宮崎大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

宮崎大学医学部の面接概要

宮崎大学医学部を受験するにあたっては、個別試験で行われる面接の対策をしておく必要があります。十分な対策ができていないままで面接に臨むと、上手く対応することができず評価を下げてしまいます。

 

今回は、宮崎大学医学部の面接の特徴を見ていきましょう。

 

面接時間

15分程度

 

面接人数

面接官3人、受験生1人

 

面接形式

受験生1人に対して面接官が3人の個別面接の形式になっています。所要時間は15分程度と、標準的な長さの面接です。面接官は1人ずつ順番に違う質問をするので、受験生はそれに答えます。圧迫感はほとんどありません。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

面接当日は、受験生は控え室に集められて面接の順番を待つことになります。順番が遅い方の受験生だと、待ち時間が数時間に及ぶこともあります。ノートや参考書を持ち込んで、本番の直前まで面接対策をしておきましょう。

宮崎大学医学部の面接の特徴

自己PRが求められる

宮崎大学医学部の面接においては、最初に3分程度の自己PRの時間が与えられます。何を話すかは受験生の自由となっているため、自分の個性や人柄を面接官にアピールするチャンスと言えます。

 

自己PRを終えた後で、その内容について面接官から質問をされることもあります。あまり突っ込んだ質問をされることはないですが、事前に提出している調査書などと矛盾したことを話してしまうと、面接官から追及される可能性があります。

 

和やかな雰囲気のまま進行する

3人の面接官と向き合って話すことになるため、緊張してしまう方も多いですが、面接自体は終始穏やかな雰囲気のままで進みます。面接官は3人とも優しい対応をしてくれて、厳しく問い詰めるようなことはなく、受験生の話に対して笑顔を見せてくれることもあります。

 

質問が分からなければ、正直に答えると助け舟を出してくれることもあります。雑談をするような雰囲気で気さくに面接官と話ができるので、緊張しすぎずに受けることができる面接となっています。

 

宮崎県に関しての質問がある

面接の中では大学の置かれている宮崎県についての質問がされることが多いです。宮崎県に対しての印象や、卒業後に宮崎県内で医療に従事する意思があるかなどを聞かれることがあります。

 

また、受験生が県外から受験している方であった場合には、地元の大学ではなく宮崎大学を選択した理由を質問されることもあります。面接官としては、受験生がどれくらい宮崎県や宮崎大学に興味を持っているか、将来的に宮崎県にとどまるかを確認しているようです。

宮崎大学医学部の面接対策

よくある質問

  • 宮崎大学を志望した理由
  • 医師を目指した動機
  • 3分間で自己PRをしてください
  • 宮崎県の印象はどうか
  • 宮崎県内で働く気はあるか
  • 理想の医師像はあるか
  • コミュニケーション能力に自信はあるか
  • 高校時代の生活ぶりについて
  • 今年不合格になった場合、浪人する気はあるか
  • なぜ地元大学ではないのか
  • 後期試験はどこを受けるか
  • どの分野を専攻したいか

 

面接アドバイス

大学や宮崎県について知っておこう

面接の中で聞かれることが多いのが、宮崎大学や宮崎県に関しての質問です。大学に本当に興味を持っているか、宮崎県のことを知っているかなどがチェックされています。

 

宮崎大学医学部の教育方針や、宮崎県の基本的な情報については前もって調べておきましょう。県外の方は、地元ではなく宮崎大学を選んだ理由もまとめておいてください。

 

自己PRをまとめておこう

宮崎大学医学部の面接の定番となっているのが、3分程度の自己PRです。受験生が自分のことをアピールする機会となっていますが、事前に十分まとめておかないと時間が余ってしまったり、逆に時間が足りなくなってしまうことがあります。

 

PRの内容を頭に入れておくだけでなく、きちんと3分ほどで話せるかも確認しておきましょう。

 

なるべく落ち着いて話そう

宮崎大学医学部では、圧迫面接が行われることはほぼありません。面接官の態度は優しく、受験生が話しやすい雰囲気を作ってくれています。

 

受験生が人柄をアピールすることが重要となっているので、あまり緊張しすぎず思っていることを正直に伝えましょう。模擬面接などを体験して、本番の空気に慣れておくこともおすすめします。

 

さらに、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

また、宮崎大学医学部の面接を乗り切るには、なにより面接の準備をしておくことが大切です。準備なしに本番に臨んでしまうと、面接官が期待する回答と的外れなことを答えてしまいかねません。

 

徹底した個別指導で知られる武田塾医進館では、医学部の面接対策も万全です。まずは面接の「型」を教えた上で、面接に苦手意識がある受験生には面接対策の時間を増やすなど、生徒の一人一人の学習状況に合わせて臨機応変に指導プランを決めてくれます。

 

今なら医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、宮崎大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「宮崎大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

宮崎大学医学部の特徴や評判
宮崎大学医学部の特徴や評判
2019-12-20 16:18
宮崎大学医学部の特徴 沿革 宮崎大学は1949年に宮崎農林専門学校、宮崎師範学校、宮崎県青年師範学校、宮崎県工業専門学校の4つの学校を母体として誕生しました。農学部、学芸学部、工学...