島根大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

島根大学医学部の面接概要

島根大学医学部を受験するにあたって必要なのが、二次試験で実施される面接の対策をしておくことです。面接対策が不十分なままで試験にのぞんでしまうと、本番での質問に対応しきれず評価をさげてしまうおそれがあります。

 

面接時間

10分程度

 

面接人数

面接官3人、受験生1人

 

面接形式

今ね大学医学部の面接は、3人と面接官と1人の受験生で行われる、一般的な個別面接の形式となっています。

 

面接官は3人とも穏やかな雰囲気で、圧迫感を感じることはありません。時間は短めで、10分かからず終わってしまうこともあります。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

面接当日は、受験生は控え室に集められて順番待ちをすることになります。

 

待ち時間は数時間に及ぶことがあるので、防寒具などを準備しておきましょう。ノートなどを持ち込めば直前まで面接対策をすることもできます。

島根大学医学部の面接の特徴

志望動機を詳しく聞かれる

島根大学医学部の面接で特によく聞かれるのが、志望動機についてです。医師を目指した動機や島根大学医学部を選んだ理由、医師として何をしたいかなど、志望動機を深く掘り下げるような質問をされることが多いです。

 

ただ医師になりたい、合格したいといった理由だけでは面接官が納得せず、親が医者だからという理由もあまりふさわしくありません。具体的な理由や動機を話すよう追及されることもあります。圧迫面接ではないですが、志望動機については突っ込んだ質問をされることがあります。

 

地域医療に関しての質問がある

面接の中では地域医療に関しての質問もされることがあります。特に大学の置かれている島根県内の医療事情や、島根県の医療に貢献する意思があるかといった質問が多いようです。

 

県外から受験している受験生の場合には、なぜ地元の大学ではないのか聞かれたり、地元と島根県の医療を比較してどう思うかといった質問をされることもあります。

 

島根県に関しての質問や受験生の地元についての質問にきちんと答えられないと、医療に興味がないとみなされることもあります。

 

浪人や再受験の理由を聞かれる

島根大学医学部の面接は、浪人生や再受験生に対してやや厳しくなっています。浪人生や再受験生というだけで評価を下げるようなことはないですが、浪人をした理由や、再受験を志望した動機などについては深く聞かれることがあります。

 

これらの質問に十分な回答ができないと、面接官を納得させることができず印象を悪くしてしまうことがあります。特に多浪している受験生の場合には、浪人している期間に何をしていたか追及されることもあります。

島根大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 医師を目指す動機は
  • 島根大学の魅力は
  • 島根県に来た印象は
  • 地域医療の問題について
  • なぜ地元ではなく島根大学なのか
  • 高校時代の生活はどうだったか
  • 大学で何を学びたいか
  • 将来どんな医師を目指すか
  • 高齢者を救うには何をすべきか
  • 医師不足をどう解消するか
  • ボランティアの経験はあるか
  • あなたの長所・短所は

 

面接アドバイス

島根大学や島根県を知ろう

島根大学医学部の面接では、島根大学についての質問はもちろん、大学の地元である島根県に関しても質問をされることがあります。

 

大学や県に対して興味を持っていることをアピールするためにも、前もって知識を身につけておく必要があります。また、地元と島根大学や島根県を比較して話すよう求められることもあるので、地元についても把握しておきましょう。

 

志望動機を明確にしよう

面接の中でも特に話題になりやすいのが志望動機についてです。なぜ医師を目指しているのか、なぜ島根大学を選んだのかといった質問が多いので、どういった答えを返すか想定しておきましょう。

 

志望動機に関しては掘り下げた質問をされることもあるので、自分の個性や人柄を十分アピールできるような動機をまとめておきましょう。

 

個別面接の雰囲気に慣れよう

島根大学医学部では圧迫面接が行われることはほぼないですが、個別面接の雰囲気に慣れていないとどうしても緊張してしまいます。

 

高校や予備校で実施されている模擬面接に参加して、本番と同じような雰囲気を体験しておいてください。家族や友人に協力してもらって、普段から何度も面接の練習をしておくことも効果的です。

 

さらに、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

また、島根大学医学部の面接を乗り切るには、なにより面接の準備をしておくことが大切です。準備なしに本番に臨んでしまうと、面接官が期待する回答と的外れなことを答えてしまいかねません。

 

徹底した個別指導で知られる武田塾医進館では、医学部の面接対策も万全です。まずは面接の「型」を教えた上で、面接に苦手意識がある受験生には面接対策の時間を増やすなど、生徒の一人一人の学習状況に合わせて臨機応変に指導プランを決めてくれます。

 

今なら医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、島根大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「島根大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

島根大学医学部の特徴や評判
島根大学医学部の特徴や評判
2019-12-17 13:28
島根大学医学部の特徴 沿革 島根大学医学部は2003年、島根医科大学を統合したことで誕生した学部です。島根医科大学は1975年に創設されているため、医学部の歴史も古く長いものとなっ...