琉球大学医学部面接の特徴や対策
医学部受験に悩む受験生必見!
武田塾医進館では、医学部受験を知り尽くした担当者に、「成績が上がらない」などの悩みを気軽に相談できる、無料受験相談を実施しています。
武田塾医進館バナー
また、現在は入会金無料で、武田塾医進館を1か月体験できる「お試し医進館」を開講中です!
無理に入塾を勧めることは一切ありませんので、成績が上がらずに悩んでいる方は、是非一度ご相談ください。
公式サイトをチェック

琉球大学医学部の面接概要

琉球大学医学部を受験する際に重要となってくるのが、個別試験での面接を対策しておくことです。十分な対策ができていないまま面接を受けてしまうと、面接官の質問にきちんと対応することができず、評価を落としてしまいます。

 

面接時間

10分程度

 

面接人数

面接官3人、受験生1人

 

面接形式

受験生1人に対して面接官が3人の個別面接の形式になっています。面接官は3人ともにこやかで、圧迫面接のような雰囲気になることはありません。

 

1人の面接官が主に質問し、他の2人は回答をさらに掘り下げる質問をすることがあります。

 

待ち時間、控え室の雰囲気

面接当日は受験生が集められる控え室で順番を待つことになります。

 

ノート類を持ち込むことができるので、本番前も面接対策をしておくことができます。数時間待たされることもあるので、防寒対策などもしておきましょう。

琉球大学医学部の面接の特徴

意地悪な質問は特にない

琉球大学医学部の面接は圧迫面接になることはなく、面接官全員が穏やかな対応をしてくれます。受験生が答えに困ったり、引っかかったりするような意地悪な質問をされることもなく、安心して受けることができる面接となっています。

 

受験生が少しの間答えを考えていても急かしたりするようなこともなく、答えを返すまで待っていてくれます。緊張している受験生には少しリラックスするよう、優しく声をかけてくれることもあります。

 

再受験生にも優しい態度

琉球大学医学部の面接は再受験生に対しても比較的優しく、再受験生というだけで評価を下げたり、面接官に圧迫されるようなこともありません。ただし、再受験生に対してはどうして再受験を志望しているのかや、再受験をする以前はどんなことをしていたのかを聞かれることがあります。

 

再受験生だからと言って不利になることはありませんが、これらの質問への回答を用意しておく必要があります。特に再受験の動機は聞かれることが多いです。

 

医療に関しての質問もいくつかある

面接官の中には医学部の教授を務めている方がいることがあり、医療分野についての質問をされることもあります。あまり専門的な知識を求めれるような難易度の高い質問ではありませんが、質問に答えられるかで医療分野に興味を持っているかどうかを判断されることがあります。

 

質問に対してきちんと答え、さらに面接官との会話を膨らませることができれば、面接官からの印象を良くして医療に興味を持っていることのアピールにもなります。

琉球大学医学部の面接対策

よくある質問

  • なぜ地元ではなく琉球大学なのか
  • 医師を志望する理由は
  • 沖縄県の印象について
  • 理想の医師像はあるか
  • どの分野の研究をしたいか
  • センター試験の出来について
  • 他大学を併願しているか
  • 高校時代の活動について
  • 長所・短所について
  • 将来は沖縄で働きたいか
  • 医師以外の仕事に興味はないか
  • なぜ再受験を志望したのか

 

面接アドバイス

医療の話題があればチェックしよう

琉球大学医学部の面接では、医療分野のニュースや時事問題についての質問をされることがあります。あまり難しい質問ではありませんが、まったく知識がないと何も話すことができなくなってしまいます。

 

日常的に新聞やニュースには目を通しておき、医療のニュースなどを見かけたときは質問されても説明できるようチェックしておきましょう。

 

緊張しすぎず落ち着いて話そう

琉球大学の面接は圧迫感のないもので、受験生の知識を問うというよりは人柄を見るためのものとなっています。そのため無理に高度な回答をしようとしたり、緊張しすぎているとかえって自己アピールをすることができません。

 

模擬面接などで本番の空気に慣れておき、落ち着いて自分のことを伝えられるようにしておきましょう。

 

志望動機ははっきりさせておこう

面接においてよく聞かれる質問が、医師になりたいと考えた動機や、地元大学ではなく琉球大学を志望した理由です。

 

志望動機が弱いと本気で琉球大学医学部を目指していないと思われてしまい、面接官からの印象が悪くなってしまうことがあります。志望動機は調査書にも書くことになるので、受験前にしっかり考えておきましょう。

 

さらに、他の大学医学部の面接の特徴や対策のポイントについても詳しく知りたいという方は「【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント」を参考にしてください。

【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
【全大学まとめ】医学部面接の特徴、対策のポイント
2020-02-05 21:29
医学部面接の形式 医学部受験において、面接試験は2020年の入試からすべての大学で必須となりました。推薦入試やAO入試だけではなく、一般入試でも必ず面接を受けることになります。 ...

 

また、琉球大学医学部の面接を乗り切るには、なにより面接の準備をしておくことが大切です。準備なしに本番に臨んでしまうと、面接官が期待する回答と的外れなことを答えてしまいかねません。

 

徹底した個別指導で知られる武田塾医進館では、医学部の面接対策も万全です。まずは面接の「型」を教えた上で、面接に苦手意識がある受験生には面接対策の時間を増やすなど、生徒の一人一人の学習状況に合わせて臨機応変に指導プランを決めてくれます。

 

今なら医学部受験や受験勉強などに関する悩みをなんでも相談できる「無料相談会」を実施していますので、ぜひ一度お申し込みください。

 

ほかにも、琉球大学医学部の特徴や入試情報について詳しく知りたいという方は「琉球大学医学部の特徴や評判」を参考にしてください。

琉球大学医学部の特徴や評判
琉球大学医学部の特徴や評判
2019-12-21 03:04
琉球大学医学部の特徴 沿革 沖縄唯一の総合大学として、1950年に社会科学部、英語学部、理学部、教育学部、農学部および応用学芸学部の6つの学部で、琉球大学は設立されました。 19...