対策ノートを作るのも本番に役立ちます。また、模擬面接などで練習し、第3者から客観的に評価してもらうのもよいでしょう。

 

面接の基本をおさえよう

面接は比較的穏やかな雰囲気で行われ、厳しい質問はほとんどありません。しかし、一定の基準を満たすために最低限の面接マナーは身に着けてから臨みましょう。

 

面接は面接室に入室したときからすでにはじまっています。挨拶の仕方や身のこなしなども評価に含まれます。また、面接中の話す態度や言葉遣いにも気をつけましょう。

 

こういった能力はすぐに身につくものではありません。ときには自分のしぐさや態度、口癖などを振り返る機会を作り、普段から直すように意識することも重要です。

 

福井県について調べておこう

面接では、福井県の特徴について質問されることが多いです。特に福井県の医療問題についてはどのような課題があるのか調べておきましょう。

 

例えば、福井大学の医療問題としては「地域医療」、「高齢化」、「医療人材の確保」などがあげられますが、1つ1つに対して自分なりの考えをまとめておくとよいでしょう。

 

さらに、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

また、福井大学医学部の面接を乗り切るには、なにより面接の準備をしておくことが大切です。準備なしに本番に臨んでしまうと、面接官が期待する回答と的外れなことを答えてしまいかねません。

 

徹底した個別指導で知られる武田塾医進館では、医学部の面接対策も万全です。まずは面接の「型」を教えた上で、面接に苦手意識がある受験生には面接対策の時間を増やすなど、生徒の一人一人の学習状況に合わせて臨機応変に指導プランを決めてくれます。

 

今なら医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、福井大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「福井大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

福井大学医学部の特徴や評判
福井大学医学部の特徴や評判
2019-12-09 17:37
福井大学医学部の特徴 沿革 福井大学は1949年に3つの学校が統合されて新制大学として設立された大学です。設立された当初は学芸学部と工学部の2学部制の大学でした。 福井大学医学部...