山梨大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

山梨大学医学部の面接概要

山梨大学医学部では集団面接が行われます。山梨大学医学部では前期日程の募集はなく、後期のみとなります。試験は学科、小論文、面接が行われますが、前期試験に失敗してしまった多くの受験生が挑戦してくることになります。

 

今回は、山梨大学医学部の面接の概要や特徴などについてご紹介していきます。

 

面接時間

5~10分程度

 

面接人数

面接官2~3人、受験生3人

 

面接形式

山梨大学の面接は、集団面接形式で行われます。面接1人当たりの時間は2~3分で、質問は3問程度しか問われません。圧迫のような雰囲気もなく、和やかに行われる場合がほとんどです。

 

しかし、面接終了後に必要と判断された場合、再面接(個人面接)になることがあります。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

筆記試験終了後に集団面接が行われます。試験を受けた教室でそのまま待機し、順番に3人ずつ面接室に呼ばれます。受験番号によっては3時間ほど待つ場合もあります。

山梨大学医学部の面接の特徴

面接は点数化されない

山梨大学医学部の面接は点数化されません。しかし、面接の評価が一定の基準を満たなければ、学科試験が合格点に達していても不合格となります。

 

募集要項には「人間豊かな医師および創造性にとんだ医学研究者となるにふさわしい情操・創造性・適応性などを総合的に判断する」とあります。面接官は、受験生の態度やコミュニケーション能力などを重点的に評価しています。

 

面接は比較的穏やかな雰囲気で実施され、厳しい質問もほとんどありません。しかし、一定基準を満たせるように最低限の面接マナーを身につけ、想定質問に対して準備をしておくことは必要です。

 

面接時間が短い

山梨大学医学部の面接は時間が短いのが特徴です。集団面接にも関わらず、10分程度(時には5分のことも)しか面接時間はありません。そのため、受験生1人当たりが質問に当てられる時間は3~4分になります。

 

面接官の中には30秒で答えてと時間を指示する場合もありますので、臨機応変に対応する能力がもとめられます。

 

再面接制度がある

山梨大学医学部には再面接制度があります。しかし、実際に再面接に呼ばれることはかなりまれです。

 

どういった受験生が対象になるのかは明らかではありませんが、一般的に1度の面接で判断が出来ない場合に対象となることが多いです。なお、再面接は集団面接ではなく個人面接となります。 

 

ただし、再面接になっても合格している受験生はいます。再面接に呼ばれたとしても、焦らずに対応することが重要です。

山梨大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 医師志望理由
  • 本学志望理由
  • 自分は医師に向いていると思うか
  • センター試験の出来について
  • 自分の長所と短所
  • 理想の医師像について
  • 高校生活の思い出
  • 浪人生活について
  • ライフサイエンス特進コースについて
  • 最近気になるニュースについて
  • 医療事故についてしっていること
  • 地域医療について

 

面接アドバイス

集団面接に慣れておこう

山梨大学医学部では学科試験の後そのまま面接が行われます。集団面接とはいえ、各個人に当てられる時間は短く、あっと言う間に終わってしまったという声が多いです。

 

集団面接では、周りとのバランスを考えることが大事です。30秒と指定されているのに、長々と話してしまったり、逆に短すぎても印象はよくないです。時間内に的確な答えを述べるためには、ある程度面接の練習をしておくことが必要です。

 

特に、志望理由は毎年聞かれていますので、自分の言葉で述べられるように準備しておきましょう。

 

また、面接官は他の受験生が答えているときの態度も見ています。突然、隣の受験生の答えに対して「あなたはどう思いますか?」と質問を振られる可能性もあります。

 

大げさなアピールは必要はありませんが、自分の答える番が終わったとしても、気をぬかずに他の受験生とのやりとりに耳を傾けましょう。

 

山梨大学医学部の特徴をおさえよう

山梨大学医学部では、大学や学部に関連する質問も多いのが特徴です。

 

研究医養成プログラムであるライフサイエンスコースやチュートリアル教育、早期臨床体験(Early Clinical Exposure:ECE)は山梨大学の特有のプログラムです。ホームページや募集要項でどのようなものなのか調べておきましょう。

 

時事問題や医療ニュースはチェックしておこう

山梨大学医学部では、気になる時事問題や医療問題について聞かれることがあります。普段から意識してニュースや新聞などから情報を集めておきましょう。自分なりの答えをノートにまとめておくのも役立ちます。

 

集団面接のため、隣の人と答えが重なるのを避けたい場合は3つほど答えを用意できると安心でしょう。

 

さらに、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

また、山梨大学医学部の面接を乗り切るには、なにより面接の準備をしておくことが大切です。準備なしに本番に臨んでしまうと、面接官が期待する回答と的外れなことを答えてしまいかねません。

 

徹底した個別指導で知られる武田塾医進館では、医学部の面接対策も万全です。まずは面接の「型」を教えた上で、面接に苦手意識がある受験生には面接対策の時間を増やすなど、生徒の一人一人の学習状況に合わせて臨機応変に指導プランを決めてくれます。

 

今なら医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、山梨大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「山梨大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

山梨大学医学部の特徴や評判
山梨大学医学部の特徴や評判
2019-12-06 21:22
山梨大学医学部の特徴 沿革 「山梨大学」は、1949年に3つの学校を母体として設立されました。一方で1978年には「山梨医科大学」が設立され、そこに医学部が設置されています。 そ...