鹿児島大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

鹿児島大学医学部の面接概要

鹿児島大学医学部を受験するにあたっては、面接試験の対策をしておくことが欠かせません。対策ができていない状態で面接に臨むと、きちんと受け答えすることができず、面接官からの印象を悪くしてしまうおそれがあります。

 

面接時間

10分程度

 

面接人数

面接官3人、受験生1人

 

面接形式

面接官3人と受験生1人で行われる、一般的な個別面接の形式となっています。面接官のうち1人は医学部の教授で、医療に関しての質問をしてきます。

 

ほとんどのケースで圧迫感はなく、面接は談笑するような和やかな雰囲気で進行します。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

面接は受験番号順で行われ、順番が来るまでは控え室で待機することになります。受験番号が後の方になると、数時間待ちになることもあります。

 

控え室にはノートや参考書を持ち込むことができるので、直前まで対策しましょう。

鹿児島大学医学部の面接の特徴

地域医療について問われる

鹿児島大学医学部の面接では、鹿児島県をはじめとする地域の医療問題について問われることがあります。鹿児島県の医療事情についてどう思うかや、卒業後に鹿児島県内で医師として働く意思があるかなどの質問をされます。

 

一般的な医療知識だけではなく、鹿児島県の医療についての知識が求められる質問となっています。また、鹿児島県外から受験する場合には、地元大学ではなく鹿児島大学の医学部を志望する動機を聞かれることもあります。

 

一つの話題を掘り下げることがある

次々と質問をされる一問一答の形式ではなく、受験生の一つの質問に対する答えから面接官との会話に発展していくことがあります。そのため、ただ質問されたことに対して答えるだけではなく、自分が答えた内容についてより具体的に話を広げていく力が求められます。

 

面接官がどの話題に興味を持って、どのように掘り下げてくるかは予想できないので、面接官に聞かれたことにスムーズに対応するコミュニケーション能力も試されます。

 

楽しく話せる雰囲気

面接中に圧迫感を感じることはほとんどなく、面接官は3人とも穏やかな態度で接してくれます。受験生の答えに対してさらに質問してくることもありますが、厳しく追及されるようなことはなく、正直に分からないと伝えれば次の話題に移ってくれます。

 

会話の中で面接官が相づちをうったり、笑顔を見せてくれることもあるので、談笑するような雰囲気で気さくに話をすることができます。高度な回答をするよりも、正直に自分のことを伝えることが求められます。

鹿児島大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 鹿児島大学を選択した理由は
  • 医師を目指した動機は
  • 一次試験はどうだったか
  • 高校時代の生活について
  • 医療分野のニュースで気になるものは
  • 将来どんな医師になりたいか
  • 地域医療の問題について
  • 鹿児島県内で働く気はあるか
  • 今まででもっとも感動したことは
  • どの分野に進みたいか
  • 部活動に参加したいか
  • 他の医学部を併願しているか

 

面接アドバイス

鹿児島県や大学のことを知っておこう

鹿児島大学医学部では、鹿児島大学や鹿児島県についての質問をされることがあります。特に鹿児島県内の医療事情については聞かれることが多いので、鹿児島大学を受験する際には詳しく知っておく必要があります。

 

なぜ鹿児島大学を選択したのかについても、面接官が納得してくれるように答えられるようにしておきましょう。

 

興味のある分野は深く知っておこう

医療分野のニュースや社会問題についての質問では、受験生の答えからさらに掘り下げた質問をされることがあります。そのため、自分が興味を持っているニュースや問題については、ある程度深く知っておくことが重要です。

 

なぜ興味を持っているのかや、具体的に何が問題となっているのかなど、すぐに答えられるようにしましょう。

 

見栄を張らず正直に話そう

面接では一つの問題を深く掘り下げた質問もありますが、圧迫面接になることはありません。そのため難しい質問が来た場合でも、無理に高度な答えをしようとするのではなく、正直に分からないと伝える方が良いです。

 

面接本番ではあまり緊張したり見栄を張ろうとしすぎずに、自分の人柄を素直に面接官に伝えるような答え方をすると良いでしょう。

 

さらに、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

また、鹿児島大学医学部の面接を乗り切るには、なにより面接の準備をしておくことが大切です。準備なしに本番に臨んでしまうと、面接官が期待する回答と的外れなことを答えてしまいかねません。

 

徹底した個別指導で知られる武田塾医進館では、医学部の面接対策も万全です。まずは面接の「型」を教えた上で、面接に苦手意識がある受験生には面接対策の時間を増やすなど、生徒の一人一人の学習状況に合わせて臨機応変に指導プランを決めてくれます。

 

今なら医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、鹿児島大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「鹿児島大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

鹿児島大学医学部の特徴や評判
鹿児島大学医学部の特徴や評判
2019-12-21 03:10
鹿児島大学医学部の特徴 沿革 鹿児島大学は1949年、第七高等学校と鹿児島師範学校、鹿児島青年師範学校、鹿児島農林専門学校、鹿児島水産専門学校が統合される形で誕生しました。 19...