徳島大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

徳島大学医学部の面接概要

徳島大学医学部を受験するのに向けて、重要となってくるのが面接の対策をこなしておくことです。面接対策が不十分なままだと、本番で上手く対応することができず、面接官からの印象を悪くしてしまうおそれがあります。

 

面接時間

20分程度

 

面接人数

面接官4~6人、受験生4~6人

 

面接形式

徳島大学の面接は、面接官4~6人と受験生4~6人で行われるグループ面接の形式となっています。面接官が1人ずつ順番にすべての受験生に対して質問をしてきます。

 

さらにグループ面接の質問が終わった後は、集団討論の時間も設けられています。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

面接当日の受験生は控え室に集められ、面接の順番を待つことになります。順番が後の方になると、待ち時間が数時間にも及ぶことがあります。

 

ノートや参考書などを持ち込んで、待ち時間中も面接対策をしておきましょう。

徳島大学医学部の面接の特徴

4~6人でのグループ面接

徳島大学医学部の入試では、受験生4~6人が一度に面接を受けるグループ面接が導入されています。面接官からの質問に対して自分が答えるだけでなく、他の受験生の意見に対してどう思うか聞かれることもあります。

 

また、回答がまったく同じだと評価が落ちることがあります。そのため、他の受験生の回答もきちんと聞いておく必要があります。

 

面接官だけでなく他の受験生もいるため、個別面接以上にプレッシャーのかかりやすい面接となっています。

 

集団討論も行われる

グループ面接の質問を終えると、受験生が集団討論をすることになります。集団討論のテーマは本番まで分からないので、テーマを与えられてすぐに自分の意見をまとめる能力が求められます。

 

受験生の一人が進行役に指名されることもあり、自分の意見を述べながらも討論を上手く進めていく必要があります。面接官は討論中は口を出してくることがほとんどないですが、討論が停滞してなかなか進行しない場合には急かされることもあります。

 

面接官の態度は柔らかい

グループ面接ということで緊張しやすい環境ではありますが、面接官は全員が柔らかい態度で接してくれます。受験生が緊張しているようであればリラックスするための雑談をしてくれることもあるなど、緊張をほぐそうとしてくれます。

 

漠然とした答えを返さない限りは深く突っ込まれることもないので、圧迫感を感じる心配はほとんどありません。集団討論についても面接官から無理に意見を求められるようなことはないので安心できます。

徳島大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 医学部を志望する動機は
  • なぜ徳島大学なのか
  • 1分間で自己紹介してください
  • 大学で何を学びたいか
  • 大学のどこに魅力を感じるか
  • どの分野に進みたいか
  • 理想の医師像について
  • 徳島県内で働きたいか
  • 大学院に進む気はあるか
  • 他大学を併願しているか
  • 自己アピールをしてください
  • 得意科目・苦手科目について

 

面接アドバイス

グループ面接の雰囲気に慣れよう

徳島大学医学部の面接はグループ面接であり、他の受験生と同時に面接を受けることになります。自分の回答だけに集中するのではなく、他の受験生の発言にも気を配る必要があります。

 

模擬面接などを体験して、グループ面接がどういった雰囲気のものか知っておきましょう。模擬面接を受けておけば、本番でも緊張しにくくなります。

 

集団討論の技術を身につけよう

面接の後半には集団討論をすることになります。討論のノウハウを知らないと上手く参加していくことができず、自分をアピールすることができません。

 

模擬面接を受ける際には、グループ面接だけでなく集団討論の練習もしておきましょう。他の受験生と差別化できるような意見を分かりやすく伝えられるようにしてください。

 

自分の個性や人柄をアピールしよう

徳島大学の面接はグループ面接となっているため、他の受験生と似たような回答ばかりしていると面接官の印象に残りにくくなります。

 

自分の個性や特徴を知ってもらえるような回答をして、自分のことをアピールできるようにしましょう。質問への回答で面接官の興味を引くことができれば、会話が発展しやすく自己アピールする機会も多くなります。

 

さらに、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

また、徳島大学医学部の面接を乗り切るには、なにより面接の準備をしておくことが大切です。準備なしに本番に臨んでしまうと、面接官が期待する回答と的外れなことを答えてしまいかねません。

 

徹底した個別指導で知られる武田塾医進館では、医学部の面接対策も万全です。まずは面接の「型」を教えた上で、面接に苦手意識がある受験生には面接対策の時間を増やすなど、生徒の一人一人の学習状況に合わせて臨機応変に指導プランを決めてくれます。

 

今なら医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、徳島大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「徳島大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

徳島大学医学部の特徴や評判
徳島大学医学部の特徴や評判
2019-12-15 17:53
徳島大学医学部の特徴 沿革 徳島大学の前身である徳島師範期成学校は1874年に設立されました。その後様々な変遷を経て、1949年に徳島大学医学部が設立されました。 徳島大学は徳島...